ヘッドライン
ヘッドライン




いつから、SF作家は思想家であることをやめたんだろう  

946 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 10:34:33.27
なんかウェルズと日本国憲法に関するちょっと電波な本があった。
それで調べたら、ウェルズだけでなくアシモフやクラークも、
「思想書」といっていい本をたくさん書いている。

今の、テッド・チャンやグレッグ・イーガンは、思想書は書いてないよな。
いつから、SF作家は思想家であることをやめたんだろう。




生の黙示録 生の黙示録 日本国憲法: H.G.ウェルズとルーズベルト大統領の往復書簡から生の黙示録 生の黙示録 日本国憲法: H.G.ウェルズとルーズベルト大統領の往復書簡から
(2013/05/20)
浜野輝

商品詳細を見る




947 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 12:24:53.40
あずまひでおが失踪家になった頃から


948 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 12:29:48.85
そういえばヴェルヌと編集者の葛藤みたいな本の書評読んだな
文春か


949 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 12:36:10.60
テッド・チャンは小説でさえほんのちょっとしか書いてない
それに小説よりインタビューで色々語ってる方が多いんじゃないかな




あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)
(2003/09/30)
テッド・チャン

商品詳細を見る



950 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 12:53:20.00
テッドちゃんはテクニカルライターなんだから日常的に文章を書いているだろう

まあ小説の類じゃないが


951 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 13:00:40.59
40代作家に「思想書」を出しましょうよ売れますよ先生、って
出版社があるかなあ


952 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 13:07:16.43
テッドちゃんは小説書いてくれ小説


953 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 14:51:34.27
今のくおりてーで書いてくれるなら遅筆大いに結構


954 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 15:31:44.92
本がごく一握りの文化人のものから大衆のものになったからで
悪いこっちゃないだろう

いや、>>946は選民のためのものでないことを嘆いているのかもしれないが
俺は選民のためのものだったら弾かれる方だからなー



960 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 18:27:25.34
小説家で思想家が、というのは、「大きな物語が廃れた」というやつだろう。
SFだと、人工知性との共生ビジョンを提示したシンギュラリティが今のところ最後かなあ。


962 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 18:55:44.49
共生 じゃなく対立や支配なら昔からいっぱいあるじゃん。
AIを独立した種族として扱う、ってのはシンギュラリティ系の特徴だと思うけどな。
もちろんそうじゃないのもあるけど。


963 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 19:00:44.89
支配は共生の一形態ですよ


964 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/01(土) 20:21:27.16
>>960
思想家の大上段に構えた思想体系=大説
小物のちょっとした考え=小説

という説を聞いたんだが…


991 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/06/02(日) 06:08:45.48
>>964
流水大説というのがあってだな






元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/sf/1360688967/
関連記事


[ 2013/07/07 22:35 ] SF | TB(0) | CM(10)
逆に、昔のSF作家がどうしてあんな安直で無責任な「未来予想」ばっかりしてたのかが疑問
[ 2013/07/07 23:00 ] [ 編集 ]
そこに未来があったからさ
[ 2013/07/07 23:28 ] [ 編集 ]
東浩紀はどちらの本も出してるんじゃないか。
[ 2013/07/07 23:29 ] [ 編集 ]
良くも悪くも、夢を見れる時代だったのかもしれん
[ 2013/07/08 00:55 ] [ 編集 ]
昔は芸術では未来派とか、
学問では未来学とか、大マジメにあったのだ。
でも、星新一が「未来はもう過去のものになった」って
言ったのはいつだっけ。
[ 2013/07/08 09:37 ] [ 編集 ]
お前らみたいな、エンターテイメントを高尚化しようとする頭の悪いのが増えたからだろ
[ 2013/07/08 09:58 ] [ 編集 ]
東浩紀のは思想といえないでしょ。海外思想書の翻訳解説家というかなんというか。
[ 2013/07/08 13:30 ] [ 編集 ]
>>なんかウェルズと日本国憲法に関するちょっと電波な本があった。
ウィキペディアにも載ってたけど浜野輝とかいう個人の見解くさいんだよなあ
政治思想史でウェルズの影響なんて聞いたことないし
[ 2013/07/08 15:32 ] [ 編集 ]
東浩紀は思想家と言うより批評家
柄谷行人が思想家じゃないのと同じ
[ 2013/07/08 15:51 ] [ 編集 ]
SFがサイエンス・フィクションである事をやめてスペース・ファンタジーになったから。
[ 2013/07/13 22:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ