ヘッドライン
ヘッドライン




【桜庭一樹】初期作品(砂糖菓子~少女には向かない職業)と文芸進出後の作品(赤朽葉家の伝説、私の男)ってどっちの方が人気あるのかな  

308 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/09(火) 03:31:03.28 ID:Jq2G9K/z
私の男の解説で北上次郎が初期作品のライトノベル的作風はついていけないって言ってるけど
初期作品(砂糖菓子~少女には向かない職業)と文芸進出後の作品(赤朽葉家の伝説、私の男)ってどっちの方が人気あるのかな
俺はやっぱり初期作品の方が好きだった




私の男 (文春文庫)私の男 (文春文庫)
(2010/04/09)
桜庭 一樹

商品詳細を見る




309 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/10(水) 16:25:22.48 ID:rbcbIz+3
初期作品も好きだし赤朽葉家の伝説も好き
全部読んだけど、傷跡だけは微妙



赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)赤朽葉家の伝説 (創元推理文庫)
(2010/09/18)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



310 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/10/10(水) 20:49:59.99 ID:R+s6LqnM
赤ピンクから推定少女、砂糖菓子を経て荒野の恋に至るあたりが一番良かったかな

荒野の恋のコミカライズ読んだんだけど漫画版もファミ通文庫版よろしく途中で終わっちゃったのね…



荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)荒野―16歳 恋しらぬ猫のふり (文春文庫)
(2011/03/10)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



319 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/11/10(土) 03:28:26.40 ID:TomQ4CgS
>>308-310
個人的には、赤朽葉家以降の一般作品は、何と言うか…ひとつの小説作品というより、
「読者の予想を裏切るために考えられたエピソード」の「つぎはぎ」って感じがしないでもない。
演奏者が全く異なる4楽章を組み合わせて編集した交響曲のCDみたいな印象。


320 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/11/20(火) 03:51:21.58 ID:blQY6347
>>319
確かに統一感が損なわれている印象も受けます
でも作者がそう書いたのであれば
それもアリかなとも思います
基本なんでもアリの雑食系読者(アサウラ先生の表現は雑食の読書家)
”エンドレスエイト”も”らき☆すた”の実写エンディングも
まぁ、いっか で済ませられる
みたいな


321 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/11/24(土) 01:09:24.43 ID:QjyizY3h
砂糖菓子は倒叙ミステリとして構成が凄かったけど構成に限って言えば他の作品はそうでもない



砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない  A Lollypop or A Bullet (角川文庫)砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)
(2009/02/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る



322 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2012/11/26(月) 02:59:49.59 ID:B45Ix5mg
『砂糖菓子~』は、好意的に見る人は「凄い」と、特にそうでもない人は「あざとい」と思う構成じゃないかなあ。
あざとさや無駄が最も少なくきれいにまとまってるのは、『少女には向かない職業』という気がする。



少女には向かない職業 (創元推理文庫)少女には向かない職業 (創元推理文庫)
(2007/12)
桜庭 一樹

商品詳細を見る








元スレURL:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1313748779/
関連記事


[ 2013/01/08 10:21 ] ライトノベル | TB(0) | CM(6)
俺は少女七竈が好きです
[ 2013/01/08 10:30 ] [ 編集 ]
砂糖菓子から入ったけど私の男は面白かった。赤朽葉も万葉以降竜頭蛇尾という感じはしなくもないけどよかった。少女には向かない職業は砂糖菓子読んだ直後だったので既視感がひどくて今一歩。
[ 2013/01/08 11:07 ] [ 編集 ]
186:イラストに騙された名無しさん
好きって絶望だよね

187:イラストに騙された名無しさん
ドブスの胸に突き刺さるw
[ 2013/01/08 13:45 ] [ 編集 ]
私の男よりファミリーポートレートがよかった。
少女小説とサスペンスの融合がいい。
私の男、あんまり好きじゃない。
倉橋由美子の聖少女をわかりやすくしただけだしあれで受賞してもなあ。
[ 2013/01/08 20:25 ] [ 編集 ]
赤朽葉は終章でミステリーになったのが残念

前二つの時代はよかった
[ 2013/01/08 22:58 ] [ 編集 ]
赤朽葉でなく私の男で受賞させるあたりは直木賞らしいなあと当時は思ったものだ。
[ 2013/01/09 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ