ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

芥川賞作家・綿矢りさ(29)が恋愛経験を語る 好きな人に振り向いてもらえず周りが見えなくなって空回り  

1 名前: ライオン(愛知県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 16:53:28.99 ID:p6SMRpPA0 [1/7]● ?PLT(12001) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/kuri1.gif
美人芥川賞作家・綿矢りさが“こじらせ系作家”に変身中?

美人芥川賞作家・綿矢りさが、長年のスランプから空回りの恋愛体験、前田敦子論まで語り尽くす!芥川賞を史上最年少19歳で
受賞したのが2004年。あれから約10年、綿矢りさが若手美人作家のイメージを自ら否定するような、負け女感漂う“こじらせ系作家”に
大化けしていた? 男子も共感必至の“非リア充”な物語の秘密から、イタすぎる恋愛経験まで、本人を緊急直撃!

(略)

■こじらせてますね。恋愛は常に煮え切ってる

―『勝手にふるえてろ』は26歳で処女、元オタクのOLが主人公ですよね。設定もそうですけど、中学校のときの初恋相手を
いまだに脳内で思い続けてたり、告白された会社の同期との関係を一方的に思い詰めた挙句、偽装妊娠を理由に休職しようとしたり、
そのイタすぎる言動にこう…… 他人事(ひとごと)じゃないというか、すごくシンパシーを抱いちゃったんですよ。

綿矢 意外なところで性差を超えた共感が(笑)。自意識過剰な乙女オタクって、男の人に一番嫌われるんじゃないかって
思ったりしてたんで、すごくうれしいです。

―根は通じてる気がするんで。

綿矢 この本には自分の情けない部分がいっぱい入ってて。私自身が相当イタいから、なんていうか、天然のイタさがこもってる感じ。

―天然のイタさ……それ、もうちょっと詳しく聞いていいですか。えーっと、例えば物語の中で、主人公が告白された同期から
“どうすればもっと君のことを理解できるか?”みたいな質問をされるシーンあるじゃないですか?

綿矢 はい(笑)。

(>>2以降に続く)
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130419-00000366-playboyz-soci



勝手にふるえてろ (文春文庫)勝手にふるえてろ (文春文庫)
(2012/08/03)
綿矢 りさ

商品詳細を見る



2 名前: ライオン(愛知県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 16:54:01.95 ID:p6SMRpPA0 [2/7]
>>1の続き

―で、それに対する答えが「アニメイトに2時間」っていう(笑)。あれとか、綿矢さん自身と重なる部分があったりするんですか?

綿矢 私はアニメイトに2時間はツラい(笑)。でも気持ち的にはわかる部分もあるというか……いや、「全然わかってないよ!」って
言われたら申し訳ないんですけど、パソコンの画面にアニメのキャラを映してクリスマスケーキを一緒に食べて過ごすみたいなのが
前にはやったとき、私自身はやらないけど、気持ちはすごく理解できた。わかりますかね。

―どうだろう……。そのあたりの話って、綿矢さんの周りに理解者はいらっしゃるんですかね。

綿矢 友達は、私に優しいんです(笑)。でも、例えば、ホラー映画の話になっちゃうんですけど、『ゾンビ』がすごく好きなんですね。
それで私がなぜ、どういう意味で『ゾンビ』が好きかみたいなのを勝手にひとりで話し始めたりすることがあって。

―はい(笑)。

綿矢 そういうときは「ゴメン、何言ってるのか全然わかれへん」みたいな、「正直ついていけへん」感が漂うことはあるかな。
でも私、話すと説得力ないんですけど、文章にすると意外とちゃんと伝えられるんです。発信の仕方が文章でよかったなと、つくづく……。

―それって恋愛に関しても同じ感じですか?

綿矢 こじらせてますね(笑)。『勝手に…』の主人公と同じで、私も好きになった人に振り向いてもらえることが少なくて。
好きになると周りが見えないぐらいガーッといって、告白もしないうちに空回りしてばっかりだったんで。恋愛は常に私だけ煮え切ってる。
それはもう、断言できるんですけど。

―言われてみると、綿矢さんの小説も「私だけが彼のこんな魅力を知ってる」とか「彼は誤解されがちだけど実はあんな人だ」とか、
主人公の妄想がこじれて痛い目に遭うっていう展開が多いなって。

綿矢 そういうのばっかりですよね。激しすぎる思い込みだって自分でもちょっとは気づいてるけど、どうしてもそこから逃げられない
みたいな展開は、共通してあるかもしれない。(テーブルの上の全著作を見渡して)ずら~っと並んでるのがみんな一貫してるなあと思うと、
これは偶然じゃなくて自分の中にある問題なんだって、認めざるを得ないです(笑)。


4 名前: ライオン(愛知県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 16:54:33.09 ID:p6SMRpPA0 [3/7]
>>2の続き

―「自分のことを好きな人は嫌い」みたいな描写もありますけど。

綿矢 私自身はそれはないつもりでいるんですけどね。つれない感じが好きとか、自分のことを嫌いな人を振り向かせるのが
好きとまでは思えない……それはホンマにツラい……はず。

―そうすると、綿矢さんの好きなタイプって具体的にいうと?

綿矢 自分の考えていることを口で言えたり、わかりやすい態度で表現できる人がいいですね。沈んでるように見えて実はうれしいとか、
うれしいように振る舞ってるけど本当は傷ついてるとか、そういう人って深遠で魅力的ではあるけど、手間を惜しまず、
大切なときにちゃんと言える人が好き。

―それ、ないものねだり的な部分もあるんじゃないですか(笑)。

綿矢 確かに私は本当に傷ついてるときも「別に……」みたいになっちゃいますからね。気持ちを言えない。だから煮詰まっちゃうのか。

―じゃあ、見た目は?

綿矢 なんやろ、目は見ますね。目が好きなタイプかどうかで決まるかな。形とかじゃなくて、目って脳みそとつながってるじゃないですか。
だから、個性は目に出るかなあと思う。意志がハンパなく強いギラギラした目と、笑ってるのにどっか怯えてるような怖がってる目、
その両方が好きですね。

―怯える瞳……ですか。

綿矢 怖がってる目ってよく人を見てるじゃないですか。「やっべ、こえぇ、どうしよう」とか思いながら、他者を受け入れようとして
震えてる瞳って、なんかこう、いいじゃないですか。でも、やっぱり私の思い込みを乗せやすいのが、目なんでしょうね。

(記事を抜粋しました)


20130423.jpg



8 名前: スナドリネコ(千葉県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 16:57:10.12 ID:Sx5EIjPk0
芥川賞、直木賞はもはや色物の集まり
読む価値無し


26 名前: ベンガルヤマネコ(やわらか銀行)[] 投稿日:2013/04/19(金) 17:46:13.09 ID:Yz5hJDHL0
>>8
受賞者:美人、外人、イケメン、貧乏、不潔、年寄り、若手、ビッチ、七光り、ロリコン

芥賞っていろんな作家要素を使い切ってるから、そろそろ作品本位になるかもしれんw


18 名前: アジアゴールデンキャット(福島県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 17:07:22.88 ID:KfSuAx0m0
タレントじゃあるまいし、キャラ作りが迷走しててワロタ


32 名前: アメリカンワイヤーヘア(東京都)[] 投稿日:2013/04/19(金) 18:28:46.14 ID:e9mrNFto0
△好きな人に振り向いてもらえず周りが見えなくなって空回り

○好きな人に振り向いてもらえず周りが見えなくなって空回りしてる自分に酔っている


39 名前: ジョフロイネコ(茨城県)[] 投稿日:2013/04/19(金) 21:41:08.85 ID:7NEX/Ewt0
もう29か


40 名前: リビアヤマネコ(千葉県)[sage] 投稿日:2013/04/19(金) 21:42:05.74 ID:diCWyQHm0
何、最近はオタクに媚びはじめてるの?


41 名前: ヤマネコ(関東地方)[] 投稿日:2013/04/19(金) 21:43:54.20 ID:W3aDzASPO [2/2]
>>40
インストールも蹴りたい背中も、オタク指向だったよ
女版春樹と言えば過言だが、そんなかんじ


59 名前: ボルネオヤマネコ(大阪府)[sage] 投稿日:2013/04/20(土) 10:04:43.14 ID:WP8bUjxY0
たしか10年くらい経ってるよな芥川賞取ってから。
芥川賞って新人の登竜門みたいなイメージだけど
10年たって芥川賞作家って肩書きでニュース出てくるのはマスコミ舐めすぎ


61 名前: アムールヤマネコ(やわらか銀行)[] 投稿日:2013/04/20(土) 18:30:37.21 ID:ZE9/+AFv0
>>59
ほんとそうだよね。昔より現在が重要なのに。
でもだからこそ純文小説とか文学ってのが廃れてるんだと思うよ。

肩書きばっかでヘイコラするより、作品の中身をまともに評価しないんだもん。
春樹の本だってやたらと褒めるしさ。






元スレURL:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1366358008/
関連記事


[ 2013/04/23 06:28 ] その他文学 | TB(0) | CM(11)
別に芥川賞作家って肩書きで売ってるんじゃなくて
単に「あの人は今」的な扱いなんだろ言わせんなよwwwwww
[ 2013/04/23 06:53 ] [ 編集 ]
最年少で芥川賞を取った美人作家
なんだかんだで注目され続けてる存在
芸能人ではない本業が作家の美人は貴重だからな
[ 2013/04/23 07:08 ] [ 編集 ]
「インストール」の人だっけ?あれはクソだった。
いや、評価した当時の審査員がゴミなんだよな。
初出版のレベルがその人の最高峰って事多いよね。
まさに、ゆとり文学
[ 2013/04/23 07:50 ] [ 編集 ]
画像にはなんかがっかりしたけど…
みんな本当に最近の作品読んでるの?
結構おもしろかったよ。
[ 2013/04/23 08:26 ] [ 編集 ]
仮に「蹴りたい背中」を書いたのが綿矢りさではなく
ブサイク作家の山崎ナオコーラあたりが書いたら
きっと芥川賞は取れなかっただろうな

ちなみに山崎は芥川賞候補が限界
[ 2013/04/23 08:32 ] [ 編集 ]
作家なのか事務所なのか出版社なのか知らないが,売るために必死になっている実例.
別に文学が高尚なものである必要はないけど,大量消費の商品として宣伝業界にいいように安売りされた結果が,今の「現代日本文学」の低級さを物語ってる.
学問教育や文学芸術に金も手間も掛けず,人を育てず,ただ売れた物を良しとすることをやっているからなぁ.もっと酷くなって行くだろうな.
[ 2013/04/23 09:54 ] [ 編集 ]
嫉妬に塗れてんな
[ 2013/04/23 12:34 ] [ 編集 ]
女作家の小説ってなんでつまらないんだろう。

ミステリーにしても恋愛小説にしても。読めるのは児童文学くらいか。
[ 2013/04/23 16:20 ] [ 編集 ]
AVでぎりスルーするレベル
小学校の司書にいそう
[ 2013/04/23 16:22 ] [ 編集 ]
みんな自分の感性が一番だと思いたいんだな
むなし
[ 2013/06/08 03:10 ] [ 編集 ]
AVだったら3枚買います
[ 2013/06/15 03:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。