ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作家の渡辺淳一さん死去  

「失楽園」や「愛の流刑地」など男女の愛を追究した作品で知られる作家の渡辺淳一さんが先月30日、東京都内の自宅で亡くなりました。80歳でした。



続きは引用元で
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140505/t10014232631000.html



失楽園〈上〉 (角川文庫)失楽園〈上〉 (角川文庫)
(2004/01)
渡辺 淳一

商品詳細を見る



以下、ネットの反応





















2ch芸スポ+では「この人と細木和子とマリオの攻略本が売上トップだった年があるんだよな」「80歳だったのか、最後まで現役って感じだったね」「審査員やめた時ぐらいからもう体が限界だったんだろうね」「最近は豊崎と大森にネタにされるおじいちゃんって印象だった」「「失楽園や愛の流刑地で知られる…」って言われてたのが気の毒だったような。。」といった書き込みが。また、おすすめとして『失楽園』『愛の流刑地』といった近年の代表作以外の作品もいくつか挙げられていました。

新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)新装版 雲の階段(上) (講談社文庫)
(2013/03/15)
渡辺 淳一

商品詳細を見る


阿寒に果つ (講談社文庫)阿寒に果つ (講談社文庫)
(2013/07/12)
渡辺 淳一

商品詳細を見る


光と影 (文春文庫)光と影 (文春文庫)
(2008/02/08)
渡辺 淳一

商品詳細を見る



個人的には素人直木賞予想家さんたちに叩かれていた印象が非常に強いのですが……ともあれ、ご冥福をお祈りします。
関連記事


[ 2014/05/05 20:50 ] その他文学 | TB(0) | CM(10)
安心して叩けるキャラクターっていうのも愛され方の一つだと思うけどね。
大学の講義で「なんでこんなものを読まねばならんのだ」とぶつぶつ言いながら
失楽園読んだのが懐かしい。
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2014/05/06 11:39 ] [ 編集 ]
情念の強い谷崎
[ 2014/05/06 15:18 ] [ 編集 ]
マーケティングで本を売るという、商法の先駆けだったと思う。
[ 2014/05/06 21:11 ] [ 編集 ]
それは見城に言ってやれ
[ 2014/05/07 19:00 ] [ 編集 ]
主演女優全員食っちゃった人でしょ
[ 2014/05/08 02:04 ] [ 編集 ]
愛ルケの新聞連載、に毎日突っ込んでくれるブログ記事が楽しみだったなあ
[ 2014/05/08 17:04 ] [ 編集 ]
失楽園ってのを読んだけど、なんとまぁ暗い内容だ事、と思ったよ。

何であんなの受けるんだ?
[ 2014/05/11 16:49 ] [ 編集 ]
ただただ単純に、レベルが低かった。
コンセプトも、構成も、文章も。
ご冥福をお祈りいたします。
[ 2014/05/13 21:42 ] [ 編集 ]
極度のマザコンで誰からも尊敬されない人だったね。
でも名前を残したんだから、何かを代表していたんだろ。

これだから団塊の世代って馬鹿にされるんだよ
[ 2014/05/29 23:19 ] [ 編集 ]
初期の医療現場ものは悪くない。お涙頂戴&頑張ればどうにかなるような医者ドラマを見る前に、読んでおいて良かったと思う
[ 2014/06/09 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。