ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

動物の視点にたった小説で、描写が巧みで面白いもの  

816 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/07/21(土) 16:33:09.85
動物の視点にたった小説で、描写が巧みで面白いものって御存知ですか?
『シートン動物記』、オーウェルの『動物農場』なんかはとても楽しめました。
ドリトル先生シリーズ、ガンバの冒険シリーズも傑作だと思います。
ポール・ギャリコも好物です。
とまあ、こういう毛色の作品を探しています。

日本人作家の手によるもので、動物視点に立ち、自然描写が巧みならなおよし。




シートン動物記(1) (講談社青い鳥文庫 (97‐1))シートン動物記(1) (講談社青い鳥文庫 (97‐1))
(1985/07/10)
アーネスト・トムソン・シートン

商品詳細を見る




817 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/07/21(土) 16:34:34.97
キプリングのジャングル・ブックはちょっとちがうかな



ジャングル・ブック―オオカミ少年モウグリの物語〈第1部〉 (偕成社文庫)ジャングル・ブック―オオカミ少年モウグリの物語〈第1部〉 (偕成社文庫)
(1990/08)
ジョセフ・ラドヤード・キップリング

商品詳細を見る



818 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/07/21(土) 16:41:55.97
>>816
万城目学「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」
半分は子供目線だけどね。



かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫)
(2013/01/25)
万城目 学

商品詳細を見る



820 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/07/21(土) 20:59:39.57
>>816
我輩は猫である
はどうかな?



吾輩は猫である (新潮文庫)吾輩は猫である (新潮文庫)
(2003/06)
夏目 漱石

商品詳細を見る



821 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/07/21(土) 23:29:18.23
>>816
松浦寿輝「川の光」
上野瞭「ひげよ、さらば」



川の光川の光
(2007/07)
松浦 寿輝

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1323341804/
関連記事


[ 2013/03/24 18:44 ] その他文学 | TB(0) | CM(9)
名犬チェットと探偵バーニーのシリーズ 東京創元社 
[ 2013/03/24 19:46 ] [ 編集 ]
ベルカ吠えないのか?
読んだこと無いけど
[ 2013/03/24 19:53 ] [ 編集 ]
川の光を進めるなら、元ネタの「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」もだな。
「ひげよさらば」は傑作だけど暗いからお勧めし辛い。
[ 2013/03/24 20:07 ] [ 編集 ]
「ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち」いいよな。
イギリスでアニメにしていたがそれもgoodだった。

ネコもので「ジェニィ」もいいぞ。
[ 2013/03/24 21:28 ] [ 編集 ]
椋鳩十
[ 2013/03/24 21:35 ] [ 編集 ]
動物だけの視点じゃないけどポール・オースターの『ティンブクトゥ』
[ 2013/03/24 21:37 ] [ 編集 ]
日本人じゃないが「バンビ」がまさにそんな感じの本だな
童話チックな要素が入っていいなら「たのしい川べ」や「ミス・ビアンカ」
とびっきりのキチガイだと「ルオー君とショヴォー氏のお話集」
あとは名作だと「ピーターラビット」「黒馬物語」「永遠の王」
最近じゃ「レッドウォール物語」とか「予言の子ラノッホ」
「アビー」だとか「シルバーウィング」なんてのもあるかな
よりファンタジーだけど「ムルガーのはるかな旅」も名作だわな
[ 2013/03/25 00:54 ] [ 編集 ]
※2
あれは動物視点というか神の視点かな
[ 2013/03/26 02:08 ] [ 編集 ]
ベルナール・ベルベルの「蟻」はどうだ
[ 2013/04/14 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。