ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MYSCON11に参加して来ました  

鳳明館森川別館で行われた「MYSCON11」に参加して来ました。

MYSCONとは「インターネットを彷徨うミステリ者なら誰でも参加できるイベント」の企画の総称です。

詳しくはhttp://myscon.net/aboutmysconを参照。



開会後最初の企画は脱出ゲーム。参加者全員を5班に分けて、問題を解いていくという趣向。

詳しくは例題http://myscon.net/archives/2013/07/20130712_0248_319.html#more-319を参照。

当日出された問題は例題よりも難易度が高かったのか、5チーム中脱出に成功したのは1チームのみでした。



以降は個別企画。古本オークション、読書会、人狼など。

管理人は「シャーロイド(仮)をつくろう」と「講談社ノベルスを中心に個人的に一番面白かった新本格をまったりゆるく語り合ってみたら意外と面白いことがあるかもしれない企画」に参加しました。



「シャーロイド(仮)をつくろう」は北山猛邦先生の持ち込み企画。「シャーロイド」とは理想の名探偵像を結集させて作り上げる、著作権フリーの名探偵のこと。ボーカロイドの名探偵バージョンです。

http://myscon.net/archives/2013/07/20130710_1718_318.html

北山先生司会のもと、参加者たちが意見を出しあって理想の探偵像が出来上がっていきます。その結果がこれ。


20130715-1.jpg


■名前
森澄コン


■プロフィール
誕生日 7月13日
年齢  18歳
身長  175㎝
体重  57㎏



■外見的特徴Ⅰ
メガネ
さらさらヘアー
黒髪ロング
切れ長一重
美形・色白・中性的



■外見的特徴Ⅱ
格闘が弱い
指が長い
制服(私服は紺)
胸は薄い



■外見的特徴Ⅲ
逃げ足が速い
足音がしない
見えない部分に謎
ブーツ(革)
よく転ぶ



■特技
ピアノが弾ける
逃げ足
クロスワードパズル
手芸



■内面的特徴(性格)
丁寧語
公僕に腹黒い
打たれ弱い
四角四面



■その他
猫を飼っている
通販番組が好き
口癖は「108までは死ねない」




20130715-2.jpg


■年表
  0歳  ミステリ作家の父と考古学者の母との間に生まれる。
  4歳  この歳にして、一夜でカジノで1000万ドル稼いだ経歴を持つ。
 10歳  探偵の才能を開花しはじめる。
 18歳  船上刑務所教祖大量殺人事件 死者129名を出した謎の多いこの事件を解決したといわれる。
108歳  死去





この度誕生した「森澄コン」は著作権フリーの名探偵で、誰でも自由に自分の作品に登場させることができます。気になった方は「森澄コン」を用いて作品を書いてみたらいかがでしょう。もしかしたら北山猛邦先生も書くかもしれません。

性別はあえて設定しなかったので、そこは書き手の裁量で美少女にも美系男子にもすることが可能です。

イメージイラストも決めていないので、pixivなどに描いて発表していただけると盛り上がることでしょう。なんだったら「森澄コン」を書いた当サイトのトップ絵を描くのもアリです。ていうか書いてくださいお願いします。




人外境ロマンス (単行本)人外境ロマンス (単行本)
(2013/06/29)
北山 猛邦

商品詳細を見る






続いて参加したのが「講談社ノベルスを中心に以下略」。

http://myscon.net/archives/2013/06/20130630_0032_313.html

司会フク氏、解説市川尚吾氏という豪華布陣で講談社ノベルスが創刊された1982年から2000年までを本格系作品を中心に語っていくという趣向。



本格ミステリ・フラッシュバック (Key library)本格ミステリ・フラッシュバック (Key library)
(2008/12)
千街 晶之、大川 正人 他

商品詳細を見る



新本格系の有名ドコロをおさえつつ、埋もれしまった穴作品の紹介までありで聞いていて飽きないものでした。 

というか京極夏彦『姑獲鳥の夏』が19年前、『ハサミ男』ですら13年前という衝撃の事実。




以降は大広間で歓談してました。周囲では持ち込んだゲームをやってたりもしていました。そして朝の7時に解散という流れ。参加者との歓談はミスオタ同士の濃い話題が飛び交うのかと思いきや、結構ぬるい感じで管理人のようなにわかが浮くこともなかったです。女子率も結構高かったです。

次回も参加したいですが、参加者の少なさが気になりました。当サイトも出来る限り協力いたしますので、スタッフにおかれましては広報活動をもっと活発にして欲しいと思います。

また、このレポを読んで少しでも興味を持たれた方は、次回以降のイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

http://myscon.net/
関連記事


[ 2013/07/15 00:32 ] ミステリ | TB(0) | CM(1)
管理人が参加したのかw
市川尚吾って乾くるみだっけ? 現役作家も結構来てんだね。
興味はあるけど地理的に厳しいんだよなぁ。機会があれば行きたいんだが。
[ 2013/07/15 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。