ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

登場人物のドラマをきちんと描いている作品  

716 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/29(水) 23:45:32.38 ID:Mxj5qCeB
【読みたい本の傾向(A)】
 登場人物のドラマをきちんと描いている作品。

【Aの既読作品……好き】
 豊田徹也『アンダーカレント』『ゴーグル』
 岡田 淳『二分間の冒険』etc
 
【Aの既読作品…その他】
 森 博嗣『地球儀のスライス』に収録の"小鳥の恩返し"
     『まどろみ消去』に収録の"虚空の黙祷者"
 百田尚樹『輝く夜』
 丘 修三『ぼくのお姉さん』
 越谷 オサム『陽だまりの彼女』

【A以外で好きな作品】
  

【長編or短編】どちらでも。
【好みの絵は】こだわりません。
【古い作品は】こだわりません。
【ライトノベル以外は】こだわりません。

【そのほかに】
 豊田徹也氏の作品は漫画だけど、この雰囲気を持つような、同じ系統でクオリティの高い小説があればうれしいです。



アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
(2005/11/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る




717 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 01:13:47.55 ID:yxznEcWQ
>>716
寡聞にして豊田徹也の作品は未読なもので
ご期待に添えないかもしれませんが、
『はたらく魔王さま』和ヶ原聡司(電撃文庫)
『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹(創元推理文庫)
『エドの舞踏会』山田風太郎(ちくま文庫)
『幕末妖人伝』山田風太郎(小学館文庫)



赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
(2010/09/18)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



718 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/30(木) 05:19:29.77 ID:FVo+lQNa
>>716
登場人物のドラマをきちんと、って、人によってかなり基準が違う印象があるんだけど、
自分も豊田作品の特にその二作は好きです。とだけw

「サクラの音がきこえる」(浅葉なつ/メディアワークス文庫)
メディアワークス文庫は、粗筋 だ け 読むとそんな感じっぽそうな作品が割と多い印象。
自分がまだ読んでないのでタイトル出してお薦めは出来ないが御参考まで。

「晴れた日は、お隣さんと。」(福田栄一/MF文庫 ダ・ヴィンチ)

「レストア」(太田忠司/カッパノベルズ)
もしかしたら絶版だったかも知れないけど、古本で簡単に見付かると思う。



サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シ (メディアワークス文庫 あ 5-3)サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シ (メディアワークス文庫 あ 5-3)
(2012/05/25)
浅葉 なつ

商品詳細を見る



724 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/31(金) 05:42:01.75 ID:lgsCymIU
>>716
ドラマというか心境の描写なら有川浩が結構合ってる気がする

シアター

あたりをオススメしてみるか



シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)
(2009/12/16)
有川 浩

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1363065964/
関連記事


[ 2013/10/03 12:30 ] ライトノベル | TB(0) | CM(2)
古典文学を片っ端から読むのが先じゃね?
[ 2013/10/04 00:37 ] [ 編集 ]
好きなの読むのが先でいいと思う。
古典は必要に迫られたときに読めばいい。
[ 2013/10/04 16:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。