ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

消える「書店」 : ネットに負け相次ぎ閉店 地域中核店も  

1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2013/10/23(水) 17:30:25.91 ID:???
出版不況がいわれる中、書店の廃業・閉店の波が街の小規模書店だけでなく、地域の
中核書店にも押し寄せている。先月末には、海事書などで有名だったミナト神戸の老舗が
店を閉じた。文化の担い手でもあった老舗書店が相次いで店をたたむ背景には、消費者の
本離れだけでなく、欲しい本が最速で当日中に手に入るアマゾンジャパンや楽天など
ネット書店への顧客流出もあるようだ。

9月30日、神戸市の元町商店街にあった老舗、海文堂書店が店を閉じた。同店は今年で
創業99年。この日、常連客と店員が「これまでありがとう」「力不足でした」などと
言葉を交わす姿が見られた。

海文堂は延べ面積730平方メートルの中規模書店。文芸書や児童書に加え、海事書の
在庫が豊富なのが特徴で、最盛期の1996年ごろには売り上げが一日100万円もあった。
ところが2000年ごろから低迷し、昨年は最盛期の約6割まで落ち込んだ。福岡宏泰店長
(55)は「雑誌が売れなくなったことや全国チェーンの大型書店の影響もあるが、大きい
のはネット書店の影響だ」と振り返った。

書店は全国で減り続けている。書店のデータベース「ブックストア全ガイド」を出している
出版社、アルメディア(東京都)によると、00年に全国で2万1654店あった書店は、
13年5月時点で1万4241店と、34%も減少している。

札幌市では4月、開店42年のリーブルなにわが、6月には開店65年のアテネ書房が、
それぞれ閉店した。ともに市街地の中心部にあり、地域の中核書店だった。高知市では6月、
高知城堀端の老舗、冨士書房が店を閉め、外商専門に切り替えた。出版業界に詳しい近畿大
非常勤講師のフリーライター、永江朗さんは「全国的に有名だった海文堂の閉店はこうした
流れの象徴。書店関係者に衝撃を与えている」と言う。

なぜ中核書店が持ちこたえられなくなったのか。海文堂の福岡店長は「お客さんが待って
くれなくなった」と話す。書店が卸業者に注文しても、本が店に届くには1週間前後かかる。
それに対し、独自の物流基地を整備したアマゾンや楽天は翌日配達も可能で、地域によっては
当日に本が届く。「『1週間もかかるのだったらいらんわ』となる。かなわない」(福岡店長)。
さらにネットオークションには、出版して日の浅い中古本が安く出回る。

加えて、書店の本棚で思わぬ拾い物を見つけるという読書家の楽しみも、ネット通販の
「お薦め」機能が提供するようになっている。通販で本を買うと、購入履歴や同じ本を
買った人たちの傾向を分析し、「こんな本はいかがですか」と表示されるのだ。福岡店長も
「『お薦め』の精度が上がったせいで我々の優位性が脅かされた」と話す。

大型書店も生き残りに必死だ。ジュンク堂書店は09年、大日本印刷の子会社になり、
同じく傘下の丸善書店と「MARUZEN&ジュンク堂書店」の屋号で新店を大阪などに
四つ出した。両書店の岡充孝副社長は「ネットに対抗するには、専門書の豊富な在庫を持つ
という大型書店の特徴を強調するしかない」と話す。

「皆さん、本屋さんで本を買ってください。そうしないと町から本屋がなくなります」。
海文堂書店最後の夜、福岡店長は店の前に集まった約300人を前に、悲痛なあいさつをした。
店は11月下旬、ドラッグストアに衣替えするという。

http://mainichi.jp/select/news/20131024k0000m040003000c.html



2 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 17:32:24.33 ID:i0rA8GZQ
そもそも本買わなくなった


9 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 17:41:30.90 ID:4A7b/akL
もはや入店するのは立ち読みか万引きしたい奴らのみ


11 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 17:43:22.50 ID:qspKGfdZ
内容と確認したいときは書店行く


25 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 18:06:37.95 ID:wH9yv6QG
本屋に欲しい本が置いてないんだよな
どこにあるのかもわかりづらいし



28 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 18:10:11.40 ID:HqmVwPDs
ただ パラパラめくって見て選べるからな本屋は。
なきゃ困るけど 本屋ではそう簡単にはかわんな。


32 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 18:14:48.38 ID:GxN5YvLK
欲しい本が無かった時、本屋で取り寄せを頼むと2-3週間かかったな
今でも同じかな?


49 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 18:34:15.02 ID:hsY54evK
>>32
それでも来ればまだマシだが、うちの近所なんて納期掛かりすぎで
注文自体が無かった事にされてたわ。

いい加減来ないから問い合わせたら、この本は入手できそうにない
からこちらでキャンセルしましたとか。連絡一切無し。
てことで尼と淀があれば本屋いらん。雑誌はコンビニでOK。


56 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 18:45:55.04 ID:OKXs0LBW
>>49
田舎に住んでるけど、本の取り寄せは事実上機能してなかったなw
田舎人の読書環境はAmazonで劇的に改善された。


46 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 18:27:52.04 ID:P/X/EOEm
書泉の「しおり」「カバー」「手提袋」が好きで書泉で買っていた。

これらが無くなったので書泉で買わなくなった。

最近、しおりは復活したが、カバーと手提げ袋は相変わらず。
早く昔の状態にもどせ。

もっとも、経営陣が昔と違うから無理かもしれんが。


63 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 19:13:07.09 ID:z6khdo+p
>>46
手提げ袋ってビニールの巾着タイプ?
あれコスト掛かりすぎだろ。
さすがに無理では・・・


51 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 18:40:27.15 ID:+27Fiae7
かなり前:TVに負け書店が相次ぎ閉店
ちょっと前:ゲームに負け書店が相次ぎ閉店
今:ネット(ry



64 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 19:13:14.35 ID:Hy1HIOTM [2/2]
紀伊国屋は電子書籍もやってるから生き残るかな?


66 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 19:25:55.09 ID:xoLTEL8l
ネット書店だと知ってる本しか買わないじゃん
後、アマゾンは稀に在庫が傷んでることもあるし
リアル書店は必要


71 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 19:33:03.11 ID:TcwlhSdP [2/7]
以前は、書店もよく行っていたけど、
最近は本屋さんって入りづらい雰囲気があるじゃない?

「お客様は万引き犯」みたいな感じで。

いや、自分はそういうことしないけど結局ひとまとめで防犯対策とか
されてるじゃない。

ネットでポチる方が精神的にも良いわ。


75 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 19:51:09.07 ID:Q37zYPx3 [1/2]
地方のちょっとぐらい過疎化してる地域は面白い。書店がほぼ消えていて、
その代わりにコンビニに雑誌があり、その近くのドラッグストアでも女性誌や
漫画などの雑誌などを置いてる。町内のコンビニやドラッグストア、個人商店
などで雑誌を扱っているわけだが、雑誌を売っているところ自体は多いというw

それが過疎地の現実なんだよね。雑誌なら「割と多くの」ところに置いてある


76 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/10/23(水) 19:57:03.37 ID:Q37zYPx3 [2/2]
結局、地方は雑誌の女性自身とか週刊現代とかは割りと手に入りやすい。
文庫、例えば岩波のニーチェの本を手に入れたい場合は近郊の都市のそれなりの
ちゃんとした本屋に行かないと買えない。それを地方の知性の没落とか衰退と
言うことはできるけど、ネットでは簡単に買えるわけだしね。


114 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/10/23(水) 21:54:21.96 ID:FFq0rOMg [3/3]
万が一の情報流出だけが怖いかな>通販
書店購入は住所や氏名と紐付されないというところだけは利点







元スレURL:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1382517025/
関連記事


[ 2013/10/28 18:32 ] 出版・書店関連 | TB(0) | CM(11)
いくら本屋に現物おいてあるとはいえ、ビニールしてて中身の確認すらままならないし、実物店舗にいく意味ってあんま無いんだよね
言ってみりゃ紙の匂いを嗅ぎにいく程度
[ 2013/10/28 19:27 ] [ 編集 ]
休憩時間に寄るくらい
[ 2013/10/28 20:33 ] [ 編集 ]
大型書店なら検索用のモニターもあるし本探しに慣れた店員も多いけど、
駅前なんかの小さい書店の店員ってやる気あるの?って聞きたくなるくらいちんたらしてる
[ 2013/10/28 20:34 ] [ 編集 ]
駅の本屋位アクセス良くないとまず無理
本を買う為に本屋に行こうって思考も時々有るが、それも相当メジャーでかつその日に手に入れたいというものでないと
受け取るのが面倒だというような人を捕まえるにはさっさと仕入れてさっさと売るしかない
[ 2013/10/28 21:15 ] [ 編集 ]
宅配業者の物流は進化してるんだから運送システムにはさほど問題はない。

ところが、本屋の物流はなんの進化も改善もない。
出版業界に内在する制度的欠陥のせいだな。
[ 2013/10/28 21:35 ] [ 編集 ]
便秘のときのためにリアル本屋には残ってて欲しい……
[ 2013/10/28 23:10 ] [ 編集 ]
シュリンクしてあるのはせいぜいコミック、ラノベくらいだしなぁ
それも店員に声かければたいていは中を確認させてくれるし
中を確認できないという意味ならネット通販の方が辛いと思うんだけどね
自由になるお金がたくさんあって気になる本はとりあえず買うという人なら
ネット通販で問題ないと思う。特典とかある場合は別として
自分は買うかどうか決めかねてるような本は本屋で試し読みしてから買うよ
[ 2013/10/28 23:52 ] [ 編集 ]
e-honで注文して書店受取するようにはしてる
[ 2013/10/29 04:11 ] [ 編集 ]
ネットだと知ってる本しか買わないって意見多いけど
ネットのほうが自分の知らないいい本教えてくれるよ
本屋の押してる本なんてゴミばっかじゃん
[ 2013/10/29 05:44 ] [ 編集 ]
本屋が押してる作品である必要は無い
本屋の棚を眺めていれば知らない良い本が見つかるかも、って事でしょ
まあ品揃えの良い本屋に限っての話だが

あとネットでもゴミみたいな本が推されているケースは腐るほどある
[ 2013/10/29 22:01 ] [ 編集 ]
書店はあの本のビニール外せ!
立ち読みして中の確認すら出来ないようじゃ結局尼で充分だろ。
[ 2013/11/28 15:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。