ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読者プレゼントに『江ノ電車両のパンタグラフ』(実物)--講談社の雑誌『路面電車の走る街』  

1 名前:ライトスタッフ◎φ ★[] 投稿日:2013/09/08(日) 09:51:55.55 ID:???
講談社が8月29日に創刊した雑誌「路面電車の走る街」の読者プレゼントが、鉄道ファンを
驚かせている。

同誌は全国の路面電車21路線を全12巻に分けて紹介する専門誌で、読者プレゼントとして、
路面電車のお宝グッズを毎号用意するという。

創刊号では、江ノ電(江ノ島電鉄)で使われた「つり革」「駅名表示板」「転轍機標識」
「レール文鎮」など、入手困難なレアアイテムを多数用意している。その中でもひときわ
注目を集めているのが、江ノ電の1000形車両で実際に使用されていた「パンタグラフ」。
折りたたんだ状態でも、幅2,950mm×奥行き1,500mm×高さ420mmの大きさで、
アームを伸ばすと人間の身長を軽々と越す高さに。

通常の宅配便などでは発送が困難であるため、パンタグラフについては講談社(東京都
文京区音羽)まで自力で受け取りに来られる人しか応募できないとのこと。入手困難なだけ
ではなく、仮に当選したとしても運搬が困難で、持ち帰っても保管が困難な、まさにかつて
ない読者プレゼント企画といえそうだ。

雑誌「路面電車の走る街」は隔週木曜日発行。現在、第1巻「江ノ電」と第2巻「嵐電」が
発売中で、定価は680円。なお、同誌の第2巻でも、嵐電(京福電気鉄道)の「行き先表示板」
「圧力計」「運転席サンシェード」「回数乗車券発売所ボード」など、レアアイテムを多数
プレゼントとして用意。それ以降も毎号スペシャルなプレゼントを用意するとしている。

http://alp.jpn.org/up/s/15314.jpg

●アームは簡単に上げ下げ可能。伸ばすと人の身長よりも高い
http://news.mynavi.jp/news/2013/09/08/021/images/001l.jpg

◎講談社--『路面電車の走る街』公式
http://xn--rt3awqs0r0la.jp/&cad=rja

http://news.mynavi.jp/news/2013/09/08/021/index.html



路面電車の走る街(1) 江ノ電 (講談社シリーズMOOK)路面電車の走る街(1) 江ノ電 (講談社シリーズMOOK)
(2013/08/29)
講談社

商品詳細を見る




2 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/09/08(日) 10:01:33.68 ID:eQxiqOjE
駅名表示板が欲しい
でもパンタグラフは当選してもさすがに置く場所無いな


3 名前:名刺は切らしておりまして[] 投稿日:2013/09/08(日) 10:09:53.93 ID:EFo2Uz8K
パンタグラフって、実物を鉄博で見たことあるが、
さすがに一般家庭におけるモノじゃないと思う。

ネタとしては、最高レベルだなw



7 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/09/08(日) 11:07:37.11 ID:LQrP2MOc
鉄オタ向け展示会では、車輪の販売とか入札でやってるよ


12 名前:名刺は切らしておりまして[sage] 投稿日:2013/09/10(火) 18:44:48.20 ID:lcu2IXfH
いくら鉄でもこんなの置き所に困る。
室内に置くとか論外だろ・・・







元スレURL:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1378601515/
関連記事


[ 2013/09/11 22:41 ] 雑誌 | TB(0) | CM(1)
タモさんちならきっと置ける
[ 2013/09/11 22:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。