ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はてな匿名ダイアリーの「ラノベファンに質問がある」に答えてみた  

主ラノさんやこの世の全てはこともなしさんのおもいっきり後追いですが、ライトなラノベ読みの立場で答えてみます。


ラノベファンに質問がある

http://anond.hatelabo.jp/20140420200750



●ラノベしか読まない?他の小説は読む?それは何故?どこに魅力を感じている?
魅力の確認と、読者がライトノベルから枝分かれしない事に疑問を持っている。



基本雑食なので、ラノベ以外も読みます。というかラノベ以外のが多いくらいです。ちなみに最も好んで手にするのはミステリです。あとは伝奇・歴史ものが多めですか。ラノベはこのブログ始めてから読む量が増えたけど、評判になったものを後追いする程度です。ちなみに最近読んだ本は陳舜臣『枯草の根』です。ラノベだと、1ヶ月ほど前に読んだ『のうりん1』が最後ですかね。

この質問、「ラノベ読みは他のいわゆる一般小説を読まない」っていうのが前提とされているようで、奇妙な感じです。ミステリ読みが他ジャンルに興味を示さないことって少ないだろうし、SFや純文学好きも同様でしょう。「俺はラノベしか読まない(キリッ」って人も中に入るでしょうけど、そんなに多くないと思います。少なくとも、管理人の知る限りではいないです。

こういったラノベと一般小説を明確に線引し、時に対立を煽る風潮がネット上で見かけることがままありますが、何なんでしょうかね、これ。読み手にしてみればどれも同じ小説の範疇にあるもので、そんなに差はないと思うのですが。むろん、作品個別の出来不出来は別問題ですが。


●ラノベファンはラノベを一般娯楽小説(定義付けのために一般と称しているだけ)と同じだと思っている?
ラノベファンはラノベを「ラノベ」と別けられて語られる事を嫌っているように思う。
俺自信、ラノベは小説ではなくラノベだと思っている。侮蔑の意識ではなく、小説に求めるものが文章であるならば、ラノベに求めるものは文章から得られる情報だけではないと思うからだ。



上で答えてますが、同じ小説です。ついでに言えば、ラノベ/いわゆる一般小説の区別はガワの問題に過ぎないと思います。平たく言うと、小説の中でラノベと称されたレーベルで刊行されているものがラノベで、ジャンルの問題ですらない。

>ラノベファンはラノベを「ラノベ」と別けられて語られる事を嫌っているように思う
えっと、そうなんでしょうか? そんなことないと思いますが。


●ラノベで、パロディ要素が殆どを占めるようなものはどう思っている?
俺はこれに関しては圧倒的に否定派だが、しばしばそういったパロディ乱造系の物がアニメ化されている。
そしてそれがあるからこそ、一般的な作品(定義付けのために)から分けられる事は否定出来ないのではないか。(もちろん他にも分けられる要素はある)



パロディ自体はラノベに限らずあるので別になんとも。ただ、ネット上での受けを狙っただけとしか考えられない安易なパロは作品の質を高めることに何ら寄与しないので、そういうのはない方がマシかも。要するに、興ざめですし、つまらないです。


●ラノベは何故ジャンル分けされない?ライトノベルという呼称は既に不要ではないか?
ラノベはファンタジー、恋愛、ギャグ(?)、ミステリと内部で全く違うカテゴリがあると思う。
しかし語られるときは「ラノベ」だ。これはおかしいし、共通の要素は「ライト」という曖昧なものだ。昨今の「ミステリ」にも同じようなことが言えるが(剛力EXILEのあれとか私の嫌いな剛力探偵とかだ。剛力彩芽が嫌いなわけではないが、ただ単に剛力が出ている共通点がある)
まとめて語られることのデメリットも大きい。外部の認識がラノベ内部のどれかに偏ってしまい、食い違うからだ。
どうかラノベファンのサンプルとして名乗りを上げて欲しい。



えっと、昔、富士見ミステリー文庫っていうのがあってだな……あれがうまく行ってれば富士見SF文庫だのホラー文庫だのとジャンル分けされていたかもしれない。ファンタジーなら富士見ファンタジア文庫だな(あれ?)

ラノベ内部の視点で見るとこれは問題ないことなのでしょうか。ラノベに関するスレとかだと、ごった煮がラノベの魅力という意見もあるようですし。むしろ問題なのはイラストですよねー

ただ、外部から見るとどうでしょう。例えばミステリ読みがラノベの面白いミステリを探そうとしてもなかなか見つからない。これって結構不便ですね。

SFも早川のリアル・フィクション以前はほとんど認知されていなかったと思います。冲方丁や新城カズマ、桜庭一樹といった人たちがしばらくラノベに埋もれていたのですから。ミステリでも、創元のミステリ・フロンティアでずいぶん発掘されてますし。久住四季マダー?

ジャンル読みの立場で見れば、ラノベ内でもジャンル分けをしてほしいですね。




関係無いですが、管理人の好きなラノベは『ロウきゅーぶ!』です。ロリコンじゃないけど(^ω^)


ロウきゅーぶ!(14) (電撃文庫)ロウきゅーぶ!(14) (電撃文庫)
(2014/05/10)
蒼山 サグ

商品詳細を見る



関連記事


[ 2014/04/23 21:59 ] ライトノベル | TB(0) | CM(8)
放課後バトルフィールドのジョジョネタはry
[ 2014/04/24 02:52 ] [ 編集 ]
僕個人のことでいいなら、ラノベ以外も読みますよ。ちなみに最近おもしろかったのが「スープの国のお姫様」と「競馬学校になぜ茶道教室があるのか」の2冊。
[ 2014/04/24 09:56 ] [ 編集 ]
最初の質問はラノベを読むようになった経緯と深い気がしますね
てかそっちの方が質問として良いような・・・

小説方面から入った人なら言わずもがなって感じです
[ 2014/04/24 17:44 ] [ 編集 ]
自分はメフィスト系→西尾維新→ハルヒって感じでラノベ読むようになりました
西尾維新は戯言・世界シリーズの作風が好きで物語シリーズはあんまり好きじゃないですね
一時期ラノベばかり読んでましたが最近はラノベ以外のほうが多いです
[ 2014/04/24 21:00 ] [ 編集 ]
最初の質問は、ライトノベルと接した年齢によって答え方が変わるんじゃないか?
俺の場合、アニメ化されたハルヒで興味もって読み始めたから、その時点で他のジャンルの書籍も普通に読んでたし、すでに枝分かれした読者だった。
これがまず最初がラノベから入った読者なら、枝分かれはしないのかもしれない。
一番の魅力は、最も安価なファンアイテムってとこじゃないかな。
[ 2014/04/30 03:26 ] [ 編集 ]
「ラノベ好きは一般小説も読みます」と言う時の「一般小説」がどこまで狭い意味でしかないのかに興味がある。
そもそも小説好きは「一般小説」なんて言い方をしないと思うがな。
[ 2014/07/13 12:32 ] [ 編集 ]
「ラノベ好きだからと言って一般小説も読まないわけじゃない」と言う人間ほどラノベにコンプレックスを抱いていたり、ラノベに特有の表現を幼稚だとして嫌ったりする謎。その反動として「一般小説だって幼稚じゃないか!」とわけのわからないことを言い出す。
[ 2014/07/13 12:39 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/09/09 18:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。