ヘッドライン
ヘッドライン




村上春樹 vs 村上龍  

8 名前: ピクシーボブ(北海道)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:19:56.33 ID:eDyTp6nS0
80年代に対談あったわ



ウォーク・ドント・ラン―村上龍vs村上春樹ウォーク・ドント・ラン―村上龍vs村上春樹
(1981/07)
村上 龍、村上 春樹 他

商品詳細を見る




7 名前: 黒(茸)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:19:27.93 ID:jY0Lh3QQ0
龍は今なにしてんの?


12 名前: ターキッシュバン(石川県)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:28:38.92 ID:RDk0cLkV0
近所の本屋村上の新刊が売り切れたから既刊並べてあったんだけど
さりげなく村上龍も並べてあってワロタわ


16 名前: 白黒(西日本)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:32:37.57 ID:uavosgZw0
龍は駄作を乱発するからな
しかしたまにいいのがあるのが困る



17 名前: バーマン(dion軍)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 01:32:59.21 ID:GNHNKnGz0 [1/2]
村上春樹ってそんなすごいの?
芥川龍之介とか安倍公房レベル?


19 名前: 白(三重県)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:36:40.46 ID:mREgAJaz0 [2/5]
>>17
フィッツジェラルドみたく合わない人にはとことん合わない感じ


22 名前: リビアヤマネコ(東日本)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 01:39:55.70 ID:HF9XuZzC0
龍の昔のエッセイが好きだな
今、南の島でこれを書いてます。女はパーだ!男は消耗品だ!
じゃあロブスター食ってから泳ぎにいってきま~す
みたいなやつ
楽しそうな時代だなと…
もうああいう文章は書いてくれないんだろうか




すべての男は消耗品である (集英社文庫)すべての男は消耗品である (集英社文庫)
(1993/09/17)
村上 龍

商品詳細を見る



34 名前: ウンピョウ(岐阜県)[] 投稿日:2013/04/18(木) 01:56:20.97 ID:4naeiqa90
>>22
春樹と真逆のエッセイだな


54 名前: セルカークレックス(大阪府)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 03:15:05.29 ID:WV5SFPye0
春樹の「1Q84」はBook3の脇役がメインに昇格するところが面白い
「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」みたいな面白さ

龍の「半島を出でよ」はリアリティある描写が作家ってやっぱりすごいなって思ったし
はみご少年たちのアウトサイダーの倫理が生ぬるい日本の社会批判になってて痛快だし



半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)
(2007/08)
村上 龍

商品詳細を見る



55 名前: スナネコ(東京都)[] 投稿日:2013/04/18(木) 03:15:05.45 ID:1Kb9EGUu0 [1/2]
インザミソスープ
愛と幻想のファシズム
69
半島を出よ
コインロッカーベイビーズ


この辺はよい
特に味噌汁は面白かった


101 名前: 白(三重県)[] 投稿日:2013/04/18(木) 14:31:37.05 ID:mREgAJaz0 [3/5]
>>55
イン・ザ・ミソスープは前半のバッティングセンターあたりまでだとものすごい作品だなとオモタ
リアルで吐き気がしたもん
その後俗物っぽい流れになってテンション落ちたけどトータルでは面白いね


64 名前: ギコ(埼玉県)[] 投稿日:2013/04/18(木) 04:25:57.95 ID:7TymvbQw0
近代文学っていうフォーマットで言うと日本では坪内逍遥以降ずっと輸入文化だった
初めて輸出する側になった書き手が村上春樹
日本から初めて生まれた世界文学を日本の批評家や文学通が憎悪し嫌悪するという構図がすごく興味深い


67 名前: トラ(北海道)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 04:52:00.36 ID:bG7tIA2aT [1/2]
村上春樹が初めて…?
安倍公房とかは違うのか?


72 名前: 黒トラ(庭)[] 投稿日:2013/04/18(木) 08:14:53.63 ID:3eCYDgRL0
村上隆
村上春樹
村上龍
ここらへんたまに混同するよな


75 名前: ラガマフィン(東日本)[] 投稿日:2013/04/18(木) 08:20:17.93 ID:pQ2ppV7T0 [2/2]
>>72
しねーよ。全然べつもんじゃねえか。


90 名前: ヨーロッパヤマネコ(関東・甲信越)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 09:38:53.94 ID:7DUYhNvNO
本人同士は仲良いらしいのが意外。


95 名前: 茶トラ(石川県)[sage] 投稿日:2013/04/18(木) 10:04:58.88 ID:kvtzhf0y0
>>90
両方ともアメリカからの影響が強くて音楽などは趣味趣向が似てる。
ただ影響を受けた文学はかなり違うという。龍はブローティガンなんて
興味ないけど、春樹にとっては重要な作家。






元スレURL:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1366215131/
関連記事


[ 2013/05/22 22:36 ] その他文学 | TB(0) | CM(5)
龍はあの糞みたいなエッセイさえ無ければここまで春樹と差をつけられることもなかったと思う
[ 2013/05/22 23:42 ] [ 編集 ]
龍の作品は「限りなく透明に近いブルー」しか読んだことないな

とりあえず村上龍が自分の経験を元にしたリアリティを書かざるを得なかったのに対して、村上春樹は必ずしも自分の経験に依拠しない形でリアリティーを演出してきたという点に、両者における顕著な差異があるんだと思う
[ 2013/05/23 01:16 ] [ 編集 ]
コインロッカーベイビーズの映画はいつ上映するんだ
[ 2013/05/23 01:24 ] [ 編集 ]
※2
龍も私小説的な作品は少ないし、「限りなく~」「69」「村上龍○○小説集」を含めて数えるほどしかない
もちろん春樹の方が圧倒的にフィクションだが、龍のピークは「コインロッカー・ベイビーズ」「5分後の世界」なんかを書いてた時期で、ほとんどSF作家に近い
龍と春樹は社会とコミットする方法が違って、龍の方が説教じみたオジン臭いところがある
まあ、ここらへんの世代は高橋源一郎やら橋本治やら、やたら社会を語る作家が多いから、春樹が変わってるだけかもしらんが
[ 2013/05/23 05:04 ] [ 編集 ]
全共闘嫌いだしね。村上春樹は。
[ 2013/05/24 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ