ヘッドライン
ヘッドライン




ミステリは紙の上での説得力があればどんなトリックでも文句ないわ  

409 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 21:54:36.94 ID:7Tdk8JDZ [1/2]
ミステリは紙の上での説得力があればどんなトリックでも文句ないわ
むしろ実際に実行できるトリックだったら困るだろうと。
かの土屋御大は完璧な誘拐トリックを思いついたけど、実行されたら防ぎようがないからということで封印してたし




410 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 22:02:36.32 ID:mlFDZSFR [3/4]
>>409
ちょっと待ってくれ。
実際に実行できないトリックにどうやって説得力を持たせるんだ?


411 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 22:10:14.22 ID:7Tdk8JDZ [2/2]
>>410
そこが作家の腕の見せ所ってことで。
大多数の読者を納得させられるだけの伏線や文章があれば十分じゃないの?って話。
トリックだけ抜き出して「このトリックは物理学的に考えて現実では実行不可能! 駄作だ!」って言うのは
「迷路館みたいな建物は建築法によって建てられない筈! 現実にあり得ない! 駄作だ!」って言うくらいナンセンスじゃないのと俺は思う



412 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/10(日) 22:23:41.17 ID:mlFDZSFR [4/4]
>>411
流石にミステリーにおいて舞台設定と真相を同列に捉えるのは無理があるんじゃないか……。

と思ったけど、多分この考えは自分が推理小説を読みながら真面目に推理しているせいで生まれた発想であって、
推理とかせずに物語をあるがままに楽しみたい人にとっては、ミステリーにおいてトリックの重要度は下がってしまうわけか。なるほど。


413 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/11(月) 00:06:20.17 ID:ac33Nl+s [1/2]
実際にも広い可能性で考えられる人こそ推理に向いてるんだろうな


414 名前:名無しのオプ[実際にこんな名前の同姓同名がたくさんいるわけないじゃん] 投稿日:2013/03/11(月) 08:23:58.65 ID:/rE5ViiD
>>412
うーん
>>411だけど、俺も割と推理しながら読み解くタイプだが
俺の方があくまで紙の上のゲームとして推理する傾向が強いのかも。
例えば奇面館でメ欄みたいな指摘があったけど、俺は「小説として」伏線はちゃんと張られていたから
断然アリだと思ったけど。


416 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/11(月) 09:33:43.03 ID:k6qwfIMx
数学の問題でも感心してしまう面白い解法だけど、なんじゃこりゃって設定あるやん


417 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2013/03/11(月) 11:41:11.89 ID:ESJ/kU24
数学だって非現実的だけど論理的だし説得力あるからな






元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1356698473/
関連記事


[ 2013/05/25 22:31 ] ミステリ | TB(0) | CM(12)
殊能の黒い仏は絶許
京極の姑獲鳥くらい力技で来られると笑うしかない
[ 2013/05/25 23:28 ] [ 編集 ]
おいメ欄見えてんぞ
[ 2013/05/26 00:31 ] [ 編集 ]
米1
『姑獲鳥の夏』の真相に文句言ってるのは、未読でオチだけ知ってるか、流し読みした奴だけだと思う
ちゃんと読んでれば、伏線が周到に張られてて、決してトンデモなオチでないことが分かるはず
つーか俺自身が初読が流し読みで壁本して、2回目読んだら感服した
[ 2013/05/26 02:07 ] [ 編集 ]
※3
伏線張ったりした努力は認めるが、アレはいくら手を尽くそうが説得力のある内容にはならないと思う。
あまりにも俺たちが普段感じてる常識と乖離しすぎてる。科学ミステリーってわけでもないしね
[ 2013/05/26 10:19 ] [ 編集 ]
※4
自分がそうではないからってありえないとは言えないでしょう
狂骨のアレとかほとんどの人にとってはありえないことだけれども
実際にそういう体質の人もいるわけで
フェアだアンフェアだと論じるのに個人的な価値観を持ち出すのはよくない
[ 2013/05/26 12:41 ] [ 編集 ]
※4
普通の人が一目見ればわかる状況だったらしいしなあ
フィルターを取ればどこもおかしいところはなかったと思うけど

それとも犯人が多重人格だった方をトンデモって言ってるの?
そっちならまだわかる。

[ 2013/05/26 13:46 ] [ 編集 ]
だって今は
キャラクター>ストーリー>>>>>トリック
の世の中ですし
[ 2013/05/26 17:47 ] [ 編集 ]
有栖川のペルシャ猫の謎は、作者本人が「禁じ手」と言ってただけあって、読み終わった時は呆然としたわ...
はやみねかおるの夢水シリーズも、荒唐無稽なトリック多かったけど、あれは児童向けだから許せる
京極の姑獲鳥はあれだけのトリックであの文量を読ませる筆力がすごい
[ 2013/05/26 21:44 ] [ 編集 ]
※5
ありえるありえないじゃなくて説得力の有無の話でしょ。
机上の空論を持ち出して奇跡的な偶然でこれが起きました、
なんて解決を説得力があるとは呼ばないよ。アンフェアではないけどね

※6
お前が前提にしてる方で当ってる
[ 2013/05/26 22:27 ] [ 編集 ]
黒い仏面白いと思うけどなー
まあミステリそんな読んでないけど
[ 2013/05/26 23:07 ] [ 編集 ]
※7
トリックは素晴らしいけど小説としては糞という一部のミステリマニアしか喜ばない作品よりもキャラやストーリーに魅力ある方が売れるのは当たり前の話
所謂新本格ブームが始まる以前は本格ミステリは完全にオワコンだったしトリックよりもストーリーのほうが重視されてたのは云十年も前から同じなの
[ 2013/05/26 23:30 ] [ 編集 ]
姑獲鳥はアリだろ
伏線も丁寧に貼られてるし「ありえないから~」で片付けていい作品じゃない
しかも精神的な部分だから他のトリックと違って物理的な問題が無いのが強い

逆にあのトリックを前置きなしに使ったら叩かれる
つまりはクリテロ…
[ 2013/05/27 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ