ヘッドライン
ヘッドライン




死んだら蔵書はどうなるんだろう  

23 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 11:07:17.40
死んだら蔵書はどうなるんだろう、、、



24 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 11:27:44.02
処分か古本屋に売られるな


25 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 11:42:49.93
邪魔だろうがそのままにしてくれたら嬉しいな
大量の本に埋め尽くされたほこりっぽい部屋に、俺の骨と遺影がポツリ…


26 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 12:46:43.95
骨になる前に腐敗という過程があってだな


27 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 13:53:44.50
ちり紙交換にだされるのが一番怖い


28 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/03(土) 16:08:48.51
そういう人がお亡くなりになるたびに、古書店なり、ブックオフなりに「掘り出しモノ」が出現する。
自分が楽しみとした事を死んだ後、他の人に味合わせてやれるかもしれないと思えるなら、
死後、世間に放出するのも特段残念とも思わない。
ゆえに今は、後顧の憂いなくせっせと積読の塔を築くことに専念する。



35 名前:無名草子さん[] 投稿日:2011/09/04(日) 12:08:36.58
私の柩に花はいらない、本で遺体を埋めつくしてくれ、と遺言した。これで死後も積ん読地獄でのたうちまわれる


36 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 14:11:54.27
>>35

泣キナガラ余ハ 「 重イ、重イ 」 ト叫ビ、
「 重イケレド楽シイ、コノ上ナク楽シイ、
 生キテイタ時ヨリ遥カニ楽シイ 」 ト叫ビ、
「 モット積ンデクレ、モット積ンデクレ 」 ト叫ブ。


37 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 15:30:56.10
>>35
稀覯本を焼いてしまってこの世から1冊減らしてしまうのがいいことなのか、
それとも稀覯本とともにあの世に行くのがいいのか悩むな


38 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 17:29:57.70
思い入れのある何冊かは一緒に燃やして欲しいが、他は少々汚くても売って欲しいな
自分の死んだ後も、大切にして頂きたい


39 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 17:57:47.41
これだけは言っておく。逝く前に全て電子化して知の財産として未来永劫残しなさい。あるいは図書館に寄付しなさい。
後は賽の河原で石を積むだけなのですから。



40 名前:無名草子さん[] 投稿日:2011/09/04(日) 19:26:32.32
どう頑張っても全ては柩に入らん。息子曰く告別式場に並べて持ってってもらう。娘曰く売ればいくらになる?


41 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 22:12:46.26
脳内彼女から脳内家族会議まで発展してしまうとは…


42 名前:無名草子さん[sage] 投稿日:2011/09/04(日) 22:19:45.52
本で溢れかえった部屋の写真を撮ってくれ
そして死体と一緒に焼いてくれ




元スレURL:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/books/1314659845/
関連記事


[ 2011/11/15 15:21 ] 書籍全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ