ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

円城塔の『Self-Reference ENGINE』の英訳版、フィリップ・K・ディック賞の特別賞に  

円城塔、日本人2人目のフィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞

ウィリアム・ギブスンやティム・パワーズをはじめとする名だたるSF作家が受賞してきたフィリップ・K・ディック賞。その特別賞に、日本の小説家円城塔の『Self-Reference ENGINE』の英訳版が選ばれた。日本人では2人目の受賞となる。



続きは引用元サイトで

http://wired.jp/2014/04/19/philip-k-dick-award/



Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)Self-Reference ENGINE (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
円城 塔

商品詳細を見る



以下、ネットの反応


















2chニュー速+では「円城塔のなかではセルフレファレンスエンジンは読みやすくて面白い部類だけど、あれを英訳するのはすごい」「英訳されれば日本のSFはもっと評価されるだろう」「ヒューゴー賞・ネビュラ賞を取ったらまた言ってくれ。」など、祝福の声や好意的な反応が多く、さらには日本SF界の話題に広がりを見せていました。

ちなみに管理人は文庫落ちの際に『Self-Reference ENGINE』を購入しましたが、まだ読めていません。


なお、フィリップ・K・ディック記念賞とはwikipediaによると、

前年にアメリカ国内でペーパーバックとして発表されたSF小説の中の最優秀作品に与えられるSF文学賞



日本人の受賞は2010年の伊藤計劃『ハーモニー』に続いて二人目のことです。


ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)
(2010/12/08)
伊藤 計劃

商品詳細を見る



関連記事


[ 2014/04/20 17:34 ] SF | TB(0) | CM(4)
HaikasoruすげえよなSREもハーモニーもだしAYNIKも同じく映画化の噂がある時砂もマルドゥックもハイカソルだし
後ろ2つはほんとにすんのか分からんけど
[ 2014/04/20 22:00 ] [ 編集 ]
twitterで小切手の件のほかに、ウィンスタースにあげたはずの『地上最後の刑事』日本語版がなぜかサイン本になって戻ってくるってもの面白かったわ
[ 2014/04/21 21:14 ] [ 編集 ]
『地上最後の刑事』と『Self-Reference ENGINE』
両方好きな作品だから本当にうれしい
[ 2014/05/01 23:34 ] [ 編集 ]
受賞おめでとうございます。
しかしなんか伊藤計劃と円城塔ってちょっと顔似てるのな…最初写真間違ってないかとか思ってしまった
[ 2014/05/06 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。