ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小説でも、ラノベでもない新ジャンル『幻視ノベル』ができたぞー(^q^)ノ  

1 名前: ウンピョウ(WiMAX)[] 投稿日:2013/04/23(火) 14:44:18.25 ID:UY8r7isW0 ?PLT(12001) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/anime_charhan01.gif
 女子もはまるアクション、男子も涙する純愛。エンターテインメント小説『FALLEN 青い泪のベリル』(堀 修夢/Parade books)は
“幻視ノベル”として制作された。

 言葉には(特に日本語には)映像にはない魅力がある。映像のイメージは一方通行だが、小説なら、
主人公やヒロインは読み手の好みに百パーセント変化を遂げ、空想力を大いに刺激することができる。

 この作品が持つ魅力は、その空想力への刺激だろう。娯楽感溢れるアクションとラブストーリー。社会派ドラマに巧みに組みこまれたSF要素。
そして、これらをひとつの物語として紡ぐため、詩が散りばめられている。全編を通じ読むというより体感的で、文字は光と色をたたえ、
やがて幻視風景が心に投影されていく。

 この作品のタイトルにもある「青いベリル」とはアクアマリンのこと。色とりどりの“青”がストーリー全体に現れ、登場人物のその時の気分や
状況を表現する重要な意味を持っているという。こういったミステリアスな仕掛けが作品への没入感を生み出すと、ネットを中心に本好きの間でも話題に
なっているのだ。気になる方は、アマゾン等のネット書店で10ページほど立ち読みできるようになっているので、ぜひ“幻視ノベル”の世界をのぞいてみてほしい。



http://ddnavi.com/feature/106920/



FALLEN 青い泪のベリル (Parade books)FALLEN 青い泪のベリル (Parade books)
(2010/09/01)
堀 修夢

商品詳細を見る




4 名前: マーブルキャット(兵庫県)[] 投稿日:2013/04/23(火) 14:48:26.85 ID:QOeHTTdY0
>女子もはまるアクション、男子も涙する純愛。

八方美人は男には受けないって
ていうか一般的な男子は小説にアクションを期待してるのかよ


5 名前: ターキッシュアンゴラ(内モンゴル自治区)[] 投稿日:2013/04/23(火) 14:52:40.93 ID:zf+IDF6RO
つか、女もはまるアクション、男もはまる純愛って謳い文句だけで読む気がしない


6 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:8) (茸)[] 投稿日:2013/04/23(火) 15:33:25.10 ID:h/X62l1S0
萌え豚ですが原始ノベルという言葉がすでに疑問


7 名前: メインクーン(芋)[] 投稿日:2013/04/23(火) 15:34:00.48 ID:TA8NWWg30
>全編を通じ読むというより体感的で、文字は光と色をたたえ、やがて幻視風景が心に投影されていく。

うわああうぜえええ


8 名前: イエネコ(関東・甲信越)[] 投稿日:2013/04/23(火) 15:35:20.74 ID:mMJ06L8HO
小栗虫太郎とか泉鏡花とか違うの?


10 名前: パンパスネコ(西日本)[] 投稿日:2013/04/23(火) 15:55:10.22 ID:XI7+Qg9DO
>主人公やヒロインは読み手の好みに百パーセント変化を遂げ

キャラ崩壊しすぎじゃね?
どんなニャルラトホテプだよ


11 名前: マーゲイ(内モンゴル自治区)[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 16:04:23.68 ID:kFGGsPTpO
説明からだと勘違いした作者よく書く感じのいわゆる雰囲気作品というやつなのかなとしか


12 名前: ハイイロネコ(dion軍)[] 投稿日:2013/04/23(火) 16:27:16.13 ID:t5xKhPKX0
要するにラノベでしょw


13 名前: ヒマラヤン(茸)[sage] 投稿日:2013/04/23(火) 16:32:27.88 ID:c61HIRdX0
ヴァージニア・ウルフの小説みたいな感じか?
あれも散文的すぎて読んでて頭痛くなってくる


14 名前: 斑(東京都)[] 投稿日:2013/04/23(火) 16:49:17.16 ID:Ml3H0EPv0

地に迷い込み光を見失った二人が探し求めるもの……
それは、自身を愛し、人を愛し、そして自分も愛されることだった――。

 二〇〇五年、東京。疎外の連鎖が広がる街で孤独な心が二つ、ひっそりと時を重ねた。伊達義人、二十一歳、特殊能力を持つ姿なき暗殺者。
 杉田瞳、二十二歳、一度しか寝ない幸運をもたらす高級娼婦。他者との接点を持たず闇の世界で生きていた二人は、娼婦とその客として出会った。
 孤独で空虚な二人は愛情を互いの中に見つけ、心を探し始める。
 だが、愛を求めるには男の闇は深すぎた。諜報世界にとって彼の存在は、排除されるべき危険な人物であると同時に、最も手に入れたい道具である。
 日米に横たわる政治戦略の中、冷酷な銃弾が交差する。




……邪気眼とクソビッチのラブストーリーだそうでwwww






元スレURL:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1366695858/
関連記事


[ 2013/05/01 18:47 ] 書籍全般 | TB(0) | CM(9)
エンターテイメント小説と書いてあるのに小説ではないとはこれ如何に。
[ 2013/05/01 19:12 ] [ 編集 ]
立ちよみ読んでみたが、まあ、うん。全体的に痛い
文章力はあるんだが、語彙の選択にこう、ねw
設定の古臭さとマッチしてすごいことに……
[ 2013/05/01 19:27 ] [ 編集 ]
数ページの試し読みを読んだだけでも擬音語が多いし、三点リーダも無駄に使いすぎ
これはただのラノベだな
[ 2013/05/01 19:29 ] [ 編集 ]
konozamaにステマみたいな★5つレビューが2つついてるなw
書き方がほとんど一緒とかばればれすぎてわろた
[ 2013/05/01 19:33 ] [ 編集 ]
不良在庫のゴミ本がそろそろ裁断されちゃいそうだから
工作活動してるわけだな
[ 2013/05/01 19:37 ] [ 編集 ]
俺が赤いと言ったらそれさえ紅いんだ、知らなかった、のか?
[ 2013/05/01 20:18 ] [ 編集 ]
よほどお堅いものでもない限り全てラノベ扱いの世の中だからな
[ 2013/05/01 20:23 ] [ 編集 ]
冲方のデビュー作に近いものを感じた
[ 2013/05/02 02:24 ] [ 編集 ]
新堂冬樹っぽい
[ 2013/05/02 21:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。