ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衝撃的な推理小説といえば?  

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:02:16.30 ID:S/vcPDKJ0 [1/5]
三毛猫ホームズの推理



三毛猫ホームズの推理 (角川文庫)三毛猫ホームズの推理 (角川文庫)
(2012/10/01)
赤川 次郎

商品詳細を見る




2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:02:46.53 ID:h2Wm9rSc0
↓百鬼夜行シリーズは推理ものとはいえないからな


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:02:55.44 ID:0b3AygPo0 [1/2]
姑獲鳥の夏


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:03:49.86 ID:3hFjqcMC0 [2/2]
>>2-3
ワロタ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:02:59.91 ID:3hFjqcMC0 [1/2]
十角館の殺人って言えば正解?



十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)
(2007/10/16)
綾辻 行人

商品詳細を見る



5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:03:03.60 ID:AF/Yixcw0 [1/2]
しあわせの書



しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 (新潮文庫)
(1987/07/31)
泡坂 妻夫

商品詳細を見る



13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:09:08.27 ID:S/vcPDKJ0 [3/5]
>>5
これは内容元々というよりも労力がスゲエと思った


14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:09:47.96 ID:AD/zSkF+0 [1/3]
安部公房の「箱男」


17 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:11:58.67 ID:S/vcPDKJ0 [4/5]
>>14
これって推理小説だったの?


19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:14:38.38 ID:AD/zSkF+0 [3/3]
>>17
厳密な意味でに推理小説ではないけど一種のアンチミステリ。そう言う意味で衝撃的
大雑把な言い方すればオースターとか舞城の先駆けみたいなやつ



箱男 (新潮文庫)箱男 (新潮文庫)
(2005/05)
安部 公房

商品詳細を見る



21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:20:41.08 ID:+/j+y4uh0
殺戮に到る病
トリックというより内容がもう…



殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
(1996/11/14)
我孫子 武丸

商品詳細を見る



24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2013/09/01(日) 19:25:11.75 ID:AF/Yixcw0 [2/2]
最初に七回死んだ男を読んだ時も衝撃的だったな
あ、こういうのもアリなんだって




七回死んだ男 (講談社文庫)七回死んだ男 (講談社文庫)
(1998/10/07)
西澤 保彦

商品詳細を見る







元スレURL:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1378029736/
関連記事


[ 2013/09/06 22:29 ] ミステリ | TB(0) | CM(13)
なにこのやる気のない記事
[ 2013/09/06 23:16 ] [ 編集 ]
「翼ある闇」
まさか奴が死ぬなんて・・・
[ 2013/09/06 23:33 ] [ 編集 ]
比較的最近のをあげるなら、占星術かな
ベタだけど
[ 2013/09/07 04:50 ] [ 編集 ]
魍魎の匣ってかこうとしたのに・・・
[ 2013/09/07 08:45 ] [ 編集 ]
『ハサミ男』は驚いた。
俺は個人的にネタバレOK派なのだが、
これでネタバレされたら怒るわ~
[ 2013/09/07 09:24 ] [ 編集 ]
ウロボロスの2作目
[ 2013/09/07 12:09 ] [ 編集 ]
ミステリファンに大々的にアンケートとったとしたら『十角館の殺人』に落ち着きそうな気はする。ただ、受ける衝撃はその人が読んだ順番にもよるとは思う。
[ 2013/09/07 12:29 ] [ 編集 ]
ある意味ブラウン神父シリーズ
ミステリ界の星新一とでもいうか

あと絶対あれは推理小説じゃないと言われそうだがコズミック
[ 2013/09/07 12:54 ] [ 編集 ]
十角館だと思うけど、あんまりミステリーに詳しくない人にはどうだろう
「あれ」のどこがスゴイのかわかるのかな?
[ 2013/09/07 18:35 ] [ 編集 ]
最近読み返したけど、うぶめは割と真っ当にミステリしてると思ったけど
もうりょうのほうがミステリとして評価高い理由がよくわかんない
[ 2013/09/08 12:41 ] [ 編集 ]
そして誰もいなくなった
[ 2013/09/08 21:53 ] [ 編集 ]
俺は本を全く読まなかったが、十角館を薦められてからミステリ好きになった

「翼ある闇」 「7回死んだ男」「殺戮に到る病」とかも好きだが、
別の意味で衝撃的といえば、流水大説。全くオススメしない

結末が衝撃的なというか衝撃的なのを狙いすぎているのも多い中、「頼子のために」は内容が良かった覚えがある。
[ 2013/09/09 15:16 ] [ 編集 ]
みすてり?赤川次郎とかー?な中学生の頃に読んで衝撃を受けたよ「十角館」
むしろミステリたくさん読んでスレた頃に読むより素直に受け止めれて良かったと思う。
[ 2013/09/12 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。