ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雪がでてくるような冬の美しさが表現されたもの  

336 名前:イラストに騙された名無しさん[] 投稿日:2013/01/05(土) 17:29:13.06 ID:+IYH8ZQJ [1/3]
【読みたい本の傾向(A)】雪がでてくるような冬の美しさが表現されたもの
【Aの既読作品……好き】
【Aの既読作品……苦手】
【Aの既読作品…その他】
【A以外で好きな作品】 砂糖菓子 海辺のカフカ
【長編or短編】 どちらでも
【好みの絵は】 特になし
【古い作品は】 可
【ライトノベル以外は】可
【そのほかに】 できたら現代ものが嬉しいです。よろしくおねがいします。



339 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/05(土) 20:05:42.82 ID:SuiwEeP5
>>336
雪蟷螂/紅玉いづき



雪蟷螂 (電撃文庫)雪蟷螂 (電撃文庫)
(2009/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る



341 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/05(土) 22:36:01.83 ID:tPgs3U/L [2/2]
>>336
銀色ふわり
そういう話もあるって程度で良ければ
付喪堂骨董店



銀色ふわり (電撃文庫)銀色ふわり (電撃文庫)
(2008/07/10)
有沢 まみず

商品詳細を見る



372 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/01/07(月) 20:00:38.73 ID:HDz/rKzB [1/2]
>>336
一般だけど
浅倉卓弥 雪の夜話



雪の夜話 (中公文庫)雪の夜話 (中公文庫)
(2007/10)
浅倉 卓弥

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1353713207/
関連記事


[ 2013/05/23 20:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(8)
雪蟷螂はジブリみたいな雰囲気があって本当に良かった。
[ 2013/05/23 22:00 ] [ 編集 ]
あら、俺の質問じゃまいか。
雪蟷螂の雪は冷然とした厳しいもの。
銀色ふわりの雪は寂然とした儚いものだったなぁ。
冴え冴えとした雪景色に映える二人の男女という構図は、やっぱりぐっとくるね。
その節オススメしていただいた方には感謝感謝です。
[ 2013/05/23 22:47 ] [ 編集 ]
スティル・ライフの降雪の表現は本当にきれい
[ 2013/05/24 00:25 ] [ 編集 ]
須賀敦子さんの「こうちゃん」もオススメ
四季のうつろいを描いたものなので冬のみに限定されるわけではないけど
散文詩みたいな不思議な文章に、酒井駒子さんの挿し絵がよく合ってる
[ 2013/05/24 00:40 ] [ 編集 ]
積み本を読破したら、コメントで挙がっている本も読んでみたいと思う。
雪の季節は終わってしまったけれど、むしろ真逆の季節へ向かうけど、
やはり降雪というものは自然現象の中でも際立って神秘的な光景だと思う。
壬生義士伝の描写も雪や寒さが時代の閉塞感を煽っていて、とても魅力的だった。
[ 2013/05/24 00:53 ] [ 編集 ]
そのものズバリ「雪のひとひら」とか
[ 2013/05/24 12:42 ] [ 編集 ]
櫛木理宇の「赤と白」
イヤミス系だけど雪の描写は綺麗
[ 2013/05/24 15:01 ] [ 編集 ]
星新一「冬の蝶」
[ 2013/05/26 00:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。