ヘッドライン
ヘッドライン




スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MYSCON12に参加しました  

11月2~3日にかけて行われたイベントMYSCON12に参加してきました。

今年は例年に比べて参加者が著しく少なく、何とも寂しいことでしたが、企画に関していえば充実していたように思います。
参加者は少ないとはいえ、インタビューの 青崎有吾の他に乾くるみ、霧舎巧、浅暮三文という先生方も来られておりました。

なお、会場となった鳳明館森川別館では架空戦記小説のコンベンション「IFCON」も開催されてた模様。
「架空戦記とミステリ、両方を手掛けた作家といえば霧島那智=若桜木虔がおるなあ。ここはひとつ、タバスコシャワー的な話で交流でも深めるか」と思いつくも、チキンな管理人、実行できず。



[ 2014/11/04 21:39 ] ミステリ | TB(0) | CM(5)

【支援告知】MYSCON12 11月2日に開催  

MYSCON 12のお知らせ

 今年も開催します!
 泊まりがけのミステリ系イベントMYSCONです。
 日時は2014年11月2日(日)から11月3日(祝)に掛けて。前回同様、日帰りプランも用意します。
 場所は、いつも通り、鳳明館森川別館です。
 ゲストも呼ぶ予定ですので、是非、予定を空けておいてください。
 参加募集の開始と、詳細に関しては随時、お知らせしていきますので、よろしくお願いします。



http://myscon.net/archives/2014/03/20140331_1807_328.html



[ 2014/10/28 00:04 ] ミステリ | TB(0) | CM(1)

“日本SF大学”がコンセプト 筒井康隆監修のSF展、世田谷文学館で開催  

“日本SF大学”がコンセプト 筒井康隆監修のSF展、世田谷文学館で開催

「日本SF展・SFの国」が、7月19日より東京・世田谷文学館にて開催される。

本展覧会を「日本SF大学校」に見立て、日本SFを時代背景や多彩な資料から読み解きつつ、その未来を語り合える場所づくりを企図。日本SFの父として知られる海野十三から、本展を監修した作家の筒井康隆と豊田有恒、作家の小松左京や星新一、漫画家の手塚治虫、怪獣図解を描いた大伴昌司、日本SFを継承する漫画『20世紀少年』までジャンルや時代を超えた幅広い作家・作品を紹介する。



続きは引用元で
http://animeanime.jp/article/2014/07/03/19319.html


世田谷文学館
http://www.setabun.or.jp/exhibition/exhibition.html



[ 2014/07/07 20:28 ] SF | TB(0) | CM(2)

楽天、電子書籍をリアル書店で販売する実証事業に参加 他、書店関連の話題  

楽天、電子書籍をリアル書店で販売する実証事業に参加、全国4店舗で実施

楽天株式会社は16日、電子書籍をリアル書店の店頭で販売する実証事業に、電子書籍コンテンツのサービス提供会社として参加すると発表した。




続きは引用元で
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140616_653561.html


まあ、無いよりはあったほうが便利なんだろうけど、本屋に行って紙の本ではなく電子書籍を購入するっていうのも変な感じするなあ。電子書籍の売上増につながるのでしょうか。


Kobo N905-KJP BKobo N905-KJP B
()
kobo

商品詳細を見る




[ 2014/06/19 20:10 ] 出版・書店関連 | TB(0) | CM(0)

『アルジャーノンに花束を』ダニエル・キイス死去  

小説「アルジャーノンに花束を」で知られる作家ダニエル・キイスさんが現地時間15日、死去したとLocus Onlineが報じた。



続きは引用元で
http://www.cinematoday.jp/page/N0063884


アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)アルジャーノンに花束を (ダニエル・キイス文庫)
(1999/10)
ダニエル キイス

商品詳細を見る


以下、ネットの反応



[ 2014/06/18 20:24 ] SF | TB(0) | CM(4)

米澤穂信が山本周五郎賞を受賞  

三島賞に本谷有希子さん、山本賞は米澤穂信さん

 第27回三島由紀夫賞・山本周五郎賞(新潮文芸振興会)の選考会が15日、東京都内のホテルで開かれ、三島賞は本谷有希子さんの『自分を好きになる方法』(講談社)、山本賞は米澤穂信さんの『満願』(新潮社)に決まった。賞金は各100万円。



http://www.asahi.com/articles/ASG5H6DBPG5HUCLV00X.html


以下、ネットの反応



[ 2014/05/16 20:26 ] ミステリ | TB(0) | CM(12)

深水黎一郎が提督として注目されるwwwww  








[ 2014/05/14 22:03 ] ミステリ | TB(0) | CM(4)

作家の渡辺淳一さん死去  

「失楽園」や「愛の流刑地」など男女の愛を追究した作品で知られる作家の渡辺淳一さんが先月30日、東京都内の自宅で亡くなりました。80歳でした。



続きは引用元で
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140505/t10014232631000.html



失楽園〈上〉 (角川文庫)失楽園〈上〉 (角川文庫)
(2004/01)
渡辺 淳一

商品詳細を見る



以下、ネットの反応



[ 2014/05/05 20:50 ] その他文学 | TB(0) | CM(10)

東京創元社近刊情報 〈ゴーメンガースト〉幻の最終刊クル━━━━(゚∀゚)━━━━!!  

http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488534103


ゴーメンガースト三部作

タイタス・アウェイクス
マーヴィン・ピーク/メーヴ・ギルモア
井辻朱美 訳
定価:950円  ISBN:978-4-488-53410-3
6月21日刊行
※発売日は地域・書店によって前後する場合がございます


著者亡きあと夫人が遺されたアイディアをもとに書き上げたのが本書。ファンタジー界のディケンズに例えられる、幻想文学の最高峰〈ゴーメンガースト〉幻の最終刊ついに刊行。 




ゴシックファンタジーの傑作〈ゴーメンガースト〉シリーズの完結編がまさかの刊行! 読んだのは結構前なのでかなり曖昧ですけど、第1部『タイタス・グローン』及び第2部『ゴーメンガースト』は面白かった記憶があります。対して第3部『タイタス・アローン』は微妙だったような。でももちろん買いますとも!


タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))タイタス・グローン―ゴーメンガースト三部作 1 (創元推理文庫 (534‐1))
(1985/04)
マーヴィン・ピーク

商品詳細を見る


ゴーメンガースト (創元推理文庫―ゴーメンガースト3部作)ゴーメンガースト (創元推理文庫―ゴーメンガースト3部作)
(1987/02)
マーヴィン ピーク

商品詳細を見る


タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)タイタス・アローン (創元推理文庫―ゴーメンガースト三部作)
(1988/01)
マーヴィン ピーク

商品詳細を見る


そういえば、既刊には作者ピークによる味のあるイラストが添えられていましたが、最終巻ははどうなるのでしょう。まさかイラストまで夫人が描くことはないでしょうし、何らかのスケッチが遺されていたとかなら嬉しいんだけど。


創元はファンタジーの新人賞も創設したし、本書の刊行と合わせてファンタジーが盛り上がってくれるとよいですね。

http://www.tsogen.co.jp/award/fantasy/

以下、その他の新刊情報



[ 2014/05/01 20:52 ] ファンタジー | TB(0) | CM(8)

SF作家クラブ、日本SF大賞特別賞の大森望氏の入会推薦を否決  











大森望ご本人のtwitterより。日本SF界の発展に大きく寄与した氏の入会を否決するとは、ちょっと信じられない。しかも、彼は第34回日本SF大賞特別賞を受賞しているのに、です。

wikipwdiaより引用

なお、「特別賞」は評論作品、「功績大である死去者」、「死去者の作品」に与えられることが多い。2011年度に、初の「特別功労賞」が小松左京に与えられた。
選定の手続きは、毎年9月1日から8月末の期間[8][9]に発表された日本人によるSFの商業作品を対象に、日本SF作家クラブの会員に書面アンケートを実施。日本SF作家クラブの総会で選ばれた選考委員がアンケート結果を基に候補作を決定し、改めて開催された選考委員会で受賞作を決定する[10]。これまで一貫してプロが選ぶ賞だったが、第34回で候補作のエントリーをTwitterと電子メールで一般からも募集するという新たな試みを実施[2]。




SF作家クラブは自身で選出した受賞者の入会を否定したのです。


これに関して多くの作家・関係者が反応をしています。その大半が「退会」という形で。



NOVA1【完全版】NOVA1【完全版】
(2013/02/15)
大森望

商品詳細を見る




[ 2014/04/27 18:01 ] SF | TB(0) | CM(27)


アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。