ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やなせたかしさん 日本初の「性絵本」描いていた  

1 名前:yomiφ ★[] 投稿日:2013/10/17(木) 23:46:03.95 ID:???
http://www.ehonnavi.net/img/cover/350/350_Ehon_26043.jpg

 25年間続いている人気アニメシリーズなどで知られる「アンパンマン」の生みの親・漫画家
やなせたかし(本名・柳瀬嵩)さんが13日午前3時8分、心不全のため、東京都内の病院で
死去した。94歳だった。ここ10年は腎臓がん、膀胱がん、腸閉塞、すい臓炎などと闘いながら、
日本中の子供に夢と希望を与えてきたが、40年前に日本で初めて「性教育絵本」を描いていたことが
わかった。もちろん、周囲から大批判を食らったが、やなせさんはペンを置かなかった。

 子供たちのヒーローとは、あまりに正反対の作品も描いていた。勃起した父親の男性器から
ピュッ!と発射された精子と母親の卵子が合体し、受精する決定的瞬間を描いているのだから――。

 それだけでない。父親の男性器とたわわに実った母親のおわん形乳房とアンダーヘアを、
子供たち2人が驚いて指さしている絵まである。

 これは、1972年に出版された3歳児以上向けの性教育絵本「なぜなのママ?」(アーニ出版)
の一部。絵を手がけたのがやなせさんで、文章は「性を語る会」代表の北沢杏子氏(83)が書いた。
同氏は、往年の大人気特撮番組ウルトラシリーズ第1弾「ウルトラQ」(66年放送)の脚本を担当したこともある。
 北沢氏によれば「この絵本は、日本で初めての性教育絵本」。
出版後にはバッシングが吹き荒れた。性教育は、40年前まではタブー視される傾向にあったからだ。

「都内の高級デパート内にあった書店に並べられたんですが
『こんなハレンチな物は許さん!』って、一般のお客さんに棚ごとひっくり返されたことが
ありました。私の自宅窓には石が投げられたり…」

 やなせさんも同様の批判を浴びたことは、容易に想像できる。

「70年代までの日本は『赤ちゃんはコウノトリが運んでくる』だの『処女崇拝』だのといった
貞操観念の性教育がうたわれていた時代でした。でも、その裏で“妊娠即中絶”などの問題が表面化。
そういった性教育は時代遅れと感じた文部省(現文科省)から、私は性教育教材の早急な制作を
依頼されました。それで、私は知り合いのラジオ関係者の縁で、やなせさんに絵をお願いすることに
なったんです」

 この出版は「あんぱんまん」(のちに「アンパンマン」とカタカナ表記)が73年に初めて発表される直前。
野心あふれるやなせさんは、性教育に目を背けていた風潮に果敢に挑んだ。

「やなせさんは依頼を快諾してくださいました。当時、性教育絵本なんて日本で誰もやって
みたことがなかった。だから“じゃあ自分が”と思ってくださったようで。本は2~3か月も
かからないうちに完成した記憶があります。やなせさんが(東京)四谷の事務所で
絵を描かれ『これでどうですか?』と聞かれたので私は『ステキですね』と返すといった感じで」

 その本の中で、29ページにわたって登場する父親、母親、子供2人の姿がすべてヌードだった。

「全部裸は画期的。やなせさんの大胆な感性だからこそできた発想です」

 批判にも屈せず、この性教育絵本は11回も版を重ねた。
「今ではもう絶版」(北沢氏)。店頭では手に入らない“幻の絵本”となった。 

 2003年7月、当時84歳のやなせさんは本紙特集部長・原口の取材を受けている。
くしくもそこで「僕が若くて貧しい漫画家で、編集者に頼まれればポルノを描くでしょう」と語っていた。

 それでも「24時間、簡単にポルノ誌が見られるのは日本だけ。
このまま突き進むと、幼児を対象とした猟奇的犯罪やアブノーマルな犯罪が増殖する」と危惧もしていた。

 猟奇的犯罪が頻発する昨今。10年前の本紙取材で、傘寿超えとは思えない
かくしゃくとしたやなせさんの警鐘は当たっていたようだ。
子供たちのヒーローの生みの親は、先見の明があった“性教育者”でもあった。

http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/195097/



なぜなのママ?―3歳からの性教育絵本 (3歳からの性教育の本)なぜなのママ?―3歳からの性教育絵本 (3歳からの性教育の本)
(1988/06)
北沢 杏子、やなせ たかし 他

商品詳細を見る




5 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 00:06:31.21 ID:6R14BWFv
>>1
>批判にも屈せず、この性教育絵本は11回も版を重ねた。

元々の発行部数が少ないってのもあるんだろうけど
それでもすごいな。


21 名前:なまえないよぉ~[] 投稿日:2013/10/18(金) 01:42:21.40 ID:aIO0Jg7O
小4のころ、この北沢杏子さんの性教育絵本を見せられたわ。
>>1の楽しそうな絵でも性教育絵本見たかったな。



あかちゃんはどこからきたの (こころからだいのちのえほん (4))あかちゃんはどこからきたの (こころからだいのちのえほん (4))
(1985/02/28)
北沢 杏子

商品詳細を見る



39 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 06:09:56.77 ID:urBYig+U
なんだよこの再販フラグは







元スレURL:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1382021163/
関連記事


[ 2013/10/20 22:46 ] 絵本 | TB(0) | CM(2)
70年代って言うと40年前だから、今大体50~70代のやつらが人様のデパートで棚をひっくり返したり、やなせさんの家に石投げてきたってことか。
今ならそんなことした方がしっかり罰せられる可能性は高い。

やっぱ、ネットがあったりしてある意味現実と繋がりが強くなった今の方がいいわ
[ 2013/10/21 00:41 ] [ 編集 ]
もろに団塊の世代じゃんww
[ 2013/10/21 09:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。