ヘッドライン
ヘッドライン




何か大きな事件が起こるんじゃなく、ちょとっとした事件を一話ごとに解決していくような短編もしくは連作のミステリ  

695 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 22:08:45.97
何か大きな事件が起こるんじゃなく
ちょとっとした事件を一話ごとに解決していくような短編もしくは連作のミステリで
わりとライトな感じの小説って何かありますか?
東野圭吾のしのぶセンセシリーズや
近藤史恵のモップの精シリーズやタルトタタンの夢等は読みました




モップの精は深夜に現れる (文春文庫)モップの精は深夜に現れる (文春文庫)
(2011/05/10)
近藤 史恵

商品詳細を見る




696 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 22:45:59.88
>>695
そういった小説は「日常の謎」というジャンルに位置づけられています。

北村薫『空飛ぶ馬』
加納朋子『ななつのこ』
米澤穂信『氷菓』

下に行くごとにライトな作風になっていきます。
どれもシリーズものの一作目ですが、勿論一冊だけでも楽しめます。
また、一つ目はこのジャンルを有名にした作品と言われています。



空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)空飛ぶ馬 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
(1994/03)
北村 薫

商品詳細を見る



697 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/06/07(木) 23:49:34.30
>>695
カササギたちの四季 道尾秀介



カササギたちの四季カササギたちの四季
(2011/02/19)
道尾 秀介

商品詳細を見る



698 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2012/06/08(金) 12:23:00.03
>>695
小沼丹「黒いハンカチ」



黒いハンカチ (創元推理文庫)黒いハンカチ (創元推理文庫)
(2003/07)
小沼 丹

商品詳細を見る







元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/books/1323341804/
関連記事


[ 2013/02/20 19:46 ] ミステリ | TB(0) | CM(6)
「黒後家蜘蛛の会」お薦め
翻訳ものだけど読みやすいし毎回意外な結末にビックリする
[ 2013/02/20 21:10 ] [ 編集 ]
小市民シリーズ
ハルチカシリーズ
午前零時のサンドリヨン
どれもライトな感じで
[ 2013/02/20 21:53 ] [ 編集 ]
大崎梢の成風堂書店事件メモシリーズと坂木司の作品かな
[ 2013/02/20 22:12 ] [ 編集 ]
猫丸先輩
[ 2013/02/21 08:32 ] [ 編集 ]
万能鑑定士Qの事件簿
[ 2013/02/21 14:00 ] [ 編集 ]
枚挙に暇がない、とはまさにこのこと
[ 2013/02/21 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ