ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

そういえば南北朝扱ったラノベってないな  

615 名前:イラストに騙された名無しさん[sega] 投稿日:2013/02/06(水) 22:48:17.44 ID:wSwCsNPG
そういえば南北朝扱ったラノベってないな



618 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/06(水) 23:34:33.01 ID:09vjEVhA [2/2]
南北朝は朝廷の黒歴史だから知名度低いのよ


619 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/06(水) 23:34:54.32 ID:MAMiV79x [3/3]
>>615
司馬遼太郎が生前「あの時代はツマンネ」って叩き切っちゃったそうだからな。
それも含めて、ラノベに流れ込む源流になるような南北朝風聞に
素材として面白いものがサッパリ無いのは痛いな


620 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/06(水) 23:39:21.48 ID:j2TBrS0Y [2/2]
太平記さんが泣いている…


624 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/07(木) 00:15:06.77 ID:WsFm7f0h
>>615
スメラギガタリは?
続き出るのか知らんけど




スメラギガタリ―新皇復活篇 (メディアワークス文庫)スメラギガタリ―新皇復活篇 (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
宇野 朴人

商品詳細を見る



625 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/07(木) 00:21:10.65 ID:G1gQw6U/ [1/2]
司馬大先生にたてつくわけじゃないが、南北朝はけっしてつまらないわけではないんだ
面白いネタはいっぱいある
が、天皇関係でうかつな描写すると左右両方がうるさくて面倒(後醍醐天皇は乱交パーティー
みたいなことをしながら倒幕計画を進めていたが、戦前には小説等でそんな描写をするのは
ほぼ不可能だった)なのと、いろんな武将があっちについたりこっちについたりがめまぐるしくて
意外にややこしい(北朝を建てた張本人の足利尊氏が南朝側にすりよったこともある)ため、
歴史作家や、歴史ドラマ関係者たちから割と敬遠されてきた
NHK大河ドラマでこの時代を扱ったのは「太平記」たった1作だけだ(戦国時代、幕末維新、
忠臣蔵なんかはたくさんあるのに)し、その「太平記」でも後醍醐は威厳のある天皇としてしか
描かれず、乱交パーティーの場面とかはなかった
先行する歴史小説、ドラマ、映画等の作品があまりないのだから、若いラノベ作家やマンガ家も
よほどの歴史好きでないとこの時代をよく知らないのも無理はないと思うよ


626 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/07(木) 00:34:23.28 ID:pCc13YBS
南北朝は「昨日までの親友がいきなり敵になる」ってバカ一をやりやすい時代ではあるなw
幼馴染がばったり戦場で再会して泣きながら殺しあうアレだよw


628 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/02/07(木) 01:16:58.17 ID:gn8J4TRM [1/2]
立川流も流行してたし
太平記だと崇徳上皇が首座について怨霊達と大会議
とかオカルト系にもネタは事欠かないはずなんだけどな






元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1358999916/
関連記事


[ 2013/04/18 20:31 ] ライトノベル | TB(0) | CM(12)
昔コバルトにあったような……ラノベではなく少女小説の部類になるかもしれないけど。
[ 2013/04/18 20:55 ] [ 編集 ]
北方謙三が色々かいてるじゃん
北畠顕家なんて格好良くて、ラノベいけんじゃね?
二十歳そこそこで戦死するけど
[ 2013/04/18 20:58 ] [ 編集 ]
くじ引き将軍とかめっちゃ面白そうなんだけどな
[ 2013/04/18 21:28 ] [ 編集 ]
ラノベじゃ無くてもツマンネー題材だろ。
[ 2013/04/18 21:32 ] [ 編集 ]
漫画だけど木原敏江が何本か短編描いてるね
[ 2013/04/18 21:34 ] [ 編集 ]
そんな貴方には「装甲悪鬼村正妖甲秘聞」をオススメします(暗黒微笑)
[ 2013/04/18 21:49 ] [ 編集 ]
ラノベどころか歴史小説でも南北朝ものは少ないと思う
山田風太郎の「婆沙羅」は面白いからおすすめ
[ 2013/04/18 22:18 ] [ 編集 ]
別に南北朝以外でもラノベで扱われてない時代はあると思うが
[ 2013/04/18 22:25 ] [ 編集 ]
日本史学(学会)にとっての南北正閏論は
法学(学会)にとっての天皇機関説と同じ
いまだに冷静ではいられないんでしょ
[ 2013/04/18 22:54 ] [ 編集 ]
戦国BASARAみたいな描写に混じえてやるしかねーのかな

直接じゃないが、装甲悪鬼村正は南北朝の騒乱が話の根っこにあって過去編で出てくる。
ただ日本そのものじゃなくてちょっと別の歴史になってるけどな…って書いてたら上にあった
[ 2013/04/19 01:42 ] [ 編集 ]
なんとなく守り人シリーズが朝鮮っぽさ出してたような気がする
中国っぽさや日本っぽさもあるけど
[ 2013/04/19 19:35 ] [ 編集 ]
まあ天皇家がどうこうという以上に、「新しい時代を創る!」って人間がいないのが致命的
みな、自分の勢力を伸ばしたい、っていうだけで
頼朝とか信長とか龍馬みたいなのがいない

義経みたいな悲劇の貴公子もいないしね
みんなやばくなると寝返っちゃう
ほんと、顕家ぐらいしかラノベの主人公たりうるキャラがいない

[ 2013/04/19 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。