ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

十二国記みたいなラノベ、なかなかでないね  

884 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:2013/09/21(土) 02:11:32.06 ID:kwTeYTWi [1/2]
十二国記みたいなラノベ
なかなかでないね




885 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/21(土) 03:21:57.85 ID:tAH4Z57q [1/3]
そういうのよくいわれるけど、何をもってすれば十二国記みたいといえるんだ?
中華っぽい世界観か?
異世界転生か?



887 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/21(土) 03:28:42.29 ID:54128FPb [2/3]
>>885 緻密な世界観と設定。
先が読めない展開じゃない?
川上稔の作品もラノベの中でも世界観や設定が緻密。緻密過ぎて精読派以外、作品について語れないのが……orz


886 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/21(土) 03:24:19.38 ID:54128FPb [1/3]
十二国記って一見するとラノベっぽくないけど、読むと異世界トリップ、不老不死、麒麟が王を選ぶとか意外とラノベらしい設定だよな。それをラノベらしいと感じさせないのが凄いけど、中々こういう小説出ないな。


888 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/09/21(土) 04:11:50.85 ID:uppKtDMG [1/2]
十二国の世界地図は極端に単純化されてるよ。重要なのはそこじゃない

現代日本ミステリーホラーからはじまるという、 物語世界のひろがりを否応なしに感じさせる力そしてそれに無尽に応えたこと・なかんずく人(&人外)格のひろがりにふかみ

それは大原まりこ氏が書いているとおり、書かずにはおれぬ・希求してやまぬ世界、そこを知っている・そこに本当はいるべきという渇望の発露があればこそだろうし、
なおただ異世界に浮遊するだけではすまない人間理解の深淵に届いていたからでもある。というより、人間理解のふかさ・強さあればこその希求心だろうけど




丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫)
(2013/06/26)
小野 不由美

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1378654018/
関連記事


[ 2013/10/29 12:31 ] ライトノベル | TB(0) | CM(11)
書いても編集が弾いてるんじゃないの
お決まりの「本格ファンタジーは売れない」とか言って
[ 2013/10/29 13:30 ] [ 編集 ]
いつになったら続編が出るんだよ
本編の続きが読みたいのに出ないってどういうこと?
新装版とかどうでもいいような短編とかもういらないよ。早く新作を出してほしい。
[ 2013/10/29 14:02 ] [ 編集 ]
ID:uppKtDMG の自分のコメントに酔ってる感がすごい。
半端なバカって単純な事を複雑に書くの好きだよね。
[ 2013/10/29 14:50 ] [ 編集 ]
女性向けだが彩雲国物語はとっつきやすさを失わない程度に世界観が練られてていい作品だった
あれも今となっては過去の名作か
[ 2013/10/29 15:31 ] [ 編集 ]
面白いんだけど、登場人物が皆厳しい。
黄昏の岸暁の天の時、クーデター未遂起こしかけた人たちの言い分も聞いてやれよと思った。
陽子らが内輪だけで盛り上がって、他の文官蔑ろにしたらそりゃキレるだろ、と…
[ 2013/10/29 16:45 ] [ 編集 ]
あの世界の王って基本内輪で物事決めるし
あの世界に限らず王に権力がある場合は内輪で物事決めるのが普通だろ
そもそもクーデター起こそうとした人たちの言い分を聞くって正気か?
どんなお花畑の世界だよ
[ 2013/10/29 20:58 ] [ 編集 ]
「みたいな」ラノベがもし出たとしても
「十二国記があるから読まなくていいや」となる可能性は如何
[ 2013/10/29 22:09 ] [ 編集 ]
あれはラノベではない
[ 2013/10/29 22:31 ] [ 編集 ]
ラノベと十二国記をいっしょにするな!

あと、アジアンファンタジーである守り人シリーズもよく名前が出るけど、
十二国記の世界や人物の方が相当深く練りこまれて作られてるので、
同じ土俵で比較しないでくれよ。

守り人シリーズは児童文学だしね。

[ 2013/10/29 23:46 ] [ 編集 ]
名無しの読書家
ラノベで出版する以前に別会社からホラー小説として出た『魔性の子』が
シリーズ中盤の作品と作品のリンクになっているという特殊構造もすごい。
[ 2013/10/30 04:06 ] [ 編集 ]
こないだ出た「丕緒の鳥」が12年ぶりだしな
[ 2013/10/30 11:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。