ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今東光の女人入門“エロ坊主”の真意 ヌード嬢に上演を許可「春泥こそ河内の美田」  

1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 22:16:38.51 ID:???0
★今東光の女人入門(7)“エロ坊主”の真意 ヌード嬢に上演を許可「春泥こそ河内の美田」
2013.11.30 18:00

大胆に尼僧を描いた「春泥尼抄」は物議を醸した。僧侶でもある今東光(こん・とうこう)の
作家人生の分岐点になったかもしれない。

せっかく歴史の香り高い「お吟さま」で直木賞を受賞し、「闘鶏」で高い文学的評価を受けたのに、
いち早く映画化された作品はエロティックな色彩が強く、またヌードショーにもなった。
今東光にはエロ坊主のイメージがべったり貼り付く。

しかし、今東光は全然ひるまなかった。作品のあとがきに書いている。

「春泥は尼僧に対する理解と同情から発足した。週刊誌に連載されたために、断片的にお読みになった
御方はあるいは尼僧としてあるまじい性的描写に眉をしかめ、あるいは仏法から逸脱したかの印象を
受けられたかもしれないが、通読して下さるならば作者が不真面目な動機で執筆したり、淫らな構想を
恣にしたのではないことをみていただけるのではないか」

◆檀家の総代に妊娠させられた尼僧
連載中からモデルはだれかと騒がれた。その回答は「東光おんな談義」(昭和35(1960)年)にある、
と「今東光を語る会」代表の伊東健さんが教えてくれた。

中の「尼つれづれ」の項で今東光はひとつの青春時代の思い出をつづっている。

10代後半のことだ。母親のお供をして東京・新宿にある庵寺に老師の話を聞きに通う日々があった。
兵庫・豊岡の高校を放校された後のことで、息子の心をしずめたいとの母親の思いもあっただろうか。
そんな母心を知ってか知らずか東光少年は庵寺にいた妙齢の尼僧に会うことだけが楽しみだった。
そり立ての青い地肌の頭、白くきめこまかい皮膚。

「白衣のふっくらと膨らんだ胸には何ごとを秘めているのか知らないが、彼女の物静かなうちに情熱を
湛えた瞳は僕の魂をとらえて離さなかった。(略)僕が春泥尼という架空の尼僧を設定したときに、
その風貌はありし日の彼女だったのである」(以下略)
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131130/wlf13113018010037-n1.htm



春泥尼抄 (1958年)春泥尼抄 (1958年)
(1958)
今 東光

商品詳細を見る




2 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 22:17:37.92 ID:HcguSjaV0
スレタイだけじゃ何のこっちゃわからん


3 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 22:18:16.33 ID:89Nil1bD0
今東光って名前久しぶりに聞いたw


15 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 22:36:24.24 ID:GcRJ9Usk0
昔プレイボーイ誌かなんかにページを持っていたな
内容は思い出せないけど・・・


44 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 23:31:30.76 ID:dycLqn4Z0 [1/2]
>>15
「極道辻説法」。現在集英社文庫にあり。


47 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 23:37:50.94 ID:dycLqn4Z0 [2/2]
>>44
李承晩、もといスマン、その本は絶版のようだ。こっちでがまんしてちょ。

「毒舌身の上相談」集英社文庫



毒舌 身の上相談 (集英社文庫)毒舌 身の上相談 (集英社文庫)
(1994/05/20)
今 東光

商品詳細を見る



27 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 22:55:49.32 ID:kaLp6dPH0
面白い書き手だったよ今さんは
再評価の気運があるのかな


35 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 23:13:05.58 ID:1FNTwTTv0
インテリを拒絶したインテリだった気がする。
この人の描く悪とか色情には卑俗がないから物足りない。


41 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 23:27:01.78 ID:n+EBzzVr0 [1/2]
この人は大変な仏教学者でもあり歴史家でもあり
破格の文学者だよな
とても羨ましい人生だ



46 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 23:32:38.07 ID:xn5kAJY6O
>>41
経歴が翔んでいる。東大に出入りしていたから周囲はみんな東大の学生だと思っていたが、実は入学してなかったらしい。
ただ、物凄く頭が切れる人だったから周囲から信頼され仲間が数多く出来たらしい。


49 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/11/30(土) 23:38:31.16 ID:n+EBzzVr0 [2/2]
>>46
高校を放校になって以後独学し東大生や新進気鋭の作家とも親しく交流
頭は抜群に良かったようで文壇と喧嘩して天台宗に転身したときも
もっとも困難とされる天台宗の仏教専修過程をあっさり合格している
このときの仏典等の勉強量は想像を絶するものだったと後に語ってるな


54 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/11/30(土) 23:59:34.54 ID:KpBwiMaB0
何で今ごろ今東光?週刊プレイボーイの極道辻説法は読んでた。


57 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/01(日) 00:09:27.38 ID:S5i77+AhO
>>54
今東光を知っているのは55歳以上かな?
俺はもう少し下だが、色んな作家が今東光の生き方に憧れを持っていたことを書いていたから知っている。


58 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/01(日) 00:15:16.65 ID:XLPJOXV10 [1/2]
>>57
歴史の知識も超人的で、戦後の歴史小説を書いてる作家は
この先生に色々習って勉強してる人が多いね


60 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/01(日) 00:37:51.99 ID:0h4nk65F0
お、おー、春泥尼抄ってタイトルだったか、大昔読んだ、
瀬戸内晴美が数え50だったか、1975年頃、
出家して今東光から寂聴付けてもらったのも思い出す。


65 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/01(日) 00:55:47.60 ID:vZnq4VL50 [2/2]
兄弟が政治家か何かで出世した人なんだっけ?
良い家の出の人だったんだろう。
そこらは今も言えそうな格差社会の縮図的ではあるのかな。


66 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 01:03:49.98 ID:MxOR3eBo0 [2/3]
>>65
弟が今日出海、親父は外国航路の船長。親戚には侍従長がいる。
ボンボンだが、若い時はワルでいろんな学校を放校されている。
コネでどうにかなるような人生は歩んでないと思うが。

瀬戸内寂聴も若い時は地元ではかなり有名なワルだったらしいが。



67 名前:名無しさん@13周年[] 投稿日:2013/12/01(日) 01:05:18.55 ID:XLPJOXV10 [2/2]
>>65
たしかに家柄は良いが頭の良さも怪物レベルで常人ではない


70 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:03:13.15 ID:wSK61MbB0 [1/2]
今東光といえば、週刊プレイボーイで「極道辻舌鋒」という人生相談をやっていたなあ。
中尊寺の貫首で、天台宗のナンバーツーで、直木賞作家で、参議院議員で、新聞社の社長。
谷崎潤一郎の弟子で、川端康成の親友で、瀬戸内寂聴の師匠。


二十代で文壇の寵児となったが、菊池寛と大喧嘩したことや、
友人の芥川龍之介の自殺にショックを受けたことで、三十歳頃には絶筆して出家
50代で執筆活動を再開し、60歳で直木賞受賞。「木にカネを貸していたが、これでチャラだな」との受賞の弁。
ヤクザ小説の傑作「悪名」は、勝新太郎の主演でシリーズ映画化。21世紀になっても続編が作られている。


で、「極道辻説法」だが、質問者に「オナニーでもしていろ!馬鹿野郎!」とかいう回答。
質問も「朝立ちすると手淫してしまいます。やめる方法は?」とか、くだらない感じだが、回答がさらに酷くて。
その答えとなると、さらにすごくて、 「もったいないことぬかすな!やれるうちにどんどんやっときゃあいいじゃねえか。
いまにやりたくたってできなくならあね」「川端康成が死んだのは70幾つかだったけど、あいつなんか、
死ぬ2、30年前から、わしに絶えず訴えておった。朝、立たなくなったとな」とか。

「創価学会は邪教」と書いて、抗議をうけると、
なんと「池田大作とプレイボーイで対談させてくれ!」
と逆に要求する無軌道ぶりだったなあ。


71 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 02:15:36.33 ID:wSK61MbB0 [2/2]
そういえば、今東光先生は、

「僕はたびたび、ストリップ劇場の見物客となる。ここでは庶民が浮世の憂さを晴らしているのだ」
「僕は齢六十を過ぎて、永井荷風先生が浅草のストリップ劇場に耽溺した気持がわかってきた」
「大袈裟な言い方をすればストリップ劇場の存在は、杜会に対する一種の救いであり、
安全弁だと言うことができるのだ。従ってあまり要らざる干渉はしないことだ」


とも書いていたなぁ


72 名前:名無しさん@13周年[sage] 投稿日:2013/12/01(日) 07:44:28.16 ID:1NdJ8PSa0
記事全体から1970~80年代エロの香りがします






元スレURL:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1385817398/
関連記事


[ 2013/12/03 10:17 ] その他文学 | TB(0) | CM(2)
歴史系のエッセイ本を一冊読んだだけだけど、
独自の史観を確立してる人だと思った
小説を読んでみたかったけど、どこにも置いてなかったなあ
[ 2013/12/03 12:55 ] [ 編集 ]
瀬戸内寂聴とちがって
仏教者として超一流なのがすごい
おっさんになってから出家した人なのに
[ 2013/12/04 02:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。