ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SFが冬の時代を脱したどころかいま夏の時代になってる  

645 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 10:51:32.08 ID:zSppNllY
全部ラノベでいいよ
あれがラノベじゃないこれがラノベじゃないって全部切り落として行ったら
領土が極小になったSFやバチカン市国みたいになるぞ


655 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 16:59:45.81 ID:prtP2o5c [2/2]
>>645
SFが冬の時代を脱したどころかいま夏の時代になってることを知らなそうだな



657 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 17:23:59.58 ID:DQyiYzu/ [2/2]
SF冬の時代、ラノベレーベルでホソボソと息をつないだ感じ。


658 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 17:30:19.95 ID:v5FH5eNH [1/2]
秋山や冲方が台頭してた頃は既に冬の時代は抜けてただろ
そんで伊藤計劃、円城塔がデビューして夏の時代に突入し、ラノベSFが廃れたちょうどそのときにガガガができた


659 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 17:30:43.45 ID:TpeqfT6A [1/2]
今やSFの道を爆進してるのは本格だよなあ
数年前まであんなに元気だったのに


663 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 17:37:05.58 ID:DAF7MLL5
ハヤカワはスワロウテイルとか野崎まどとか起用してるもんな
ガガガもこれに乗っかってSFを充実させてもいい頃なんじゃないか
マトリクスエッジがそこそこ売れたんだし



殺戮のマトリクスエッジ (ガガガ文庫)殺戮のマトリクスエッジ (ガガガ文庫)
(2013/11/19)
桜井 光

商品詳細を見る



664 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 18:23:21.08 ID:SsxxgP4Y [1/4]
スワロウテイルはいいSFラノベ。まぁラノベ分20%くらいだけど



スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/09/07)
籘真 千歳

商品詳細を見る



667 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 20:02:22.95 ID:jWtpx+KX
>>655
扉が開いたのか…



夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)
(2010/01/30)
ロバート・A. ハインライン

商品詳細を見る



668 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 20:03:44.50 ID:SiKLFrAn
すぐ閉じるだろうけどな


669 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 20:16:54.41 ID:6pfEJl7b
それはない
今年のハヤカワSFコンテストの受賞作はかなりレベル高かったし、
宮内悠介や酉島伝法など実力派の新人も多数いる
長谷敏司もどんどん力つけてきてるしこれからSFはさらに隆盛していくだろう
……ってこんなことガガガスレで言ってもどうしようもないけどな



盤上の夜 (創元日本SF叢書)盤上の夜 (創元日本SF叢書)
(2012/03/22)
宮内 悠介

商品詳細を見る



678 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:05:02.56 ID:SsxxgP4Y [2/4]
とりあえずガガガでSF書かせるってのは同意しかねる
ハヤカワとは別にラノベレーベルだからこそ出せるラノベSFを出すのだ

>>669
長谷のあなたのための物語はここ数年で一番きましたわ
魂磨り減らして書いているような強い覚悟を感じる作品



あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)あなたのための物語 (ハヤカワ文庫JA)
(2011/06/10)
長谷 敏司

商品詳細を見る



671 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 20:35:49.97 ID:hF3EvSl0
マトリクスエッジには、期待してる
サイバーパンクの時代くるな


679 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:30:31.45 ID:tR5qIfr+ [1/2]
伊藤計劃のハーモニーと飛浩隆のラギットガール、長谷敏司のBEATLESS
最近だとこいつらだな
ラノベSFだと……下ネタ



下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)下ネタという概念が存在しない退屈な世界 (ガガガ文庫)
(2012/07/18)
赤城 大空

商品詳細を見る



680 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:32:53.49 ID:vHyhqn2G [1/4]
第六大陸や宇宙土木シリーズみたいなのが読みたいです



第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)第六大陸〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2003/06)
小川 一水

商品詳細を見る



681 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:36:26.76 ID:zDwmh0Id [1/2]
SF…か、懐かしいな。
俺にとってはハインライン先生が亡くなったときに消えたものだったと思ってた。
サイバーパンク?あれはSFじゃねえよ。


682 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:37:50.10 ID:FztqwNx8 [2/2]
SF要素が入ってるだとラノベでもそれなりにあるけど
SFはもちろんSFラノベというには何か違う気がするな・・・

本屋に貼ってたポスターにSFが廃れてる原因のひとつは
最近の人は科学が使われてるのが当たり前で疑問や関心、興味を
昔より持たなくなったからだ。というのを見たことあるな
老害乙と言えるけど書いてあることはああ、なるほどな・・・と思ったな



683 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:43:39.42 ID:tR5qIfr+ [2/2]
今のSFは昔とは違って「希望に満ちた未来」ってのを描かなくなったからな
伊藤計劃然り長谷敏司然り赤城大空()然り、退廃的(?)な未来を描いてる


721 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 10:20:00.69 ID:3JLKJhcb
>>683
同じハヤカワの星の舞台からみてるは、わりとポジティブ。
つか、この作者は基本的に未来観がポジティブ



星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)
(2010/05/10)
木本 雅彦

商品詳細を見る



724 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 11:36:55.86 ID:0I5LFzJw [2/2]
>>683
そんな事ないよ。小川一水の著書なんて、栄えある人類の未来は価値のあるものだって確信に満ち満ちている。
単にバラ色の明るい未来という訳ではないが、そもそも昔からそんなモノ少数派だった。


725 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 12:00:11.85 ID:u2MocJXq
尻Pと小川一水は、宇宙で生きるために人間捨てて情報生命体になってもよくね?って考えだからな…
事故死して宇宙人と融合蘇生とか掃除機とセックスとかかなり肯定的に書いてるよね
今の時代に明るい未来を描くにはそこまでの割り切りが必要なのか


726 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 12:03:19.06 ID:8xD/LQy/ [1/2]
社会制度が行き詰まってる感あるからな
それにとらわれない個人になるか更に進んだディストピアを打ち倒す個人になるか


728 名前:
イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 12:14:59.41 ID:dGC4itpI [2/3]
長谷敏司の作品からはそもそも社会像があまり浮かんでこないな
BEATLESSで大分視点は社会に向かうようになったけど

いつも死が傍らにあって今この一瞬を必死に生きようという個人の姿がある
SF読みじゃなくても好きな人いるんでねえかな。あの青臭さ



BEATLESSBEATLESS
(2012/10/11)
長谷 敏司

商品詳細を見る



684 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:44:17.91 ID:TpeqfT6A [2/2]
SFや本格はこれは何々じゃないから認めないみたいな内ゲバを永遠と繰り返してるよな


687 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:53:07.22 ID:X6CYGIy+
>>684
それもう終わってる


685 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:51:06.43 ID:zDwmh0Id [2/2]
SF要素自体が世の中に受け入れられてしまったため、
SFがSFとして存在できなくなってしまったんだよ。
SFを愛し、SFを求めたものにはなにもかもが
コレジャナイにしか見えなくなってしまったのだ。


686 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:52:57.49 ID:vHyhqn2G [2/4]
ラノベもなw
学園とか萌えとか俺TUEEEとかに言ってることが
SFがスペオペや言語SFに、ミステリがトラベルやコージーに言ってきたのと同じ


688 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 22:57:58.28 ID:zwqMHsNw [1/3]
SFか……最近だと(と言っても4年以上前だが)伊藤計劃が亡くなったときは本当にショックだったな……
あの日は1日じゅうぼーっとして何も手につかなかった

ラノベSF? ガガガ読者なら下ネタでも読んでろ



虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る



689 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:02:19.17 ID:SsxxgP4Y [3/4]
熱心なSF読みじゃないけど、希望に満ちた未来なんて書いてた時代そんなありましたっけ
それこそヴェルヌやウェルズの頃じゃね。それも単純な科学礼賛じゃないし
鋭く批判的な視点を持って現実にお説教ばかりしてるのがSFでねえか

長谷はずっと病気持ちの自分のこと書いてるよな
デビュー作から


691 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:05:22.14 ID:zwqMHsNw [2/3]
>>689
筒井や星新一のことじゃないか
風刺的ではありながらも「未来はきっとこんなふうになってるんだろうな……」みたいな希望的な空想があった
今は逆で科学がSFに追いつきつつあるから現実を直視した作品が増えた


694 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:31:19.82 ID:vHyhqn2G [3/4]
>>691
昔のSFは素晴らしい科学の発展がいかなる弊害を生むか?為政者に悪用されるか?みたいな社会の木鐸だったが
その意味で今のSFはまったく現実直視してないと思うなぁ

監視カメラが普及したら機械シェパードに無辜の市民が殺戮されるのが昔のSFなんだよな
今のSFは安全カメラによりいじめのない明るい社会が実現するから困る


690 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:04:12.62 ID:aez6WE9W [2/2]
絶望に充ち満ちたディストピアだってSFだよ?
蠅の王をベースにSNSを絡めてギッスギスのスクールカーストを描いたっていいんだし


692 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:06:44.19 ID:zwqMHsNw [3/3]
>>690
スクールカーストがディストピアとは新しい発想だな


695 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 23:45:05.11 ID:b/oEdEHD [2/2]
ラノベ的なSFっていうとハルヒとか、アニメだけどまどマギみたいな感じになるんじゃないか?
あくまでSF要素は物語の舞台や事件の原因、または解決法ってだけで世界そのものはガチのSFレベルに構成せずゆるい感じに済ませてる

最近SFが盛り返してるってのがホントなら日常生活で扱うガジェットが一昔前のSFクラスに発達したってのは関係あったりする?
なぜかここ数年でSFに抵抗なくなったんだよ俺、SFに対する心理的なハードルが一気に下がって以前より理解出来るようになった



696 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:03:13.17 ID:vHyhqn2G [4/4]
欧州SF界ではエンダー以来の風潮でVRMMO物がSFに括られるので関係あるが
そういうのをSFの括りから排除してラノベに押し込めてる日本では特に関係ない気がする



エンダーのゲーム〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)エンダーのゲーム〔新訳版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)
(2013/11/08)
オースン・スコット・カード

商品詳細を見る



697 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:08:03.25 ID:tPJSJKH6
別に排除されてはいないと思うが・・・ そもそもラノベとSFって排他の関係じゃないだろ?


698 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:30:07.44 ID:nI0bTEXQ [1/2]
いまラノベをラノベのまま受け入れてるジャンルってSFぐらいのもんだよ
ラノベを紹介してる文芸誌なんてSFマガジンしかない



699 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:32:49.71 ID:m7aaCBYH [1/3]
ぼくのかんがえるラノベらしいSFは、舞台設定はどんなに複雑でも構わない、
イーガン的でもいい。でも人物は、ツンデレとか妹系キャラとか
おバカでハイテンションなノリとかラノベでお馴染みの記号を
入れたキャラクターを入れなきゃいかんって感じかな

上に出てた長谷でいうと円環少女はラノベSFだ。デビュー作はハヤカワ行


702 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:51:57.35 ID:yinJhvCs [1/2]
>>699
ミステリーだと探偵学園にしておけばそういう記号キャラばっかりでも普通に許されるが
SFだと滅び行く人類が編纂した属性類型データベースを利用して作られた人工子宮生体アンドロイドとか言わないと許されないイメージ


700 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:34:10.79 ID:nI0bTEXQ [2/2]
あと紫色のクオリアなんかもそうだな
あと上で言われてた下ネタって地味に伊藤計劃以後のSFだよな



紫色のクオリア (電撃文庫)紫色のクオリア (電撃文庫)
(2009/07/10)
うえお 久光

商品詳細を見る



701 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:45:19.05 ID:m7aaCBYH [2/3]
紫色のクオリアとか絶賛されてたね。大森望に大ウケ
でもあれSF作品のオマージュ強いし、キャラ造形も
青春小説的であんまりラノベって感じしなかったわ


703 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 00:57:37.52 ID:wtHdZfN4
本はラノベ以外あまり読まないからジャンルの違いがよく分からんのだが
人退はファンタジー?それともSF?



人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)人類は衰退しました 1 (ガガガ文庫)
(2011/11/18)
田中 ロミオ

商品詳細を見る



704 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:01:45.82 ID:2Ttj4o8o [1/2]
現代との連続性が強ければSF
そうでなければ別のもの

って説はあるけど。著者がSFだと言い張ればSF
って説もある。


705 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:03:57.74 ID:63gJ0/sK
枠があるわけじゃなくて味があるだけだしな


707 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:38:24.98 ID:PTQn1MXa
SFって、SFファンが凄く五月蝿そうなイメージ
ドカドカと土足で勝手に家に入って来て
「お前は、SFじゃない」
とか吐き捨てて、唾はきかけるようなイメージ
まるでヤクザ


708 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:39:47.23 ID:QOQS3cMD
そういうイメージよく聞くけど、寡聞にして遭遇したことはないわ。
というか最近のSFファンはそういう悪評をよく心得ていてそういう行為は意識してしないようしてるイメージ。


709 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:41:51.84 ID:NvDwhXcY
アマゾンのレビューもわりと上品だよなw


710 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 01:41:57.82 ID:YOhDtjOk [1/2]
そういう輩は大概アニメの方で暴れる。

あれだ、空気読まない奴らは本も読まないんだよ…


714 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 04:46:07.49 ID:aElyUjPh
最近のめんどくさい組はマニアック側の極からじゃなくライト側の極から現れるからなあ
それを人呼んでネットイナゴと呼ぶ


715 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 04:53:25.17 ID:FXUdJv5a
読むのに勉強が必要なもんは悪と決めつけてかかる連中の事か
分かりやすい物が良いならジャンクな物ばかり食ってりゃいいのに
通向きの物に何で手を出すのやら


716 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 08:13:47.49 ID:0I5LFzJw [1/2]
冬の時代を経たSFファンは唾を吐くというか寧ろあれもSFこれもSFと勝手にラベル貼って去っていく感じがあるw


717 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 08:41:19.58 ID:tVvvho9h
吐いた唾飲み込んでるってやつか…


718 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 09:28:58.41 ID:dfgr4Q69
なんでもかんでも、
「これはSFだ!」
してる時期、あったよな


719 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 09:50:11.22 ID:cqCVoa9C [1/4]
SF論争引き起こしてSFを廃れさせた高千穂遥は死んで詫びろ


720 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/03(火) 09:57:20.70 ID:FZMwBbIY
ガンダムSF論争だっけ?
挙句にスペオペがSFから蹴り出されたるんだから世話ねえな







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1382792308/
関連記事


[ 2013/12/18 15:17 ] SF | TB(0) | CM(44)
どうでもいいのにそのうち盛り上がっちゃうんだよな定義付けってww
[ 2013/12/18 16:03 ] [ 編集 ]
 自分が重度のSFオタだという気はそうそう無いけど、それでも、
>>681 >>682 に言うにおよばず、>>695とかも、結局はラノベ=SFじゃない。SF要素で・・・と否定してて、>>710とか>>714、>>715もどう見てもよく言われる「SFオタの内ゲバ」なのを自覚すら出来てないのがSFオタの末期だと思うわ。
[ 2013/12/18 16:07 ] [ 編集 ]
ガガガ本スレでなんでSFの話の流れなってんだ
[ 2013/12/18 16:21 ] [ 編集 ]
定義とかカテゴライズとかどうでもいいが、一緒になってると読みたいものが探しにくい。それだけ。
[ 2013/12/18 16:54 ] [ 編集 ]
SFっていうジャンルがラノベに吸収されてるってことでおk?
[ 2013/12/18 16:56 ] [ 編集 ]
>SFっていうジャンルがラノベに吸収されてるってことでおk?
ラノベと言うジャンルの区切り定義は無いも同然。単に読んだ印象とレーベルで言っているだけだし。
[ 2013/12/18 17:30 ] [ 編集 ]
他ジャンルとあまり混じっていないガッチガチのSFを読む若い読者って今どれくらい居るのかねぇ?
SF的な要素は見慣れてると思うけど。
[ 2013/12/18 17:33 ] [ 編集 ]
ラノベのジャンル分けとしては
・少年漫画的キャラ造形
・レーベル、イラストでの判断
・中高生が読者層=分かりやすいカタルシスと、中二心くすぐるギミック
という要素が混じって判断されてると思うな。
だからSFはそのギミックとして使われることが多いと思われ
[ 2013/12/18 17:38 ] [ 編集 ]
もう日本のSFはジャンルじゃなくてラノベ褒める際の評価尺度位の意味しか持ってないよ
[ 2013/12/18 17:50 ] [ 編集 ]
夏の時代っていうから、てっきり日照りになったのかと思ったよ
[ 2013/12/18 20:19 ] [ 編集 ]
大して売れてないんだから日照りといってもいいけどな
[ 2013/12/18 21:13 ] [ 編集 ]
>本はラノベ以外あまり読まないからジャンルの違いがよく分からんのだが
じゃあ黙ってろラノベ厨(笑)
[ 2013/12/18 21:31 ] [ 編集 ]
これがSFだと思えば、何でもSFだよ。
SFというジャンルの懐の深さは見通せないほど。
ぬいぐるみもSFにされているくらいだからなw
[ 2013/12/18 21:50 ] [ 編集 ]
村上龍がSF書いてもSF扱いしてくれんと嘆いていたことがあった。
SFは拡散したよね。
[ 2013/12/18 21:59 ] [ 編集 ]
 
ラノベって言ってりゃいいじゃん
あるいはファンタジー
ろくに科学考証をやってないような小説をわざわざSFと呼ぶ気はしないな
[ 2013/12/18 22:02 ] [ 編集 ]
懐が深いんじゃなくて定義が雑なだけだろ。
[ 2013/12/18 22:24 ] [ 編集 ]
>ろくに科学考証をやってないような小説をわざわざSFと呼ぶ気はしないな

高度に発達した科学は魔法と区別がつかないんだから良いんだよ
[ 2013/12/18 22:41 ] [ 編集 ]
アレはSFじゃないコレはSFじゃないって言ってるのはSFオタだけだろ
ジャンルなんてどうでもいいことなのに、いちいち拘って自分の好きなジャンルから人追いだそうとしてるだけ
[ 2013/12/18 22:44 ] [ 編集 ]
アニメでいうなら「革命機ヴァルヴレイヴ」が、SFっぽい要素もあるけどSFでないアニメの筆頭。

未来で、宇宙移民や宇宙船が出てきて、バイオテクノロジーで作られた新人類も出てくるけど、
全然科学考証が行われてなくて、科学的で無いオカルトなシュールギャグアニメ。

SFガジェットが出てくることがSFの必要条件では無いことを示す好例。
[ 2013/12/18 22:50 ] [ 編集 ]
SFって、人それぞれがSFって感じればいい。
逆に言えば、どんなにSFがジェットが出てきても、だれもこれはSFだ、と思わないのはSFじゃないね。

アルマゲドンなんかも良い例だ
[ 2013/12/18 22:59 ] [ 編集 ]
一般読者は割となんでもSFでいいって風潮な気がする
むしろSFじゃないところにもSF見出そうとしている
数十年前の一部の古い濃いヲタがSF論争してたのが後ひいてるだけじゃないかな
[ 2013/12/18 23:14 ] [ 編集 ]
このレベルで夏の時代とか言われても
SFさんにはもっと頑張って貰いたいものだ
[ 2013/12/18 23:31 ] [ 編集 ]
冬の時代から春を飛びこして夏になって最後には秋た
[ 2013/12/19 00:54 ] [ 編集 ]
SFはテンプレに沿って書けるジャンルじゃないから、一作受けても後追いを出せない。
[ 2013/12/19 00:56 ] [ 編集 ]
> ろくに科学考証をやってないような小説をわざわざSFと呼ぶ気はしないな
SFの総数が1000分の1になりました。
[ 2013/12/19 05:08 ] [ 編集 ]
最近は、「これはSFじゃない」という意見から、「これはSFだ」に変わって、それが否定されることはあまり無いね。
[ 2013/12/19 07:17 ] [ 編集 ]
ほんとラノベならラノベでいいじゃんと思うけどな
逆になんでそんなにSF扱いしてもらいたいのかよくわからん
あれもこれもSFやると読者が混乱するばかりでいいことないと思うが
まあラノベ界隈はてコンプレックス丸出しで認定大好きだからその流れだと思うけどさ
[ 2013/12/19 09:12 ] [ 編集 ]
クラークの格言を何でもありの免罪符にしたらアカンよ。魔法のように見えるが仕組みや法則性はちゃんと説明できないと。そこがラノベとSFの違い。ヴヴヴの勘違いはラノベベースなので用語だけ使ってちゃんと説明できない制作サイドの幼稚さなんだよ。情報原子ルーンって何よ。情報が原子に内包されるわけないだろ。ちゃんと情報理論の基本を勉強してこようね。あとダイソンスフィア。ダイソンサイクロンクリーナーで反応している奴いるけど、あれはフリーマン・ダイソンの息子が創業した会社。宇宙をかき乱すべきか、をちゃんと読めばダイソンスフィアは究極のリサイクルエコ構造体何だと分かる。球形だから何でもダイソンスフィアじゃねえよ。そこがSFとラノベの違いなんだよ。
[ 2013/12/19 12:25 ] [ 編集 ]
>>情報原子ルーンって何よ。情報が原子に内包されるわけないだろ
まあ、そこは思いっきりファンタジー系の設定を科学風に直しただけだと思うけどな
あれは情報理論とは違うでしょ?
他は大体言いたいこと分かる
[ 2013/12/19 14:16 ] [ 編集 ]
というかヴヴヴは単純に
ラノベならラノベでいいじゃんを地でいってるだけだと思うぞ

[ 2013/12/19 17:31 ] [ 編集 ]
>というかヴヴヴは単純にラノベならラノベでいいじゃんを地でいってるだけだと思うぞ
それはラノベを馬鹿にしすぎ。
あれはラノベとしても糞なレベル。

>>>情報原子ルーンって何よ。情報が原子に内包されるわけないだろ
>まあ、そこは思いっきりファンタジー系の設定を科学風に直しただけだと思うけどな
いや、何にも直ってないし。
素人目には科学風な呼び名に見えるかもしれんけど、ぜんぜん科学風になってないんだよ。

「おれ貯金一億万円もってるもんねー」と言ってる幼稚園児みたいなもん。
[ 2013/12/19 22:47 ] [ 編集 ]
ヴヴヴとか単に「つまらないSF」ってだけじゃないの?
時代考証がなってない時代劇とかトリックが陳腐なミステリとか
他ジャンルでもざらにあるでしょ
[ 2013/12/19 23:30 ] [ 編集 ]
あんまり細かいこと突っ込み始めると、たいていのSFが成り立たなくなると思うがなあ
例えば宇宙戦用人型ロボとか現実に即せばナンセンスな訳だし
その現実にはあり得ない「フィクション」な設定をいかに違和感なく物語に溶けこませるかがSFのキモだと思う
ヴヴヴは設定がどうこうというより単に話が面白く無いってだけじゃないの?
[ 2013/12/20 00:07 ] [ 編集 ]
>>710、>>714はだいたい合っているみたいじゃないか。
コメント欄を見て笑っちまった。
[ 2013/12/20 06:02 ] [ 編集 ]
いま始まったのか・・・
次でやっと殷の時代か
封神榜までまだ時間がかかりそうだ
[ 2013/12/20 08:51 ] [ 編集 ]
> 科学考証をやってないような小説をわざわざSFと呼ぶ気はしないな
それはテッド・チャンの否定と受け取ってかまわないか
[ 2013/12/20 13:05 ] [ 編集 ]
SF定義論は不毛だから。

自分がアンソロジー好きだから思うのかもしれないが、去年までのSFアンソロジーラッシュが雪解けしたSF界を夏にまで引き上げた功績は大きいと思う。
冬の時代にSF作家の大きな受け皿だった異形コレクションが沈黙し、引き継ぐように広義SFを提供したNOVAも休止した現在、夏がどこまで続くか少し不安ではある。
そういえば、今年は原色の想像力も出なかったな。
[ 2013/12/20 15:53 ] [ 編集 ]
夏の時代って言ってるけど
・『虐殺器官』『ハーモニー』が過大評価されすぎてうかつに批判できない状況
・徳間書店のSF事業からの撤退
・日本SF作家協会の内紛
・これまでラノベ系SFの受け皿になっていたラノベと一般文芸の境界レーベルの主流がライトミステリになる
などなど問題だらけなのを見過ごしてやいませんかね
[ 2013/12/20 18:09 ] [ 編集 ]
どうせまだ「ハードじゃないとSFじゃない」からは逃れられていないよこのジャンルは
[ 2013/12/22 12:49 ] [ 編集 ]
日本作家のSFは、「何が起きてるのかわけわからん」のが多いと思う
特にハヤカワJAがひどい
[ 2013/12/22 16:56 ] [ 編集 ]
元スレでは上品だよなという身内持ち上げらへんの後に
スレ違いのSF談義を繰り返してうざがられてたがカットされてるな
[ 2013/12/22 22:13 ] [ 編集 ]

「わけわからん」からこそ面白いと思うわ 
やけんハヤカワJAの方向性は支持する
ジャンル定義なんぞ,道具とわりきって,効用があるときだけ使えばよろし
学者が学会で議論するならともかく,読者間で定義を巡って議論するとか意味不明 あほくさ
[ 2013/12/25 19:03 ] [ 編集 ]
最近はSFと名乗ってない物に勝手にこれSFじゃねえ!ってな唾吐く奴減ったというけど
茅田さんだかが赤魔女のあとがきで文句言われたわーって書いてたの思い出したわ
しかしもうあれ最近じゃないかw
[ 2013/12/31 01:26 ] [ 編集 ]
ラノベ的なSFと言えるかは微妙だが、ラノベ的なサイバーパンクならニンジャスレイヤー割と本気でオススメ
[ 2014/01/01 10:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。