ヘッドライン
ヘッドライン




ラノベにおける「宗教」の扱い  

927 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 14:30:56.36 ID:Je+uY4c5
君が僕をが好きなんだが、話題にならないよね
百合小説スレでもなんかタブー扱いだし


君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)君が僕を~どうして空は青いの?~ (ガガガ文庫)
(2009/07/17)
中里 十

商品詳細を見る



928 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 18:14:32.71 ID:BTScJMUD
>>927
お金or宗教or政治とかがテーマとして出てきたし
「少年向けエンタメ小説」のレーベルでそういうのはきびしいんじゃないだろうか。
俺は「いたいけな主人」でこんなのあるのかって驚いたから読んだけど。



929 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:03:26.15 ID:E7Q+OCIO
お金・ビジネスをテーマにした(政治も少しばかり)羽月莉音の帝国があるじゃないか


羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)
(2010/02/18)
至道 流星

商品詳細を見る



930 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:13:20.23 ID:hMCaCXF7
絶望人間の時に比べれば大分自重して読みやすくなってるな>帝国
たまに愚民とかゴッドとか、相変わらずの又吉的な危うさを感じないでもないが・・・


931 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:14:16.88 ID:gqbOx6q1 [2/2]
宗教ならパニッシュメントがあるぜ!


パニッシュメント (ガガガ文庫)パニッシュメント (ガガガ文庫)
(2011/02/18)
江波 光則

商品詳細を見る



932 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:33:31.90 ID:+tiO8BRp [1/2]
ラノベで宗教っつってもカルト教団や新興宗教が云々というネタがほとんどだよな
サスペンスのガジェット的な扱いばかりで、本当に宗教がテーマになってる作品ってのは無い気がする
まああっても売れないだろうけど



933 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:52:13.58 ID:WhMKT8sy [1/2]
>>932
1レス前も読めないのかと小一時間


934 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 20:55:44.90 ID:+tiO8BRp [2/2]
いや読んだ上でのレスなんだが


949 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 23:11:49.74 ID:WhMKT8sy [2/2]
>>934
マジかよ
パニッシュメントに出てきたのはたしかにアバウトな新興宗教だったけど
宗教、ひいては何かを信じることをきちんと描いていて決してガジェットだけのものではなかったはずだけど
それとも「本当に宗教をテーマにした」ってのは既存の宗教を出せってことか


954 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 00:09:33.26 ID:ji5y9ErD
>>949
いや既存の宗教を出すか否かではなく「信仰」についての取り上げ方
狂信とか盲信みたいなセンセーショナルな形で出すのは宗教云々というより
多分にサイコサスペンスの意味が強いと思うんだがどうか


957 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 01:26:41.35 ID:94706B97
>>954
949ではないが横レス
エンタメとして面白くするため、中心に狂信者を据えてるのは事実だけど
それによってテーマ性が薄れてるとは思わないなぁ
宗教というか信仰がテーマだと自分は感じたが


935 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:02:52.81 ID:bRPR00F4 [1/2]
というかこの手の業界だと余程フリーダムな編集でない限りは
既存の宗教を書くことに対して難色を示すぞ。
リアルで殺されるイスラムとかは厳禁だし。



悪魔の詩 上悪魔の詩 上
(1990/02)
サルマン・ラシュディ、五十嵐 一 他

商品詳細を見る



936 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:06:08.72 ID:4F7FcQc9 [1/2]
表紙はさとうふみやに頼めばわりと宗教


金田一少年の事件簿ゲーム館の殺人事件 (少年マガジンコミックス)金田一少年の事件簿ゲーム館の殺人事件 (少年マガジンコミックス)
(2011/08/17)
さとう ふみや、天樹 征丸 他

商品詳細を見る



941 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:45:49.58 ID:bRPR00F4 [2/2]
さとうふみやのエルカンターレ漫画は別の意味で
エンターテイメントとして面白いよ


942 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:53:48.48 ID:vcrGHoEL
カンターレさんは自分からヨゴレに走ってるからまだマシ
一神教をガチで描写しようとするとガチで抹殺される。怖い


938 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:15:22.46 ID:g2F6x36A
宗教を書かないのは作者の知識量の問題もあるんじゃね。
ラノベっぽい一般なら佐藤賢一のカルチェラタンとかあるが。


カルチェ・ラタン (集英社文庫)カルチェ・ラタン (集英社文庫)
(2003/08/20)
佐藤 賢一

商品詳細を見る



943 名前: 忍法帖【Lv=7,xxxP】 [sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:56:18.09 ID:AY57UOqE
清水義範の神々の午睡という本を読んだことあるが
名前はみんな変えてあったもんな
読めば既存の三大宗教がモデルなのは明らかなんだが


神々の午睡〈上〉 (講談社文庫)神々の午睡〈上〉 (講談社文庫)
(1995/03)
清水 義範

商品詳細を見る



944 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 21:58:58.35 ID:LoYTVkLz
キリストだのイスラムだの真面目にやられてもなじみ薄いからピンとこないし
かといって仏教だの神道やられても面白くなるとも思えんわな


959 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 11:37:38.46 ID:I9rpxB4g
>944
聖伝と孔雀王と姫神様に願いをとあとパッと思い出せないけどその他複数の悪口は許さん
許さん

あ、孔雀王に関しては許される気がしないでもない


聖伝 1―RG VEDA (WINGS COMICS BUNKO)聖伝 1―RG VEDA (WINGS COMICS BUNKO)
(2003/11/10)
CLAMP

商品詳細を見る



948 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 22:53:56.72 ID:A35dFot1
ラノベで宗教といえば思いつくのは円環少女の神音大系かなー

文章での「天才」描写みたいな感じかもな
ファンタジーの舞台設定とか「ガジェット的」でない、かみさまの小説での表現って
特に最新の連載とか


円環少女 (角川スニーカー文庫)円環少女 (角川スニーカー文庫)
(2005/08/31)
長谷 敏司

商品詳細を見る



950 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 23:25:21.16 ID:0OskUjEY
現代舞台か神話舞台かで大きく変わると思う
現代で既存宗教書くのはわりとギリギリだけど、
神話をテーマにすれば結構いけるとは思う。
仏ゾーンとかな


仏ゾーン 1 (集英社文庫―コミック版)仏ゾーン 1 (集英社文庫―コミック版)
(2007/07/18)
武井 宏之

商品詳細を見る



952 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/07(火) 23:42:19.72 ID:nz7wz0Y1
イスカリオテや禁書はわりとモロにやってるが
あくまで設定でメインじゃないからなー


イスカリオテ (電撃文庫)イスカリオテ (電撃文庫)
(2008/11/10)
三田 誠

商品詳細を見る



955 名前:928[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 00:23:26.22 ID:N5wqFUa1
遅いけどすまん補足
「君が僕を」では新興宗教とか国の政治とか経済問題を扱ってるわけではない。
百合ヒロインが商店街の「神様」ってことで自分ではお金を一切使わずに生活する、
だから百合主人公がずっと付き添う。 →家族でも恋人でもない強い結び付き 
だから一応百合小説。って俺は解釈した。
ヒロインの生活には皆の「そういうことにしときましょう」ってのが不可欠。
あと、誰に賛同するか、異なる立場の人間に対してどうするかっていう
政治的なことが出てくる。
こういう意味で「お金or宗教or政治」って書いた。


963 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 19:16:06.46 ID:9NeWjcxu
つーか、ラノベ自体一種の宗教に則って運営してるわけじゃん
「必ず一人は主人公(読者)を肯定してくれるヒロインがいる」、このたった一点のルールだけでも十分な宗教性を帯びる
この構図から逃れられないのに「宗教はダサい」だ「カッコ悪い」だ言ったってしょうがない
結局同族嫌悪じゃねーか


964 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 19:58:42.16 ID:/grvBnrn
そこに気づくとはやはり天才・・・


965 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/08(水) 20:09:44.93 ID:nj+qXUIH
どっかの作中世界と作者全てが主人公を全肯定するラノベの悪口はそこまでだ


984 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:01:57.56 ID:SzNnX34l [1/2]
>>932だが実のところ宗教学かじってた身として
ラノベと宗教かけあわせた議論ふっかけたかったのが本音だった

なんかラノベ一般の宗教観って宗教に関心のない一般の日本人の視点を反映してて
結局外から眺める、あるいは否定する形に収束するのばかりなのが物足りなかったんだ
よく海外の人が「なぜJRPGは神をやっつける話ばかりなんだ」と疑問に思うのと似た感じ
いや別に宗教を肯定する話を作れって言ってるわけじゃないが
畏怖や聖性(学問っぽく言えばヌミノーゼ)を感じさせる物語ってのはなかなかない
神を信じろとは言わんが、つか俺も信じてるわけじゃないが
神あるいはなにか超越的なものの観念を置いた作品はあってもいいんじゃないのというのが俺の意見
抽象的な話ですまん



985 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:04:18.22 ID:9zFBlGzC [2/3]
ハイファンタジーならよくあるじゃん
最近ハイファンタジーを見なくなったけど


986 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:05:42.71 ID:FE/3q0Q3
>>984
そう言うことをやろうとするには、
作家側も読者側も宗教に対する理解と知識量が足りなすぎると思うぞ。
とくにラノベはそもそも中高生が読む物だし。


987 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:14:00.17 ID:p/GpLbYJ
社会に超越的なものがなくなってセカイ系から決断主義の流れうんぬんって話なんじゃないの


988 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:20:44.44 ID:tOR0ZRZT [1/3]
>>984
埋めついでに付き合おう

そもそも超越的なものの観念を置いた作品といっても
土壌が多神教なので、必然的に絶対的な何か1つよりは
凶悪なまでに凄いモノ達という方が、日本人のメンタリティに合致する

で、ラノベは良くも悪くも、ボスなりライバルなり物理的な対象か
環境・トラウマなり抽象的な何かを殴りに行かないと話しが進まない

そうなると隣のムカつくヤンキーからインフレしていった先は
神や運命、時間に収束してしまう

つまり神様なんかの超越的な何かは、舞台装置ではなくキャラクターとして
物語に登場するのが日本のラノベの構造

それが唯一無二の揺るがないものなら、キャラクター性を付加する余地が無い
日本は八百万もいるから擬人化して遊んでしまえと


それに信じるのは神か自分かなんて宗教まっしぐらな事は
文豪と呼ばれる人たちが私小説で散々やってるし


989 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:34:42.94 ID:wWDc3+vq [1/2]
3行で


993 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:40:01.05 ID:9zFBlGzC [3/3]
>>989
日本には神様が八百万もいるんだし、1柱くらい好きにしたっていいじゃない!
ラノベにはラスボスが必要だから、そいつをラスボスにしたら丁度いいしね!
くそまじめに信仰心を語るのは文学に任せておけばいいよ!


995 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:44:20.15 ID:FJlYVpXY
>>984
比較的最近の作品だとパラケルススの娘は
キリスト(とその血筋)の聖性についてかなり真摯に扱ってたように思う


パラケルススの娘〈1〉 (MF文庫J)パラケルススの娘〈1〉 (MF文庫J)
(2005/05)
五代 ゆう

商品詳細を見る



998 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:48:00.82 ID:SzNnX34l [2/2]
ラノベで読みたいんだよ
やっぱ美少女出ないと読む気しないじゃない
まあ売れないのは分かるが願望の話として

ラノベも日本的な宗教性を反映しているのはそらそうなんだろうけど
一方で鎌倉仏教みたいな一神教的要素の強い側面は無視されがちなのがね
日本は単純に多神教じゃなくて拝一神教(神々の中から一柱を選んで信仰)って側面も強いはずなんだが

>>995
あー確かにあれは良かったな、後半からどはシリアス過ぎだったが
惜しむらくはジンジャーエンドじゃなかったこと


991 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:38:44.65 ID:erpF+CDE
抗えない神とか運命よりも、個性ある四天王キャラたちをそげぶするのがラノベ


992 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2011/06/09(木) 21:39:03.54 ID:ssi82RD+
百億の夜と千億の昼を読めということだな
阿修羅王ちゃんちゅっちゅ



百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/04/05)
光瀬 龍

商品詳細を見る





元スレURL:http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1302853031/
関連記事

[ 2011/07/30 20:53 ] ライトノベル | TB(0) | CM(7)
No title
サブカルは地味に人生観を規定したりするから、
宗教はちゃんと取り扱って欲しいね。
世界観の豊穣化にも繋がるだろう。
[ 2011/07/30 21:18 ] [ 編集 ]
No title
百合とかヤオイとかそれだけで読む気なくす
[ 2011/07/30 22:14 ] [ 編集 ]
No title
信仰そのものがテーマって純文学しかないんじゃないの?
[ 2011/07/30 22:23 ] [ 編集 ]
No title
ブラックロッドのシリーズ読めよ。仏教もキリスト教もイ○○○もどきも出てくるぞ。
[ 2011/07/30 22:28 ] [ 編集 ]
No title
児童書とか少女向けラノベにはいろいろある気がする
[ 2011/07/31 12:11 ] [ 編集 ]
No title
JRPGが神をやっつける話が多いのは、
ヤマタノオロチを討伐する話まで遡るね。
日本では神が台風や地震などの厄災を引き起こすと
考えられていたので、討伐の対象になるのは
しかたない。
[ 2011/08/05 12:45 ] [ 編集 ]
スプライトシュピーゲル読め
[ 2012/03/05 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



アクセスランキング ブログパーツ