ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第41回泉鏡花文学賞は磯崎憲一郎さん『往古来今』に決定!  

1 名前: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★[sage] 投稿日:2013/10/17(木) 21:19:17.10 ID:???0
泉鏡花文学賞に磯崎憲一郎さんの「往古来今」

 第41回泉鏡花文学賞(金沢市主催)の最終選考会が17日、東京・赤坂で行われ、
芥川賞作家・磯崎憲一郎さんの「往古来今」(文芸春秋)が選ばれた。

 選考委員は五木寛之さん、嵐山光三郎さん、村松友視さんら5人。

 授賞式は11月17日、金沢市民芸術村(金沢市大和町)で行われる。
正賞の八稜鏡(はちりょうきょう)と副賞100万円が贈られる。

(2013年10月17日21時05分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20131017-OYT1T01011.htm

泉鏡花文学賞
http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11020/bungaku/kyouka/

『往古来今』(磯崎 憲一郎・著) | 単行本 | 書籍情報 | 文藝春秋

芥川賞作家が新境地に挑んだ意欲作!
綿々と続く時間の流れのなかで人は何を感じ、受け入れ、進むべき道を選ぶのか――「過去」と「いま」が交錯する比類なき5つの物語。
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163821306
http://www.bunshun.co.jp/book_db/image/9784163821306.jpg

どこまで深く長く潜って行けるか―― 息継ぎせず書き切った「転機」の作品集 『往古来今』 (磯﨑憲一郎 著) | インタビュー - 本の話WEB
http://hon.bunshun.jp/articles/-/1614



往古来今往古来今
(2013/05/10)
磯崎 憲一郎

商品詳細を見る




6 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/17(木) 21:43:21.83 ID:GDoP/gnBP
歴代受賞者は前から有名だし、この賞をもらった後飛躍するというわけでもないし


7 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/17(木) 21:59:53.39 ID:AwlKfr1i0
>>6
でも、一地方自治体の文学賞にしてはチョイスがすごい
選ばれる側も鏡花の名前が付いてるからありがたがるし



10 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/18(金) 00:37:57.27 ID:m4NybtwI0
ぶっちゃけ泉強化自体微妙。。。


11 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/18(金) 07:57:46.84 ID:w+KqVR/LO
谷崎賞に並んで粒揃いだと思う
最近の作品は知らんけど








元スレURL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1382012357/
関連記事


[ 2013/10/19 12:36 ] その他文学 | TB(0) | CM(2)
この賞って選ばれたら料亭でご飯が食べられると噂のあの賞だよね?
金じゃない価値がある賞らしいけど。
[ 2013/10/19 13:14 ] [ 編集 ]
泉鏡花を微妙とか言ったら直木三十五の立場が無い
[ 2013/10/19 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。