ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山崎豊子さんの壮絶作家魂 新連載「約束の海」書き上げていた  

1 名前:焙煎特派員φ ★[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 05:44:47.91 ID:???0
 新聞記者らしく徹底した現場主義で作品を書き続けた作家の山崎豊子さん(享年88)。
 不条理を許さず、世間が目を背ける対象に鋭く切り込み、大学病院の腐敗を描いた「白い巨塔」(1965年)、
 中国残留孤児の半生を描いた「大地の子」(91年)など命がけの作品を数多く送り出した。
 その徹底した精神は最後の作品となった週刊新潮の連載まで貫かれ、まさに「小説の鬼」だった。

 毎日新聞社の学芸部に勤務していた当時、上司の井上靖氏に刺激を受けて作家の道を歩んだ山崎さん。
 「白い巨塔」を契機に「社会派作家」という肩書が定着した。だが、
 「弱い立場の人を見過ごせない、不条理を許せないという元来の性格が、たまたま社会的テーマに広がっただけ」。
 この“勲章”を本人は、やや不本意だったというから興味深い。

 揺るがぬ精神に裏打ちされた作家魂は最期まで貫かれ、8月に始めた週刊新潮での連載小説
 「約束の海」の第1部(20回分)を書き上げていた。

 「約束の海」は旧海軍士官の父と海上自衛隊員の息子を主人公に、戦争と平和を問う大河小説。
 現在、第6回まで掲載されており、新潮社広報宣伝部によると、20回まで連載を続けるという。

 晩年は原因不明の痛みに苦しみ、筆力が弱ったのを書きやすい筆ペンに換えて執筆を継続。
 同部は「(山崎さんの)執筆の意欲は最後まで衰えておられなかった」などとコメントした。

 山崎さんの死因などについて、同部は「心不全で9月29日未明に入院先の病院で亡くなった」と明らかにし、
 同30日午後、堺市の自宅を弔問に訪れた新潮社の関係者は「眠るように亡くなったと聞いている」と話した。

 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131001/dms1310011208012-n1.htm



3 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/02(水) 05:50:32.19 ID:Qx6NC9QIP
素晴らしい作品をありがとう。合掌・・・


4 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 05:51:28.50 ID:UiO1fp6E0
ラスト

オレは ようやく 泳ぎはじめた ばかりだからな
この はてしなく遠い 約束の海をよ・・・

未完


5 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 06:07:16.21 ID:iji38QRg0
俺たちの約束の海はこれからだ!


6 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/02(水) 06:08:01.25 ID:B9t6kBS9I
途中までは半沢のように権力に立ち向かうけど、
段々、それが虚しく感じてきて、ある程度区切りを付けて
自由人になるって結末が多いよな。
権力の中枢にいた奴は失脚するけど。


21 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 07:44:45.72 ID:4cf6Bn0A0
>>6
恩地なんかはあがらい続けて流浪の人生歩むけど
モデルになったカネボウの元会長も更迭され、根付いた文化の深さにたいする
虚無感がリアリティを感じさせた


11 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 06:16:45.07 ID:ikhTJrrs0
いや書き上げていたのは第一部だけじゃん


18 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 07:06:57.90 ID:jjR33zy50
88歳で小説書けるってのが凄い
近所の高齢者は名前書くだけでやっとだ


19 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/02(水) 07:08:12.19 ID:CTcD1REM0
この人の小説って第一部だけ読んでもまったく面白くもなんとも無いと思うが…
おそらく第一部=単行本一冊の分量、山崎豊子なら最低でも3冊以上の作品を計画していたろうから、
完全に未完の作品となったな

内容は面白そうなので完成した作品を読みたかった


24 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/02(水) 08:42:18.87 ID:ceZU6fBI0
>>晩年は原因不明の痛みに苦しみ、筆力が弱ったのを書きやすい筆ペンに換えて執筆を継続。

PCを使えばよかったのでは?


26 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/10/02(水) 08:53:10.54 ID:6+Qv3NVP0
>>24
この年だとPCの方が難しい


40 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/10/02(水) 16:30:42.60 ID:oMLT0HH60
まだ手書きで書いてた世代か
88という年齢で現役も凄いがそれに驚いた






元スレURL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1380660287/
関連記事


[ 2013/10/03 06:28 ] その他文学 | TB(0) | CM(1)
88歳で小説書けるのがすげえな、まさに生涯現役
誰か「屍者の帝国」みたいに続き書いてくれないかな
[ 2013/10/03 12:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。