ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワクワクするジュブナイル系の作品  

482 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 18:57:22.28 ID:aUU/1upP
【読みたい本の傾向(A)】
ワクワクするジュブナイル系 日本人作者のものがいいです
【Aの既読作品……好き】
十二国記(図南の翼が一番好き) アリソンシリーズ 獣の奏者 十二少年漂流記など
【Aの既読作品……苦手】
翻訳小説は基本苦手です
【A以外で好きな作品】
星を継ぐ者 デルフィニア 輪環の魔術師 騙り王 烙印の紋章
荻原規子 小野不由美 上橋菜穂などのラノベと一般書籍の間くらいのものが好きです
【古い作品は】 可
【ライトノベル以外は】可
【そのほかに】
翻訳小説は苦手ですがそれでもなお面白いものは歓迎です



獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)獣の奏者 1闘蛇編 (講談社文庫)
(2009/08/12)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る




484 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/19(土) 22:00:19.33 ID:MNg5ksqv
>>482
『ミドリノツキ』岩本 隆雄
『星虫』が有名な作者さんだけど全作読んだ中でこれが一番だと勝手に思ってる。
とても古いソノラマ文庫版(全3巻)とわりと新しい新書版(全2巻)があり
文庫版はイラストが素晴らしく、新書版は中身が加筆された作者曰くの完全版。

個人的にはとにかくイラストの関係で文庫を推したい…!
新書も絵師さん同じ人なんだけど断然文庫が素晴らしいので。
…そのあたりの思い入れと
“歳月を経た書き足しは作品から浮いて蛇足になることが多い”
という経験則的偏見から新書版を読んでないことは白状しておく。
自分が読んだ限りでは文庫の物語に何の不満もないことも。

とにかく気持ちのいい作品です。
好き既読の傾向から見ても本当におすすめ。
この物語はラストシーンを目指して書かれていたと言っても過言ではないので
締めの巻の後書きから読んでうっかりネタバレしないように気をつけてね。
あと依頼と関係ないけど小川一水『復活の地』を全力ですすめておくぜ。



ミドリノツキ(上) (朝日ノベルズ)ミドリノツキ(上) (朝日ノベルズ)
(2009/08/20)
岩本 隆雄

商品詳細を見る



487 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:2013/01/20(日) 00:19:30.76 ID:+6cWFiAo
>>482
ピアズ アンソニ 「カメレオンの呪文」
翻訳ものですが 長く続く魔法の国ザンスシリーズ一巻 
魔法あふれる世界で成長していく青年(他の巻では亜人種もあり)をテーマに
多彩な脇役?が活躍します。 古い作品ですが 481にも合うかも。

十二少年漂流記(十五ではない?)がベルヌ作だったら  「神秘の島」 お勧め
同じ作者なので 既読かもしれませんが…

「復活の地」 SF要素OKならば 自分もお勧めしたいw



カメレオンの呪文―魔法の国ザンス1 (ハヤカワ文庫 FT 31 魔法の国ザンス 1)カメレオンの呪文―魔法の国ザンス1 (ハヤカワ文庫 FT 31 魔法の国ザンス 1)
(1985/12)
ピアズ・アンソニイ

商品詳細を見る



500 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/21(月) 15:01:44.88 ID:rCj8Ups5 [2/2]
>>482
ラインの虜囚



ラインの虜囚 (講談社ノベルス)ラインの虜囚 (講談社ノベルス)
(2012/10/04)
田中 芳樹

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1353713207/
関連記事


[ 2013/06/06 09:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(1)
乙一さんの銃とチョコレート
[ 2013/06/06 11:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。