ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宇宙物のラノベがほしいな  

180 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 20:46:38.03 ID:D2KNeaq4
宇宙物がほしいな

マンガならあるんだけど、デブリ言うならプラネテスみたいなのとか




181 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 21:35:43.64 ID:S1y4fzSL
現代の情勢でハードSF宇宙モノやろうとすると設定資料集は必須となる
なんぼなんぼでも設計や世界観を描写だけでやるのはムリがあるし

畢竟、宇宙モノがマンガ方面になってくのは必須じゃないかなあ?

あるいは、過去の宇宙年代物にするとか
架空戦記ならぬ架空宇宙開発史のような
ソ連が崩壊せずに宇宙開発の覇権を握り、共産圏技術体系による設計思想ギミックが幅をきかせる世界とか


184 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 22:26:03.89 ID:bpRDCv6V [2/3]
>>181
クレギオンみたいなのでいいかと



ヴェイスの盲点―クレギオン〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)ヴェイスの盲点―クレギオン〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2003/11)
野尻 抱介

商品詳細を見る



187 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 22:54:38.77 ID:UM0lc5GZ
宇宙戦闘は、外宇宙や、恒星系でも機動に軌道の概念がいらないような、今と技術ギャップがある世界観なら
要衝も地形もないのっぺりした空間での射撃合戦だし、軌道の概念があってラグランジュ点を奪い合ったり
スイングバイして速度を合わせて接舷するような感覚だと会敵までがえらく冗長になりそうだしで、
宇宙ならではの面白さというのをあまりイメージできない。宇宙は物事の舞台としては希薄すぎる気がするな。
ヤマトの宇宙みたいなのはファンタジーだし。

それでも彗星狩りなんかは好きだよ。



彗星狩り(上) 星のパイロット 2 (朝日ノベルズ)彗星狩り(上) 星のパイロット 2 (朝日ノベルズ)
(2013/02/20)
笹本祐一

商品詳細を見る



188 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/13(土) 23:03:31.95 ID:OJzP7b5c [3/3]
ルナ・シューターがかなりハードに宇宙戦争(月面戦争)してたが、えらく地味というかシュールだったなぁ。
敵のロボットは剣が主兵装で、こちらのロボットは20mm対物ライフル(機関砲じゃないよ!!)が主力火器だし。



ルナ・シューター〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)ルナ・シューター〈1〉 (幻狼ファンタジアノベルス)
(2008/08)
林 譲治

商品詳細を見る



198 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 01:33:01.59 ID:MV6GmjHp
『銀英伝』を政治的且つキャラ的な文脈、
あるいはイデオロギー寓話的な側面でで語る人は多いが、
スペースオペラな文脈で語る人が少ない点について

結局>>187で言われてることが全てになるが

おかしいな
もう時代はは21世紀なのに、
架空世界娯楽はどんどん人間の内面やら日常やらに引きこもっていく

いっそのこと『ミクロの決死圏』みたいなのを現代版にアレンジすれば受けるかな?
サイコダイバーものをちゃんとした精神病理学をもとに寓話構成しても良いけど


199 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 01:39:27.81 ID:D5IaD13Q [2/4]
サイコダイバーものは地味にSFの定番なような

まあ、SFものはハードになればなるほど、色々な意味でハードルが跳ね上がるからなぁ


201 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 02:30:46.73 ID:Xh48SDc5
色んな技術が発達して、研究が進んで、なんか宇宙が狭くなったと思う
昔は宇宙って「なにがあるか分からない」みたいなロマンに満ちた世界だったからこそ、流行ったんだろう

火星人も金星人もいないじゃない
宇宙船で宇宙を飛び回るなんて、いつになったら実現可能なのか
21世紀になったら車が空を飛んでるとか、そんな未来を夢見てた時代とは違うんだよなぁ・・・

宇宙はまだまだ分からない事も多いけど、やっぱ昔ほどのロマンは感じられないっしょ



202 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 03:01:55.94 ID:nZfl5TFR [2/2]
>>201
狭くなったのは人が行けると思える範囲の方だな
そういう意味ではむしろ広くなったんじゃね
正確には広さを思いしった、だろうけど


206 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/07/14(日) 11:42:48.82 ID:H9GpZeYu [2/2]
>>202
見える範囲が広がっちゃったってのは有りそうだよな
月の裏側に~なんてネタも月探索以降は無くなったわけじゃないけど数が減ったらしいし






元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1372739319/
関連記事


[ 2013/08/25 00:32 ] ライトノベル | TB(0) | CM(7)
いわゆるステレオタイプな宇宙っぽい雰囲気を土台にするなら、サルガッ荘あたりを参考にするといいのかもしれない
あの妙にフワッとした雰囲気は好きだった
[ 2013/08/25 03:46 ] [ 編集 ]
銀英伝を読めば?
[ 2013/08/25 04:58 ] [ 編集 ]
宇宙ものといえば猫の地球儀とかクジラのソラとか
[ 2013/08/25 05:26 ] [ 編集 ]
星虫
[ 2013/08/25 10:55 ] [ 編集 ]
ファンタジー入ってるけど、宇宙開拓・戦争なら川上稔がEDGEシリーズとしていつか書いてくれるはず
[ 2013/08/25 12:41 ] [ 編集 ]
昔は結構あった気がする。
タイラーとか、星くず英雄伝とか、かたゆでマックとか。
[ 2013/08/25 12:51 ] [ 編集 ]
笹本祐一、野尻抱介、小川一水辺りが定番だけど、ハヤカワが後2人を拾ってラノベ界隈の外に出てしまったような……。星界シリーズの平面空間戦とか、荻野目悠樹の双星記シリーズは、宇宙戦争ならではの緻密な設定でよかったんだが、ラノベレーベルだと評価されにくいのかも。
[ 2013/10/16 03:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。