ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電子出版権新設へ 著作権法改正案を2014年通常国会で提出予定  

1 名前:あやめφ ★[] 投稿日:2013/09/03(火) 18:49:21.42 ID:???
インターネット上で急増する電子書籍の海賊版被害対策として文化庁は、出版社(者)による
差し止め請求を可能とする「電子出版権」を新設する方針を決めた。5日開催の文化審議会
小委員会で中間報告書をまとめてパブリックコメントを募り、来年の通常国会に著作権法
改正案を提出する考えだ。

出版権とは、出版社と著作権者が契約を結び、著作を独占発行できる権利で、現行法は紙の
出版物だけを対象としている。電子書籍に対応するには、出版社は著作権者から著作権の
一部を譲渡してもらう必要があるが、新規の同意を取り付けるのは困難だった。そのため
出版社独自の訴訟を起こせず、著作権者も自らで対応するしかなかった。

一方、契約文化が浸透する米国の場合、出版社は著作権者から著作権を譲り受ける
商慣行があり、自ら侵害対策に乗り出している。

電子書籍にまで出版権の対象を広げることで、日本国内で配信されている違法な電子書籍の
作成・流通の差し止め請求訴訟を起こせるようになる。さらに著作権者の権利が保護される
ことから、電子書籍ビジネスの進展につながると期待されている。

毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20130902k0000e020139000c.html



3 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 19:01:04.08 ID:J8TTBsqY
つまりどゆこと?
現行法だと紙の本スキャンしてネットにうpしても合法ってこと?


5 名前:なまえないよぉ~[] 投稿日:2013/09/03(火) 19:07:12.75 ID:7bNYYbOc
>>3
出版社は電子書籍の海賊版については訴えを提起することができない
著作権者が個人的に訴えをおこさなきゃいけないので負担となり
ほとんど野放しになっているということだろ



6 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 19:11:01.33 ID:TpxHoO6F
>>5
権利があってもいちいち裁判に訴える出版社がどれだけあるのか


4 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 19:03:34.67 ID:EIUy06/x
商業・同人を含めて
絶版になった希少な本を合法的に入手できる手段は欲しいんだけど



8 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 20:09:53.54 ID:ERpODvkQ
つーかTPPでめでたくアメリカ様の属領になれば
再販制度の廃止とかの「SOPA」が争点だろ


9 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 20:27:25.04 ID:CEloB3zL
>一方、契約文化が浸透する米国の場合、出版社は著作権者から著作権を譲り受ける
>商慣行があり、自ら侵害対策に乗り出している。
ま、ここがミソだよ、アメリカの法律に土下座する改正ラッシュの一環
事前に制度の違いをなるべく潰しておきたい


12 名前:なまえないよぉ~[sage] 投稿日:2013/09/03(火) 22:08:18.98 ID:PqAQZGmi
週刊連載の漫画とか信託してるのに出版社全然告訴しないんだし、
単に電子書籍ビジネスで作者が出版社ハブるの阻止したいだけでしょ。
応じる作者がいるとは思えないけど。

だいたい、作家や漫画家団体が反対してるじゃん。






元スレURL:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1378201761/
関連記事


[ 2013/09/05 18:39 ] 電子書籍 | TB(0) | CM(1)
>電子書籍に対応するには、出版社は著作権者から著作権の一部を譲渡してもらう必要があるが、新規の同意を取り付けるのは困難だった。

要するに個々の契約では出版社に紙の出版権しかない(著作権者も望んでない)のに法改正で無理やり出版社に電子出版権を付与するってことか
私的自治もクソもないな
[ 2013/09/06 06:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。