ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西村寿行ってなんであんなにエロいの?  

1 名前: スコティッシュフォールド(秋田県)[sage] 投稿日:2013/03/19(火) 23:35:28.11 ID:zHBOBmzL0 ?PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/anime_matanki02.gif
本日3月19日に発売された月刊チャンピオンRED5月号(秋田書店)にて、西村寿行の小説「往きてまた還らず」を野口賢がコミカライズする新連載「ウルトラ・レッド」がスタートした。

「ウルトラ・レッド」は、新宿で発生した大規模テロに公安部隊が立ち向かうアクション。第1話では主人公・伊能が新宿で姉と会う約束をしている中、爆破テロが起きる様子が描かれている。

なお4月19日発売の月刊チャンピオンRED6月号からは、サイバーエージェントのiOS向けアプリ「先生!次はバトルの時間です。」の
コミカライズ連載が開幕。森田繁脚本のもと、前川かずおがマンガ化を手がける。

http://news.mynavi.jp/news/2013/03/19/255/index.html



往きてまた還らず(上・下合冊版)往きてまた還らず(上・下合冊版)
(2006/04/20)
西村 寿行

商品詳細を見る




2 名前: 茶トラ(大阪府)[] 投稿日:2013/03/19(火) 23:38:48.19 ID:DwAuPyUm0
あと菊地秀行とかな


6 名前: ボルネオウンピョウ(茸)[] 投稿日:2013/03/19(火) 23:47:36.19 ID:JyFI0Apu0
新里見八犬伝とか宇宙皇子とかと同世代か?なんかあのころはノベルズばっか読んでたわ


18 名前: リビアヤマネコ(チベット自治区)[] 投稿日:2013/03/20(水) 04:57:03.61 ID:H4epyPFC0 [1/2]
最近書店に置いてないよな


20 名前: クロアシネコ(岐阜県)[] 投稿日:2013/03/20(水) 05:08:43.69 ID:ap7sj8o40
滅びの笛をハリウッドで映画化してほしい


滅びの笛 (角川文庫 緑 407-23)


21 名前: ノルウェージャンフォレストキャット (関西・東海)[] 投稿日:2013/03/20(水) 05:11:26.83 ID:vFMW65ml0
今日はじめて名前知った
面白い?


27 名前: バーミーズ(広島県)[] 投稿日:2013/03/20(水) 05:51:12.00 ID:1KW/FlI80 [1/2]
>>21
wikiより
断定調の短いセンテンスを多用する文体は、格調高く、重厚、叙事詩的であるとともに、
人物の決断力を際立たせ、ストーリー展開のスピード感をもたらす効果があり、
初期の夢枕獏など多くの作家に影響を与えた。


赤川次郎なみにすいすい読めるよ


37 名前: ヒョウ(西日本)[] 投稿日:2013/03/20(水) 06:59:17.93 ID:4sTOA+Df0 [1/4]
>>21
時代モノとはいえ、まぁまぁ面白い
パニック小説はエロが邪魔なくらい安定してる
けど西村寿行はエロいと言うより交尾描写だよなw



26 名前: ベンガル(神奈川県)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 05:51:08.45 ID:OcGWbB8Z0 [1/2]
老人と狩りをしない猟犬とか言うのが好き。
本人が恥ずかしいとか前書きに書いてたが。
これを読むとネズミシリーズも峠シリーズも判る。
無頼船シリーズと日輪シリーズが好きだけど。


老人と狩りをしない猟犬物語 (角川文庫 (5605))


28 名前: スコティッシュフォールド(福岡県)[] 投稿日:2013/03/20(水) 05:56:34.82 ID:jaYQfJcy0
無頼船も好きだし鯱シリーズも好き

一番好きなのは地獄
ユーモアたっぷりの地獄は面白かった


地獄 (上) (徳間文庫)


35 名前: ブリティッシュショートヘア(関東・甲信越)[] 投稿日:2013/03/20(水) 06:31:00.46 ID:Aw3KI2gNO
この人の作品はほとんど読んだ俺のオススメは、晩年になってエロさが抜けてSFっぽくなってからの「デビルズアイランド」「呪医」「深い眸」あたりかな…

全盛期の作品だと「鉛の法廷」かな。葬式に某宗教団体から祝電が届きそうな内容です(笑)
ちゃんとエロも入っているし、自衛隊も大活躍します。
但し、入手が難しいかもしれない。
私はブックオフで見つけたけど、それ一回きりしか見たこと無い。
国会図書館には有るだろうけど…
今後の電子書籍化に期待するしかないかも。


鉛の法廷 (角川文庫)


36 名前: カラカル(大阪府)[] 投稿日:2013/03/20(水) 06:33:45.59 ID:ZpLV9gJi0
自分がセガールになってテロリストを倒す妄想をみんなも毎日してると思うが
どうせそういうストーリーなんでしょ


39 名前: バリニーズ(やわらか銀行)[] 投稿日:2013/03/20(水) 07:14:39.37 ID:82fwHZVS0
>>36
時々、負けて掘られる


41 名前: ヒョウ(西日本)[] 投稿日:2013/03/20(水) 07:21:14.62 ID:4sTOA+Df0 [2/4]
>>39
あったねw
あと動物書くときは賢者モードだよな


55 名前: アジアゴールデンキャット(東京都)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 10:41:46.39 ID:tmLDUrWf0
「滅びの笛」と「魔の牙」が面白かった。
両方とも動物(鼠・狼)が人間に狂気の闘いを挑む話。
人間よ驕るなかれという西村のメッセージが轟いていたな。



魔の牙 (徳間文庫)魔の牙 (徳間文庫)
(2007/12/07)
西村 寿行

商品詳細を見る



56 名前: ヒマラヤン(関西・東海)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 10:42:21.59 ID:F1GiDhdrO [1/3]
蒼亡の大地滅ぶや滅びの宴などイカれたストーリーを作ったのが西村寿行


61 名前: ヒマラヤン(関西・東海)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 11:18:32.00 ID:F1GiDhdrO [2/3]
鯱シリーズも凄かったな
ロシアの女スパイ捕まえてきて無人島にハーレム作ってるとか
思念で飼い慣らしてるとか
主人公達がスーパーマン過ぎるが



白い鯱 (講談社文庫)白い鯱 (講談社文庫)
(1982/10)
西村 寿行

商品詳細を見る



65 名前: ジャガー(福島県)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 12:14:39.30 ID:0/S57MIB0
ヘリコプターをヘリコと書く人
ロシア人を露助と書く人



68 名前: サイベリアン(庭)[sage] 投稿日:2013/03/20(水) 13:01:45.72 ID:3eNsnV4t0 [2/2]
>>65
テロをテロルとも書いてた。


91 名前: スペインオオヤマネコ(東日本)[] 投稿日:2013/03/21(木) 00:19:23.02 ID:4qSCickc0
後半の質の低下が著しかったなあ 初期の頃に傑作があっただけに
悲しかった


93 名前: シャム(大阪府)[sage] 投稿日:2013/03/21(木) 09:59:53.10 ID:ZKBOZCtZ0
>>91
エンタメ系作家で死ぬまで劣化しなかったのは山田風太郎ぐらいではないかと・・






元スレURL:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363703728/
関連記事


[ 2013/04/01 22:40 ] その他文学 | TB(0) | CM(2)
晩年になると「おとこさま!」の境地に達しちゃってたからなあ
[ 2013/04/02 00:34 ] [ 編集 ]
「黄金の犬」はテレビドラマ版のイメージで原作をパラ見したらエロエロでびっくりした。
でもドラマ版のヒロインのような女の子がエロエロなことになってるのかと思ったら人妻だったから少しがっかりしたw
[ 2013/04/02 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。