ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「敵にも敵の正義がある」というパターン  

51 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 02:35:54.35 ID:hIT12413
死んだら感動するんだろ?深いんだろ?高尚なんだろ?って感じの
演出以上の物語的な意味がない「盛り上げるためだけの悲劇」が横行してた時代があったからな
今の「ハッピーエンドが大前提。悲劇には理由が必要」の風潮はその反動みたいなところがある



56 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 09:46:57.05 ID:tcbbVcyo
>>51
似たようなものとして、「敵にも敵の正義がある」を挙げたい。
別に、あっちもこっちも正義正義にしなくても、
曲がることのない立派な「悪の哲学・美学」で、主人公側の正義と
対峙させればいいだろうに、わざわざ「敵の正義」なんて言葉を持ってくる。

どうせ、どっちでもやることは同じ(信念・プライドのあるカッコいい敵キャラ)
なんだから、言葉上だけ、看板だけのことなんだから、
敵も味方も「正義」一本にせんでもいいだろと。

なのに、「正義VS悪は幼稚、正義VS正義は高尚」みたいな
風潮が嫌だ。上記の通り、どうせやることは同じなのに。



57 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 09:52:45.13 ID:wC2aF+HM [1/3]
だって悪の哲学でたいした理由なしに悪いことしてたら
リアリティがないとか言って叩くんだろ


58 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:2013/08/08(木) 10:18:49.58 ID:tuCCs2Q+ [2/2]
単純な勧善懲悪のほうが面白い


59 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 10:19:25.45 ID:fYUObF+I [1/2]
楽しませる方向の違いだけではあるが、
悪の哲学だけだと、単純な強力さ、強大さの描写以外で
大物感出すのが難しいから、というのはある
コミカルなものでない限り、長いシリーズには不向きなんだよね

先に挙がった友野詳なんかが、モロにこれに関する問題点ある作家で
どうやっても敵に小者感がつきまとう作風のため
大きい舞台の作品を書く度に、この欠点が浮き彫りにされて
みるみる評価落ちていくことに

3、4巻ぐらいの作品だと、本当に面白いままで終われる人なのにねえ……



60 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 10:34:45.64 ID:3QBzzNex [1/5]
TRPG畑だと悪の行動論理をきちんと組み立てる必要があるから
やってみたらせせこましい人間が敵だったというのはよくある
まあ、SNEイチオシのソードワールドは敵味方ともにせせこましいことしかできない世界なんだけど

いっそ悪の側に強大な余裕を持たせたらどうか。
近所のおばあさんに挨拶をし、町内会に参加し、征服未完の場合は納税をきちんとするくらいの強者の余裕を


63 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 10:47:09.89 ID:wC2aF+HM [2/3]
>>60
シリアスでそれをやれたらすごいだろうな


62 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/08(木) 10:46:37.76 ID:3QBzzNex [2/5]
ていうか「正義の反対はまた別の正義」の構図のやつはだいたい主人公側の正義が歪んでたり主人公がお花畑な正義を選んだりとかして、結局飛び出してグダグダ
という路線多くない?
で、お花畑正義が通ってハッピーエンド(笑)

そういやあ今度の仮面ライダーも「多様化する正義」がライダーバトルだってよ

愛と真実の悪を貫く!くらい言えよ!敵なんだろ!






元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1375750160/
関連記事


[ 2013/09/04 09:31 ] ライトノベル | TB(0) | CM(8)
>>60
それヴァンプ様じゃねーかw
[ 2013/09/04 10:26 ] [ 編集 ]
面白ければなんでもいい
[ 2013/09/04 10:26 ] [ 編集 ]
正義対正義を突き詰めると、誰も得しない絶滅戦争になってしまうからなぁ…
てかむしろそういうバリバリの絶滅戦争が読みたいぞw
[ 2013/09/04 10:57 ] [ 編集 ]
次のライダーには期待出来ない
[ 2013/09/04 14:30 ] [ 編集 ]
龍騎は「正義」ではなくて「願い」の物語だったな
正義の押し付けあいだったら、見苦しいことになってたのかね?
[ 2013/09/04 17:49 ] [ 編集 ]
これ見て宇宙戦艦ヤマト連想したの俺だけ?
[ 2013/09/05 09:33 ] [ 編集 ]
マンオブスティールは「正義vs正義」だった。良かったぜ?
[ 2013/09/05 17:51 ] [ 編集 ]
>曲がることのない立派な「悪の哲学・美学」で、主人公側の正義と
それを「敵にも敵の正義がある」と言うんだと思ってたけど
[ 2013/09/06 07:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。