ヘッドライン
ヘッドライン




自慢ぽくない旅行記  

938 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 23:07:25.83
自慢ぽくない旅行記のおすすめを教えてください。
淡々と事実を書いている様なものが希望です。
ハインリッヒ•ハラーの「セブンイヤーズ•イン•チベット」、河口慧海の「チベット旅行記」、
昔の下川裕司、毛色が変わりますが青山潤「アフリカにょろり旅」のような物が好みです。
旅行記なら、フィクション•ノンフィクションを問いません。
ノンフィクションなら、ジュール•ヴェルヌが好きです。
よろしくお願いします。




セブン・イヤーズ・イン・チベット―チベットの7年 (角川文庫ソフィア)セブン・イヤーズ・イン・チベット―チベットの7年 (角川文庫ソフィア)
(1997/11)
ハインリヒ ハラー

商品詳細を見る




939 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 23:47:56.09
>>938
チェーホフ「サハリン島」
武田百合子「犬が星見た」



犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫)犬が星見た―ロシア旅行 (中公文庫)
(1982/01/10)
武田 百合子

商品詳細を見る



940 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 18:49:38.47
>>938
私の好きな宮脇俊三氏のインド鉄道紀行はどうでしょうか。



インド鉄道紀行 (角川文庫)インド鉄道紀行 (角川文庫)
(1993/03)
宮脇 俊三

商品詳細を見る



941 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 19:19:31.01
>>938
アヘン王国潜入記 高野秀行
イスラム飲酒紀行 高野秀行
西南シルクロードは密林に消える 高野秀行
河童が覗いたインド 妹尾河童



アヘン王国潜入記 (集英社文庫)アヘン王国潜入記 (集英社文庫)
(2007/03/20)
高野 秀行

商品詳細を見る



942 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/09/05(水) 22:54:18.00
>>938
イザベラ・バード「日本奥地紀行」
ヘディン「さまよえる湖」
河合雅雄「ゴリラ探検記」
梅棹忠夫「東南アジア紀行」



日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
(2000/02)
イザベラ バード

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1323341804/
関連記事


[ 2013/06/02 06:26 ] ノンフィクション | TB(0) | CM(7)
ゲッツ板谷の怪人紀行シリーズだな
”淡々と”事実を書いてるわけじゃないが、
現地の人とのやり取りを、本当に包み隠さず書いてる感じだ
[ 2013/06/02 12:01 ] [ 編集 ]
むしろ自慢っぽい旅行記が思い当たらない
[ 2013/06/02 19:19 ] [ 編集 ]
ガリバー…
[ 2013/06/02 22:33 ] [ 編集 ]
出版物じゃないけど、現在進行形の自転車世界一周のチャリダーマンのブログが熱いわ。
ネットのお蔭で移動しながらアップしてくれるんでライブ感が半端ないわ。
http://shuutak.com/
[ 2013/06/02 22:46 ] [ 編集 ]
路上
[ 2013/06/03 02:17 ] [ 編集 ]
悲しき熱帯

旅行記……?
[ 2013/06/03 02:26 ] [ 編集 ]
やってくれるね、ロシア人!
イスラム飲酒紀行
鳥頭紀行
[ 2013/06/11 08:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ