ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京創元社近刊情報 〈ゴーメンガースト〉幻の最終刊クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!  

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488534103


ゴーメンガースト三部作

タイタス・アウェイクス
マーヴィン・ピーク/メーヴ・ギルモア
井辻朱美 訳
定価:950円  ISBN:978-4-488-53410-3
6月21日刊行
※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます


著者亡きあと夫人が遺されたアイディアをもとに書き上げたのが本書。ファンタジー界のディケンズに例えられる、幻想文学の最高峰〈ゴーメンガースト〉幻の最終刊ついに刊行。 




ゴシックファンタジーの傑作〈ゴーメンガースト〉シリーズの完結編がまさかの刊行! 読んだのは結構前なのでかなり曖昧ですけど、第1部『タイタス・グローン』及び第2部『ゴーメンガースト』は面白かった記憶があります。対して第3部『タイタス・アローン』は微妙だったような。でももちろん買いますとも!


タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))
(1985/04)
マーヴィン・ピーク

商品詳細を見る


ゴーメンガースト (創元推理文庫―ゴーメンガースト3部作)ゴーメンガースト (創元推理文庫―ゴーメンガースト3部作)
(1987/02)
マーヴィン ピーク

商品詳細を見る


タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)
(1988/01)
マーヴィン ピーク

商品詳細を見る


そういえば、既刊には作者ピークによる味のあるイラストが添えられていましたが、最終巻ははどうなるのでしょう。まさかイラストまで夫人が描くことはないでしょうし、何らかのスケッチが遺されていたとかなら嬉しいんだけど。


創元はファンタジーの新人賞も創設したし、本書の刊行と合わせてファンタジーが盛り上がってくれるとよいですね。

http://www.tsogen.co.jp/award/fantasy/

以下、その他の新刊情報



[ 2014/05/01 20:52 ] ファンタジー | TB(0) | CM(8)

「南京大虐殺辞典」第1巻、来年6月出版  

1 名前: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★[sage] 投稿日:2013/12/12(木) 17:50:30.87 ID:???0
★「南京大虐殺辞典」第1巻、来年6月出版―中国メディア
配信日時:2013年12月12日 0時17分

2013年12月10日、侵華日軍(中国侵略日本軍)南京大虐殺犠牲同胞記念館の朱成山
(ジュー・チェンシャン)館長は、記念館にて今月10日、「南京大虐殺辞典」編集の
中期的成果を発表した。

辞典の体裁の枠組みと雛形はすでに出来上がっており、上巻、中巻、下巻の3巻に
分かれている。見出し語は1万8000あまり、収録文字は200万華字を超えるという。
(提供/新華網日本語版・翻訳/謝艶・編集/武藤)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80362



南京事件「証拠写真」を検証する南京事件「証拠写真」を検証する
(2005/01/31)
東中野 修道、小林 進 他

商品詳細を見る




[ 2013/12/17 09:13 ] ファンタジー | TB(0) | CM(5)

『グイン・サーガ』132巻発売 続きはどうなる?  

949 名前:イラストに騙された名無しさん[sage] 投稿日:2013/12/05(木) 20:10:10.37 ID:5zt6F7LM
明日、もう132巻発売じゃないか!

で、その後はいつ出るんだろか?




サイロンの挽歌―グイン・サーガ〈132〉 (ハヤカワ文庫JA)サイロンの挽歌―グイン・サーガ〈132〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2013/12/06)
宵野 ゆめ

商品詳細を見る




[ 2013/12/09 15:15 ] ファンタジー | TB(0) | CM(0)

日本ファンタジーノベル大賞が本年度で休止 酒見賢一、佐藤亜紀、森見登美彦ら数多くの人気作家を輩出  

1 名前: ◆GinGao/Coo @銀河φ ★[sage] 投稿日:2013/12/02(月) 19:23:49.57 ID:???0
日本ファンタジーノベル大賞、本年度で休止

 日本ファンタジーノベル大賞(読売新聞社、清水建設主催、新潮社後援)が第25回の本年度で休止されることが2日、発表された。

 同賞は1989年に創設され、鈴木光司さん、畠中恵さん、森見登美彦さんら数多くの人気作家を輩出してきた。
同賞事務局は休止の理由について、「創設から四半世紀の節目を迎え、一定の役割を終えた」と説明している。

YOMIURI ONLINE (2013年12月2日19時12分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20131202-OYT1T00954.htm

ファンタジーノベル大賞、古谷田さんらに表彰状 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20131202-OYT1T00916.htm

日本ファンタジーノベル大賞の公式サイト
http://www.fantasy-novel.jp/

日本ファンタジーノベル大賞|新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/



[ 2013/12/04 20:36 ] ファンタジー | TB(0) | CM(11)

最近、人間の脳というか感性は根源的にドラゴンという生き物を格好よく感じるようにプログラムされているのではないかと感じる  

794 名前:名無しは無慈悲な夜の女王[sage] 投稿日:2013/01/24(木) 07:04:02.11
最近、人間の脳というか感性は根源的にドラゴンという生き物を
格好よく感じるようにプログラムされているのではないかと感じる。
子供の感性は一番的確だって言うし、子供でドラゴン嫌いな奴のほうが珍しいだろ。
大人でもドラゴンが好きか嫌いかで言えば圧倒的に好きと答える奴のほうが多い。
とくに男はそうだし、これは男の強い物に魅かれる心理と密接なかかわりがあるというと
誰でもわかると思うが、逆に考えてみればドラゴンという神秘的な権威が先にあって、それをもとに
「強くなりたい(強くありたい)」という感情が芽生えるようセッティングされているのではないかと。
冷静に考えてみてほしい、男の力が強いのもドラゴンが偉大な力を持つ設定も古来からのものだ。




[ 2013/11/06 06:29 ] ファンタジー | TB(0) | CM(4)


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。