ヘッドライン
ヘッドライン




川端康成の埋もれた最初期の作品を確認…「伊豆の踊子」刊行直後の作品で、初の新聞小説  

1 名前:ケンシロウとユリア百式φ ★[] 投稿日:2013/02/17(日) 09:12:17.22 ID:???0
ノーベル文学賞作家、川端康成が手がけた「新聞小説」で、
研究者の間でもほとんど知られていなかった最初期の作品が確認された。

1927年(昭和2年)4~5月に福岡日日新聞(現・西日本新聞)に連載された「美しい!」は、
川端作品を管理する財団法人「川端康成記念会」が初の新聞小説と認定した作品より
4か月早く発表されていたが、全集には未収録だった。
今回の発掘で川端作品の年譜が塗り替えられることになる。
代表作「伊豆の踊子」刊行直後の27歳当時の作品で、文豪の成長過程を知る貴重な資料と言える。

川端の新聞小説では、これまで同年8月から中外商業新報(現・日本経済新聞)で連載された
「海の火祭(ひまつり)」が初作品とされていた。

「美しい!」は福岡日日の文芸コーナー「月曜附録」に、同年4月11、18、25日、5月2日に
計4回掲載された。400字詰めの原稿用紙に換算して計約20枚の短編だった。

ソース:読売新聞(2013年2月17日03時03分)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130216-OYT1T01159.htm
画像:川端康成の連載「美しい!」を収録した福岡日日新聞の当時の紙面のコピー。
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20130216-477424-1-L.jpg



4 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 09:15:58.84 ID:GKHs9CCx0
この當時の小説等は舊字體歴史的假名遣ひで讀みたい


10 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 09:23:12.95 ID:YrOeWiHZ0 [1/2]
初期の川端はロリ文学として至高


19 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/02/17(日) 10:00:09.84 ID:YrgIOdz30
>>10
タイトル忘れたけど「掌の小説」て短篇集にいいのがあった気がする



掌の小説 (新潮文庫)掌の小説 (新潮文庫)
(1971/03/17)
川端 康成

商品詳細を見る



23 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 10:29:19.40 ID:YrOeWiHZ0 [2/2]
>>19
正統派なら雨傘、
少年少女が乱交する話もあった。


33 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2013/02/17(日) 14:14:33.10 ID:ZDcE6wEl0
未発表には未発表の理由があるんだよ!
死んだあとに出してやんなよ。


36 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2013/02/17(日) 16:42:59.41 ID:XMzWpFgn0
>>33
未発表じゃなくて発表したのにその後全集とか年表に川端自身も入れなかった作品
新聞連載してた作品だから未発表ではないから
よくある未発表作品とケースが全然違ってかなりレアな未「発見」作品、だそうだ


なんでもその後にこれを焼き直したとおもわれる作品があるから
そっちを残してこっちをお蔵入りしたんだろう






元スレURL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1361059937/
関連記事


[ 2013/02/24 09:40 ] その他文学 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ