ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作家の中村文則さんが米ノワール文学賞「デイビッド・グディス賞」を受賞!「ブラム・ストーカー賞」にもノミネート  

1 名前: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★[sage] 投稿日:2014/02/12(水) 19:05:04.93 ID:???0
作家の中村文則さん、米の文学賞受賞 犯罪小説が対象

 作家の中村文則さんが犯罪小説を対象にした米国の文学賞「デイビッド・グディス賞」を受賞した、と12日、講談社が発表した。
米ミステリー作家、デイビッド・グディス(1917~67)を記念して作家や編集者でつくる団体が2008年に創設した。
2年に一度、作家に贈られる賞で、日本人の受賞は初めて。

 また、中村さんの「悪と仮面のルール」が、米国の「ブラム・ストーカー賞」にノミネートされた。
ホラー小説やダーク・ファンタジーを対象とした賞で、スティーブン・キングさんらとともに候補になった。

朝日新聞デジタル 2014年2月12日18時28分
http://www.asahi.com/articles/ASG2D5VHJG2DUCVL021.html

NoirCon: As Seen in International Association of Crime Writers Weekly E-News - NoirCon 2014
http://www.noircon.info/2014/02/as-seen-in-international-association-of.html

2013 Bram Stoker Awards
http://www.horror.org/stokers2014/stokers.html
※最終ノミネーションは2月23日発表

小説家、中村文則の公式ホームぺージ
http://www.nakamurafuminori.jp/



悪と仮面のルール (講談社文庫)悪と仮面のルール (講談社文庫)
(2013/10/16)
中村 文則

商品詳細を見る




[ 2014/02/16 19:54 ] ミステリ | TB(0) | CM(10)

星新一の“ショートショート”5作品がフジでドラマ化!小日向文世、勝村政信、マキタスポーツ、壇蜜ら個性的なキャストが集結  

1 名前: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★[sage] 投稿日:2014/01/22(水) 17:02:15.76 ID:???0
壇蜜、星新一ミステリーでダンスを披露 “ショートショート”5作品をドラマ化

 「ショートショートの神様」星新一の短編小説が原作のオムニバスドラマ
『星新一ミステリーSP』がフジテレビ系で2月15日(後9:00~11:10)に放送される。
よりすぐりの5作品を映像化するために、小日向文世、勝村政信、マキタスポーツ、
佐々木希、壇蜜、遠藤憲一、岡田将生ら個性的なキャスト陣が集結。
壇蜜は「明らかにバックダンサーの皆さまに助けられているダンスに注目してください」と見どころを語っている。

 壇蜜は、遠藤と共に『華やかな三つの願い』に主演。
今作で「だれもが考える要素を持っている、どこにでもいそうな30代の独身女性」を演じる壇蜜は
「成功と幸せが一緒の人、そうでない人。女の満足って複雑です。
そんな複雑でちょっとめんどくさい女のお話、とくとご覧あれ」とアピールした。

フジテレビで星新一の“ショートショート”をオムニバスドラマ化『星新一ミステリーSP』(2月15日放送)の主な出演者(壇蜜は右から3人目)
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140122/2033243_201401220200019001390373788c.jpg
壇蜜・遠藤憲一主演『華やかな三つの願い』=フジテレビ『星新一ミステリーSP』(2月15日放送)
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20140122/2033243_201401220200142001390373788c.jpg

ニュース-ORICON STYLE- 2014年01月22日 15時56分
http://www.oricon.co.jp/news/2033243/full/


2 名前: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★[sage] 投稿日:2014/01/22(水) 17:02:31.00 ID:???0
ドラマ化されるのは以下の5作品。

◆小日向文世主演『きまぐれロボット』(脚本・監督:飯田譲治)
 別荘で休暇中の脚本家・エヌ氏(小日向)のもとに、超大物俳優が出演するドラマの脚本を書いてほしいと急きょ依頼が舞い込んだ。
自宅ではないので資料がなく、脚本を書けないというエヌ氏のもとに、人型ロボットが送り込まれる。アシスタントとしてかいがいしく働くロボット。
しかしある日、ロボットが入れた紅茶を飲んだエヌ氏は、胸の苦しさを覚え、床に倒れてしまう…。

◆勝村政信主演『七人の犯罪者』(脚本:高山直也/監督:河野圭太)
 男(勝村)ら5人の男女が、ある家の金庫から5億円を盗み出す計画を立てていた。
しかし実は、「ある家」とは男の自宅。男は二年前、会社員(温水洋一)から謎の茶封筒を預かったことで、とんでもないことに巻き込まれていた…。

◆マキタスポーツ・佐々木希主演『霧の星で』(脚本:小川真/監督:星 護)
 男(マキタ)と女(佐々木)が乗っていた宇宙船が、隕石衝突により操縦不能になり、霧の深いある星に不時着した。
食料もなくなり始め、途方に暮れる中、男は女にひそかな思いを抱いていた。そしてある時、霧の中に救助隊員を見つけた男は…。

◆壇蜜・遠藤憲一主演『華やかな三つの願い』(脚本:小川 真/監督:後藤庸介)
 剛志(徳山秀典)から突然別れを切り出された由香里(壇蜜)は、自ら命を絶とうとビルの屋上にいた。
そこに現れたのは角と尻尾が生えた、不気味な“悪魔”と名乗る男(遠藤)。
悪魔は「願いを3つかなえる代わりに、死ぬ時に魂をいただきます」という。由香里は、芸能界のスターになりたいと言い始める。

◆岡田将生主演『程度の問題』(脚本:福田雄一/監督:土方政人)
 スパイであるN氏(岡田)は、某国の首都に降り立った。失敗が許されない中、目立ってはいけないと過度に警戒するあまり、逆に目立ってしまうN氏。
ある時バーで知り合った美女が敵のスパイではないかと怪しみながらも、なぜかひかれていってしまい…。



きまぐれロボット (角川文庫)きまぐれロボット (角川文庫)
(2006/01/25)
星 新一

商品詳細を見る




[ 2014/02/02 18:29 ] SF | TB(0) | CM(14)


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。